« 前  

2010年2月15日(月)

  次 »
  • 本日の五輪特集は、歴史的な集まりが起きているバンクーバーの市街から、放送を開始します。先住民グループ、反貧困活動家、そして人権擁護提唱者ら、それに多くの声が、五輪開催への抗議の声を上げています。バンクーバーのメディア協同組合のフランクリン・ロペスは、五輪の抗議運動を取材してきました。ロペスの報告をお届けします。
  • 2010年バンクーバー冬季五輪はたった2週間で閉幕しますが、この大会の後遺症は何年にもわたって残りつづけることになるでしょう。納税者が支払うことになる費用は推計約60億ドル。そのうち約10億ドルが「セキュリティー」費用です。前週、国際オリンピック委員会(IOC)のジャック・ロゲ委員長は、バンクーバーの開催モデルを「将来の大会の青写真となる」と呼び、バンクーバーの大会主催者を賞賛しました。番組では、この「青写真」が、バンクーバーや今後の開催都市にどのような影響を及ぼすかについて考えました。2001年設立のバンクーバー五輪に関する監視団体「Impact on Communities Coalition(コミュニティーに及ぼす影響を考える連合)」の委員長、アム・ジョハルが、バンクーバーから番組に参加しました。
  • かつて、人間の感情が病気進行と健康回復の両方に深く関わっていることは広く認識されていましたが、バンクーバー在住のガボール・マテ医師は、このことを医師の多くが忘れてしまったようだと語ります。医学の知識と、7年間医療コーディネーターを務めたバンクーバー病院の緩和ケア病棟での経験から、ガボール・マテは、心と免疫システムの間に重要な関係性があると述べます。マテは、個人の感情の構造やストレスが、多くの疾患に対して重要な役割を担っているということを発見しました。
Syndicate content