« 前  

2010年8月30日(月)

  次 »
  • ハリケーン「カトリーナ」災害から5年が過ぎましたが、最新のドキュメンタリー作品「Big Uneasy」(大きな不安)では、ニューオリンズ州の崩壊は自然災害ではなく、大惨事は防ぐことか可能であったのではないかと議論されています。同映画を監督した俳優で風刺作家のハリー・シェアラーに話を聞きました。
  • 29日でカトリーナによる被災から5年を迎えました。2005年8月29日の早朝、ハリケーンはメキシコ湾のニューオリンズ沖を直撃し、その後被害はルイジアナ州、ミシシッピ州、アラバマ州にまで及び1800人が死亡しました。堤防が決壊し、ニューオリンズの80%が浸水しました。当時の映像を振り返り、災害後のニューオリンズの人びとの声をお届けします。
  • カトリーナ被災から5年後の29日、オバマ大統領はニューオリンズを訪問し、都市の復興と市民の回復力を讃えました。ニューオリンズに長年暮らしている人権問題専門のトレイシー・ワシントン弁護士、そしてFloodlines: Community and Resistance from Katrina to the Jena Six(『フラッドラインズ:地域社会とその抵抗、カトリーナからジーナの6人まで』) の著者で地域活動家のジョーダン・フラハティに話を聞きました。
  • ニューオリンズから、詩人でパフォーマーのサンニ・パターソンに話を聞きました。サンニはロウワー・ナインス・ワード出身ですが、他の数千人の出身者と同じく、別の地域で暮らすことを強いられています。現在彼女はテキサス州のヒューストンに住んでいます。
Syndicate content