« 前  

2009年5月

  次 »

2009/5/29(金)

  • ブルース・カミングス:最近の北朝鮮の挑発行為は非武装化の機会を米国が見逃したことが原因
  • 「われわれはみんな炭田に住んでいる」 ウエストバージニア州民 環境庁の新たな山頂除去採炭許可に抗議を拡大
  • 困窮した占領地のパレスチナ人への物資援助で米国のムスリム慈善団体創設者に長期刑 武力闘争とのつながりはないのに

2009/5/28(木)

  • オバマの蔵書に加わり世界的に注目を浴びたばかりのウルグアイ人作家エドゥアルド・ガレアーノ、新作『鏡─誰にでも当てはまる物語』を語る

2009/5/27(水)

  • オバマ ソニア・ソトマイヨールを 初のヒスパニック系米最高裁判事に指名
  • 米同性婚 カリフォルニア州最高裁は提案8号を有効と判決 同性婚支持者たちは新たな住民投票で対抗へ

2009/5/26(火)

  • シェル社に対する歴史的な裁判開始:ナイジェリアの人権活動家ケン・サロ=ウィワの1995年の処刑関与で
  • アントニア・ユハスが語る「シェブロン社が真の代償:もう一つの年次報告書」

2009/5/25(月)

  • 戦没者追悼記念日特番、「冬の兵士」イラク&アフガニスタン帰還兵ら連邦議会で証言

2009/5/22(金)

  • オバマとチェイニー それぞれの演説で拷問政策をめぐって火花
  • 人権弁護士ヴィンセント・ウォレン:オバマの「予防拘禁」はブッシュ政権の政策の上を行く暴挙
  • 産業界のロビーイングで弱体化 歴史的な地球温暖化対策法案をめぐり環境団体の評価も二分
  • アメリカ先住民のリーダー的環境活動家トム・ゴールドトゥース:地球温暖化対策法案は先住権に関して触れていない

2009/5/21(木)

  • ナイジェリアのニジェール川デルタ地帯 政府軍による攻撃で多数の村民が犠牲になった模様
  • 教育の開拓者デボラ・マイヤー、オバマの教育政策とチャーター・スクール(特別認可校)の今後を語る
  • 新作ドキュメンタリー映画『フランキー・マニング:スウィングが止まらない』「リンディー・ホップの大使」と呼ばれた伝説的ダンサーの生涯

2009/5/20(水)

  • ニューヨーカー誌のジェーン・メイヤーと英国の弁護士フィリップ・サンズが語る ブッシュ政権の拷問とオバマのなすべき対応

2009/5/19(火)

  • 「城門を開けて正しい民を入らせよ」:ラムズフェルドがブッシュへのイラク戦争極秘報告で聖書を引用
  • ジェレミー・スケイヒル報告「オバマ政権下でも依然として続く、
  • クリントン米元大統領 近く国連ハイチ特使に任命
  • グラミー賞受賞ソウル歌手ジョン・レジェンドの大学卒業式演説「真実と向かい合うには社会正義への取り組みが必要」
  • 死刑囚トロイ・デイビスの再審を求めるデモが各地で展開

2009/5/18(月)

  • 「タミル・イーラム解放のトラ」の最高指導者を殺害、スリランカ軍が25年続いた内戦で勝利宣言
  • 「ビルマのビデオ・ジャーナリズム、閉ざされた国からのリポート」
  • インド総選挙、国民会議派率いる与党連合が勝利
  • インド政府、人権活動家のビナヤク・セン医師の拘束を続ける
  • 米フィラデルフィア・インクワイアラー紙、「拷問メモ」のジョン・ユーにコラム執筆を依頼

2009/5/15(金)

  • シカゴの工場占拠 労働者が職務復帰で操業再開
  • 社長をクビにしろ:ナオミ・クラインとアヴィ・ルイスが語る「労働者管理という解決法 ブエノスアイレスからシカゴまで」
  • アルゼンチンのジャーナリスト セルヒオ・チアンカグリーニが語る「雇用主なし:アルゼンチンの労働者経営工場からの物語」

2009/5/14(木)

  • 元FBI尋問官と元国務省顧問弁護士、米上院委員会公聴会で拷問の覚え書きを批判
  • 人権調査員で弁護士のジョン・シフトン、拷問調査は、推定100人の囚人の死亡にも焦点をあてるべきだと主張
  • 黒子に徹したチェイニー前米副大統領、自らの監視下で行われた拷問を弁護し脚光を浴びる
  • 『雑食動物のジレンマ』の著者マイケル・ポーラン、食品購入に新アドバイス:「広告で目にした食品は一切買うな」

2009/5/13(水)

  • ボーカス議員のローカス(ギシギシ)なコーカス(公聴会): 医療保険をめぐる上院公聴会で単独支払い皆保険排除に反対の医者や看護師をまた逮捕
  • ハワード・ジン「オバマがマーティン・ルーサー・キング牧師の声を聴いてくれたら」

2009/5/12(火)

  • モンタナ州リビーのアスベスト訴訟でW.R.グレース社に無罪判決
  • ダグ・ピーコックが語る著書Walking It Off: A Veteran’s Chronicle of War and Wilderness (『放棄:退役軍人の戦争と荒野の年代記』)

2009/5/11(月)

  • 保守派の歴史学者アンドリュー・ベイセヴィッチ、オバマ政権のアフガニスタンでの戦争の激化と空軍攻撃の増大を警告
  • 鉄道から立ち上がった人々:いかにしてA・フィリップ・ランドルフとプルマン社のポーターらが公民権運動の道を開いたか

2009/5/8(金)

  • ペンタゴンの御用「軍事専門家」:ニューヨークタイムズ記者デイビッド・バーストウ 米軍の戦争遂行メディアキャンペーンのスクープでピュリッツァー賞受賞
  • 平和のための母の日:ジュリア・ウォード・ハウの「母の日宣言」を朗読
  • 著者スーザン・ギャリモアが語る『ロング・タイム・パッシング:母が語る戦争とテロ』

2009/5/7(木)

  • マナン・アフマド、パキスタン情勢に対する米国の「ヒステリー反応」の政治学を語る
  • 米HBO局人気ドラマ脚本家のデイビッド・サイモンが発言 「新聞が利益追求によって骨抜きになれば、被害をこうむるのは地域社会だ」
  • 39年後のいまも、ケント州立大学虐殺事件の経緯は未解明のまま
  • 2008年の四川地震後、被害者となった学童の親たちの闘いを記録した米HBO局の新作ドキュメンタリー番組『中国の非自然災害』

2009/5/6(水)

  • アフガニスタン西部州への米軍攻撃で民間人150人が死亡
  • 「被抑圧者の演劇」創始者アウグスト・ボアール死去 78歳
  • 「キリスト教の軍隊のための十字軍」:米軍はアフガニスタンの人 たちをキリスト教に改宗させようとしているのか?

2009/5/5(火)

  • ラス・ファインゴールド上院議員が語るオバマのアフガニスタン戦争拡大、拷問、国家機密、単一支払者医療保険制度
  • ウィリアム・グレイダーが語るCome Home, America: The Rise and Fall (and Redeeming Promise) of Our Country(『もっと祖国に目を向けよう:わが国の盛衰と果たすべき約束』)
  • 12歳の米国市民からオバマ大統領へ:「お母さんを戻してほしい」

2009/5/4(月)

  • 伝説のフォーク歌手・運動家ピート・シーガー90歳の誕生日イベント、ブルース・スプリングスティーンやジョーン・バエズら豪華ゲスト出演に大勢のファンが参加

2009/5/1(金)

  • ラルフ・ネーダー:クライスラー倒産に関するオバマの「優柔不断」でいまも「すべては宙に浮いたまま」
  • 創刊100周年を迎えるここマディソンのザ・プログレッシヴ誌
  • サービス従業員国際組合 組合員争奪対象の組合が所有する銀行からも巨額の融資
  • 歴史家アルフレッド・マッコイ:ブッシュ訴追へのオバマの逡巡は免罪文化の追認だ
Syndicate content