« 前  

2009年2月18日(水)

  次 »
  • アリゾナ州マリコパ郡の保安官ジョー・アルパイオは、囚人たちをピンクの下着一枚にしてフェニックスの街なかを行進させ、灼熱のテント内へと収容していまた。彼はいまFOXテレビで自分のリアリティ番組を持っています。その彼にいま人権侵害容疑の連邦捜査が入ろうとしています。またラテン系に対する人種差別的なプロファイリングを行っているとする裁判も待っており、さらに、移民法捜査を偏重するあまり他の司法捜査義務を果たしていないとの告発も受けています。
  • オバマ大統領は18日に500億ドル規模の住宅差し押さえ困窮者対策を発表するとされていますが、わたしたちはミネアポリスからPoor People's Economic Human Rights Campaign(困窮者の経済的人権キャンペーン)のシェリ・ホンカラに話を聞きましょう。この組織は自主的にホームレスの人々へ差し押さえで空き家となった家をあてがう活動を続けています。また、そんな空き家に住み込んだばかりのホームレス男性デュエイン・カニンガムの話も聞きます。
  • 2008年9月、ラムゼイ郡セントポールの検察官がRNC Welcoming Committee(共和党全国大会歓迎委員会)なるグループの8人をテロリズム助長目的の暴動を共謀したとの罪で公式に起訴しました。刑事告発の内容はしかし、この被告人のいずれもいかなる暴力的行為や器物損壊行為を犯したとはしていないとされます。その代わりに当局は同全国大会の開催日にほかの人間が犯した行為について責任があるとして彼らを訴追しようとしているのです。被告人の1人ルース・ギレンギビンと、RNC8と呼ばれる彼らの弁護人ジョーダン・クシュナーに話を聞きます。
Syndicate content