« 前  

2009年12月31日(木)

  次 »
  • 番組では戦争の年だった2009年を振り返ります。サロン・ドットコムのブロガー、グレン・グリーンウォルドが、アフガン戦争の拡大、無人機によるパキスタン領内への攻撃、イエメンへの巡航ミサイル攻撃、ソマリアでの作戦、相変わらず続いているイラクでの作戦、そしてその他の米国の外交政策について論じます。

    ★ 字幕動画はこちら

  • イラン警察の長官は、反政府抗議者たちに対し街頭運動を行わないよう警告し、「寛容の時代は終わった。デモ参加者はすべて粉砕する」と脅す発言をしました。27日の大衆街頭抗議行動以来、数百人の著名な活動家たちが逮捕されており、死者は8人から37人に及びます。一方、30日には数万人の政府支持者が全国諸都市で政府が後援する集会に集まりました。イラン系カナダ人ジャーナリスト、マジア・バハリとニューヨーク市立大学バルーク校のアーバンド・アブラハミアン教授に話を聞きます。
  • 30日朝、ジーン・モントレビルは通例の出入国管理検査に出向いたところ、移民税関捜査局、別名ICEの局員により身柄を拘束されました。モントレビルは、すでに11年間の懲役を終えている20年前の麻薬取引有罪を理由に、ハイチへの強制送還に直面しています。その事件以降、彼は違法行為は一切犯していません。モンゴトビルは米国市民と結婚し、4人の子供は米国籍を持っています。モントレビルは長年にわたりニューヨーク市の地域社会のリーダーで、ファミリーズ・フォー・フリーダム、ニューヨーク市ニュー・サンクチュアリー運動、ディテンション・ウォッチ・ネットワークなど多数の移民の権利団体で活動しています。
Syndicate content