« 前  

2010年9月13日(月)

  次 »
  • 9.11事件発生から9年目の11日、 グラウンド・ゼロ付近へのイスラム教コミュニティセンター建設計画を支持する人々と反対する人びとの双方が多数、 ロウワー・マンハッタンの路上に集まりました。本日は普段とは異なるタイプの討論を放送しました。イスラム学者の第一人者で、ブッシュ政権時に米国への入国を6年間拒否されていたタリク・ラマダンに話を聞きました。タリクは、同センターは別の場所に建てるべきと主張しています。 同氏と、ブルックリンカレッジの准教授で How Does It Feel to Be a Problem? Being Young and Arab in America(『厄介と言われたら? アメリカで若者でかつアラブである場合』)の著者であるムスタファ・バヨウミとの対話を放送しました。

  • 昨年ネバダ州インディアンスプリングスにあるクリーチ米空軍基地前で10日間の抗議集会を開いた反戦運動家14人の裁判が、今週始まります。同基地はパキスタンとアフガニスタンでの米空軍の無人機プログラムの本拠地の一つです。無人機プログラムに反対する手紙を抱えた活動家たちは、基地に不法侵入した罪に問われています。 ★ 字幕動画はこちら

  • パキスタンの洪水発生から1か月が過ぎました。洪水は多くの地域で引いたものの、依然として浸水したままの街や村もあります。2100万人の人々が家を離れることを強いられ、村から離れたキャンプや路上で暮らしています。パキスタン出身の俳優、映画監督、作家、そして人権運動家のフェリヤ・アリ・ガハに話を聞きました。★ 字幕動画はこちら

  • ニュート・ギングリッチ元下院議長が、オバマ大統領を理解するには「ケニア人のように反植民地的な振る舞い」が必要だと発言をしたことに対して、民主党側から多数の批判を受けています。そこで、実際にケニア出身の反植民地主義者である、世界的に著名な作家、劇作家、文芸評論家、そしてカルフォルニア大学アーヴァイン校教授のグギ・ワ・ジオンゴの最近のインタビューをお届けします。★ 字幕動画はこちら

  • 大叔父がケニアの初代大統領ジョモ・ケニヤッタであるギタリストのトム・モレロに彼とオバマ大統領の背景の類似点について話を聞きました。「ケニア人の父親を持つハーフ黒人の男前であること、イリノイ州出身でハーバード大出身のアメリカ人の母親を持つことを除けば、それほどの共通点はありません」。

Syndicate content