« 前  

2011年1月5日(水)

  次 »
  • 米下院は現在共和党が過半数を握っていますが、共和党指導者たちはすぐにもオバマ大統領の目玉政策である医療保険改革法を廃止に追い込むつもりだと公言しています。共和党は、同撤廃法案の採決もしないうちからこの医療改革問題での重大な勝利を宣言できる状態です。今週、オバマ政権は毎年の健康診断でメディケア(高齢者医療保険)受給者の末期医療計画をカバーするはずだった規定を取り消すと明らかにしました。共和党がこれをいわゆる「死の判定団」であるとまた蒸し返してきたためです。この時間は保健政策に関して米国で最も影響力のある著述家の1人でもある著名な医師アトゥール・ガワンデに話を聞きます。

  • 長期にわたる独房監禁が人々にどのような肉体的および心理的影響を与えるのかというのがアトゥール・ガワンデ医師がこれまで詳細に記述してきた論題です。昨日、凶悪犯用のスーパーマックス(超厳重警戒)刑務所であるオハイオ州重罪刑務所の4人の囚人が、17年間以上も独房監禁されていることに抗議してハンガーストライキに入りました。ウィキリークスに内部告発したとされる米陸軍兵ブラッドリー・マニングもまた過去7カ月もの間、独房に監禁されています。独房に監禁された者たちのダメージは肉体的な拷問で受けるものよりも著しい」とガワンデ医師は言います。

Syndicate content