« 前  

2009年1月19日(月)

  次 »
  • 本日はマーティン・ルーサー・キング・デーで祝日になります。キング牧師は80年前の1929年1月29日に生まれ、1968年の4月4日に、テネシー州メンフィスにあるロレアンヌ・モーテルで暗殺されました。39歳という若さでした。 キング牧師の死から40年以上が経過しましたが、明日バラク・オバマが就任宣誓を行い第44代目の、そして米歴史上初のアフリカ系アメリカ人の大統領に就任します。著名な公民権運動家であり、キング牧師と共に「南部キリスト教指導者会議」を設立したジョセフ・ローリー牧師も、就任セレモニーで祝辞を述べる予定です。「私には夢がある(I Have a Dream)」というキング牧師の間違いなく最も有名なスピーチから45周年にあたる記念日に、オバマは民主党の大統領候補の指名を受諾しました。 キング牧師は公民権運動の指導者として人々の記憶に残っていますが、その一方で貧困問題とも戦い、「貧者の行進」を組織して経済的正義の問題に取り組みました。また、米外交政策とヴェトナム戦争に対する厳しい批判者でもありました。
Syndicate content