« 前  

2010年12月14日(火)

  次 »
  • バージニア州の連邦地裁は、米政府は米国民を強制的に国民健康保険に加入させたり、加入しない人に罰金を科すことはできないと判定しました。この判決は、全米の連邦地裁で医療保険改革法に異議申し立てをしている20数州のうちの一つ、バージニア州が起こした訴訟で下されました。同法をめぐる議論は、最終的には最高裁にまでいくと見られています。今回の判決を下した判事ヘンリー・ハドソンは、医療保険改革に反対してきた共和党のコンサルティング会社キャンペーン・ソルーションズ(Campaign Solutions)の共同所有者です。
  • オバマ大統領が共和党と取引する形となった問題の税金法案が米上院で可決されようとしています。オバマは、失業手当の13ヶ月延長と低・中所得者への一部の税金控除と引き換えにブッシュ時代の富俗層への減税を延長し、遺産税を減税することを認めました。ピュリツァー賞受賞の調査ジャーナリストで、Free Lunch: How the Wealthiest Americans Enrich Themselves at Government Expense (and Stick You with the Bill)(『無料のランチ:最富俗層の米国人は公費でいかに裕福になり(請求書を人に押し付けているか)』)の著者であるデビッド・ケイ・ジョンソンに話を聞きます。
  • ジョージア州では少なくとも4軒の刑務所が、劣悪な生活環境と労働条件に抗議する囚人たちのストライキが始まって5日たった現在も封鎖されています。囚人たちは、看守たちから購入した携帯電話を使って非暴力の抗議活動を組織し、米国史上最大の刑務所ストライキを実施しました。ストライキ中の囚人に対する看守による暴力と残忍行為が広まっていると報告されています。長年にわたる刑務所活動家で、新たに囚人の権利を尊重する同盟(Concerned Coalition to Respect Prisoners’ Rights)という団体を作ったエレイン・ブラウンから話を聞きます。

    ★ 字幕動画はこちら

Syndicate content