« 前  

2010年2月

  次 »

2010/2/26(金)

  • 医療保険改革サミット、こう着状態のまま終了 単独支払い皆保険(シングルペイヤー)主張者は排除
  • Vデー・キャンペーンの創設者イブ・エンスラーの新著『私は感情の生き物:世界の少女たちの秘密の生活』
  • オバマの「クリーンコール」推進に対し、ジェフ・ビガーズが有害な採炭法の歴史をたどる新著『イーグルクリークで考える:ハートランドにおける石炭の秘密の遺産』

2010/2/25(木)

  • フアン・ゴンザレス、エバ・マスコウィッツとニューヨーク市教育長クラインとの特別なつながりを批判
  • グレン・グリーンウォルド:民主党は、議事妨害を口実に、公的保険導入努力の放棄を正当化
  • ペンシルバニア州の学校が生徒をコンピューターで監視? 連邦の捜査開始
  • 『監視国家アメリカの出現』 シェーン・ハリス新著を語る

2010/2/24(水)

  • 歴史的採決 米バーモント州が唯一の原子炉を閉鎖へ
  • 反原発活動家が結集 オバマお墨付きのジョージア州原発の建設反対運動
  • 『対メディア・ロビイング複合体』 調査取材が暴くテレビ出演の政治コメンテーターと企業との秘密の関係
  • フアン・ゴンザレスが2010年度アクション「行動する正義賞」を受賞

2010/2/23(火)

  • フィリス・ベニスが語る米国のアフガニスタン戦争の終結
  • 議会が水圧破砕と呼ばれる天然ガス掘削法の安全性を調査へ
  • ロバート・マニングが語る自著Credit Card Nation: The Consequences of America’s Addiction to Credit(『クレジットカード国家:米国のクレジット中毒の影響』)

2010/2/22(月)

  • ピーター・ホルワード、ハイチ問題を取り上げた新著を語る
  • キャンプ・ルジューン米軍基地の水質汚染、米海軍がついに調査へ
  • マルコムXの演説「いかなる手段をとろうとも」

2010/2/19(金)

  • オバマがダライ・ラマとホワイトハウスで会談 中国の抗議を背に
  • 2003年のダライ・ラマによるイラク戦争批判を抜粋紹介
  • ドバイでのハマス司令官暗殺事件 イスラエルが実在の人物の氏名を盗用した偽造旅券を使用 非難高まる
  • 生活必需品を買うためにフードスタンプを売らねばならない生活保護受給者たち

2010/2/18(木)

  • ノーベル経済学賞受賞者ジョセフ・スティグリッツ、オバマの経済刺激政策、債務、気候変動、新著『フリーフォール グローバル経済はどこまで落ちるのか』について語る
  • “米国にとって悪い日”: 反核活動家ハーベイ・ワッサーマン、オバマの原子炉助成政策を批判

2010/2/17(水)

  • ハイキング中に間違ってイランに入り拘束された米国人の若者たち 母親2人が早期解放を訴え
  • GO団体報告 負傷のアフガン民間人の移動をNATO軍が阻止
  • ジョージ・モンビオ:英国のイラク開戦調査委員会は「力も根性もなし」
  • 『イン・ザ・ループ』オスカー候補のコメディが皮肉る米英のイラク侵攻までの足取り

2010/2/16(火)

  • アフガニスタン 米軍による攻撃で、多数の民間人負傷者
  • “Haiti–The Politics of Rebuilding”(『ハイチ復興をめぐる政治的駆け引き』):アルジャジーラで放送されたアビ・ルイスによる映像報告
  • 弁護士トーマス・ゲーガン:議事妨害の撲滅を提唱

2010/2/15(月)

  • 五輪への抵抗:バンクーバーで先住民グループや反貧困活動家、人権擁護提唱者らが抗議行動
  • IOCへの公的資金助成、市の基本サービス犠牲に バンクーバーの活動家が非難
  • 『身体が「ノー」と言うとき』著者のガボール・マテ医師、ストレスと病気のつながりを考える

2010/2/12(金)

  • 気象学者が指摘 米中部大西洋岸州の記録的大雪も地球温暖化に関係あり
  • バンクーバーの反五輪活動家たちが開会式に合わせ民衆サミットで対抗 抗議
  • 著者スティーブン・ヒルが語る『ヨーロッパの約束:不安定な時代になぜヨーロッパ方式が最良の希望なのか』
  • 『中国の非自然災害』 四川大地震を扱ったオスカー候補のドキュメンタリーで世界が中国の反体制派処罰に注目

2010/2/11(木)

  • トヨタのリコール対象車が1000万台を超える中、早期苦情への連邦規制当局の対応の遅れに批判
  • 検証:チャーター・スクールは教育における人種隔離を助長
  • 座談会:チャーター・スクールは二層式教育制度の不平等を悪化させるか、それとも対処策となるか?

2010/2/10(水)

  • ハイチの死者23万人に上方修正 壊滅状態のポルトープランス 援助物資不足をリポート
  • 俳優で活動家のダニー・グローバーの報告 アリスティド元ハイチ大統領は自身の帰国を阻む米国に「わけがわからない」と
  • 『ハイチ:夢を殺す』 数世紀にわたる西側諸国によるハイチの主権蹂躙を描いたドキュメンタリーから
  • エルサレムの歴史的なマミラ墓地を破壊し「寛容の博物館」を建設するイスラエルの計画を阻止するためパレスチナ人家族が国連に請願書提出

2010/2/9(火)

  • オバマ政権:米軍はテロ活動に関与と認められる米国人の暗殺も可能
  • 討論:デニス・クシニッチとグレン・グリンウォルド 最高裁の企業による選挙活動資金供与判決について
  • ジョン・マーサ米下院議員死去 イラク戦争を批判 享年77
  • デビッド・プライス 「CIAが揚々と米大学キャンパスに舞い戻っている」
  • エイモン・ジャバーズが明かす企業諜報活動の世界とアルバイトにいそしむCIA諜報員

2010/2/8(月)

  • マイケル・ポーランが語る「食のルール:食べる人の手引書」

2010/2/5(金)

  • 中絶権擁護派 スーパーボウル中継で反中絶の意見広告CMを流すCBSを批判
  • デイブ・ザイリン ニューオリンズのスーパーボウル・フィーバーとスポーツ最大の祭典の軍事化を語る
  • どうしたらわれわれの民主主義を取り戻せるか? 「チェンジを望むなら議会を変えなければならない」とローレンス・レッシグ
  • イエメン人ジャーナリストのナーセル・アラビー 米国の関与はイエメン拠点の武装過激派への健全な対応を損なわせる

2010/2/4(木)

  • ニューヨークの陪審、拷問の申し立てと疑わしい証拠を無視し、パキスタン人科学者 アーフィア・シディキに有罪判決<
  • ロバート・マクチェズニーとジョン・ニコルズ、新著『米国ジャーナリズムの生死:世界を再生するメディア革命』を語る

2010/2/3(水)

  • 史上初 米軍上層部が同性愛公言禁止規則の撤廃を要請
  • 『餓鬼の領分で』:バンクーバーの安全麻薬注射提供所常勤医のガボール・マテ博士が語る依存症と注意欠陥障害の生物学的かつ社会経済学的原因

2010/2/2(火)

  • 「米国の秘密アフガニスタン刑務所」:調査で明らかになった新たな米軍拷問現場とアフガニスタンにおける虐待疑惑
  • 当初の結論前言撤回 司法省、ブッシュ政権の弁護士らの拷問容認容疑にお咎めなし
  • ビル・キグリー:医療目的輸送の「恥ずべき」中断が証明するハイチ人の苦しみの深刻さに対する米国の無関心
  • 拷問と特例拘置引渡しの犠牲者マヘール・アラールが最高裁に対米政府の訴訟を認めるよう要請
  • 不拡散公約にもかかわらず、オバマ予算案は核兵器備蓄に70億ドルの追加予算を計上

2010/2/1(月)

  • 映画「フリーダム・ライダーズ」:1961年米南部で始まった人種隔離バスへの抵抗運動
Syndicate content