« 前  

2010年2月11日(木)

  次 »
  • 巨大自動車企業トヨタは、昨年の秋から、急加速暴走やブレーキ障害の危険性があるとして全世界で1000万台を超す車のリコールをおこなってきました。連邦規制当局がトヨタに措置を講じるよう強制するまでになぜこんなに長い時間がかかったかについて、疑問が生じています。幹線道路交通安全局の元局長で、パブリック・シチズンの元代表者でもあり、長年にわたり消費者保護運動に関わってきた、ジョーン・クレイブルックに話を聞きます。
  • オバマ政権による奨励で、チャーター・スクール(公的資金援助を受けながら民間外郭団体によって運営される学校)を増やそうという努力が全米で組織化されています。けれども、この制度に関する懸念も生じています。チャーター・スクールの隆盛は教育制度における(人種)隔離を助長するという新しい研究結果について、UCLAの公民権プロジェクトの共同ディレクター、ギャリー・オーフィールドに話を聞きます。
  • チャーター・スクールについて、そしてニューヨーク市の公立校19校の閉鎖について、座談会をお届けします。出席者は、 ニューヨークでのチャーター・スクールの校数制限廃止に対してもっとも声高に反対を唱えている一人であるニューヨーク州議会上院議員のビル・パーキンズ、ハーレムのチャータースクール、デモクラシー・プレップの設立者兼校長のセス・アンドリュー、団体ペアレント・パワー・ナウの実地活動責任者のダニエル・クラーク、団体クラス・サイズ・マターズの代表であるレオニー・ヘイムソンです。
Syndicate content