« 前  

2009年1月13日(火)

  次 »
  • ブッシュ大統領は1月12 日、任期満了を前に最後の記者会見を開きました。ブッシュは9・11 テロ後に米国をより安全にしたとして、これまで自分がしてきたことを強く弁護し、過去8年間に米国の道徳的な立場が損なわれたという意見に反発しました。また、ハリケーン「カトリーナ」後の政府の対応も擁護しました。ホワイハウスのベテラン記者ヘレン・トーマスから話を聞きます。トーマスはホワイトハウス記者団の中で最高齢で、ケネディ以来のすべての大統領を取材してきました。

    ★ 字幕動画はこちら

  • 1月 11日の日曜日、ガザ攻撃を支持する集会のために数千人がニューヨークに集まりました。スピーカーの中には、ニューヨーク州選出上院議員チャック・シューマーやニューヨーク州知事デイビッド・パターソンも含まれていました。自身もユダヤ系アメリカ人であるジャーナリストのマックス・ブルーメンソールは、一部のデモ参加者たちから話を聞きました。ハイライト映像を放送します。
  • ニューヨークを拠点に活動する団体「占領に反対するユダヤ人の会」(Jews Against the Occupation )が 1月12 日、ニューヨークのイスラエル領事館から数ブロック離れた所でイスラエルのガザ攻撃に反対する抗議行動を行いました。抗議者の中には、著名な劇作家で脚本家のトニー・クシュナーの姿もありました。クシュナーは、戯曲『エンジェルス・イン・アメリカ』でピュリツァー賞とトニー賞を受賞しました。同戯曲は後に連続ものとしてテレビドラマ化され、数々の賞を受賞しています。「イスラエル側のガザ再占領政策は、私には恐ろしいほどに見当違いなものに思える」とクリシュナーは述べ、「流血と人権侵害が続くことは想像に難くない」とコメントしています。
  • ガザ地区の住民は12日夜、イスラエルがガザ地区全域に行った空爆によって、過去18 日間の戦闘の中で最も激しい爆撃を受けました。パレスティナ側の死者数は少なくとも930人、負傷者は4000 人以上です。一方、過去18日間のイスラエル人の死者数は13 人です。Inside Hamas: The Untold Story of the Militant Islamic Movement(『ハマスの内幕:戦闘的イスラム主義運動の知られざる事実』)の著者であるジャーナリストのザキ・シェハーブから話を聞きます。
Syndicate content