次にストライキに入るのはシカゴの教員か? スト開始予定日間近の組合代表に聞く

シカゴでは、労働組合の幹部と米国で3番目に大きい学校区が、10月後半に開始することを許可されている教師のストライキを回避しようと、合意を急いでいます。 9月下旬、25,000人の教育関係者が、教師の増員とクラスの縮小を要求するストライキの許可に圧倒的多数の票を投じました。シカゴのロリ・ライトフット市長は10月7日、ここ数週間で学区が示した申し出に対し組合側が代替案を携えて交渉のテーブルに着かないと、非難しました。一方、「サービス従業員国際組合(Service Employees International Union)」(SEIU)に所属するの約7,000人の学校用務スタッフは、「SEIU ローカル73」の2000人以上のシカゴ公園区の労働者同様、ストライキの準備をすでに整えています。シカゴから、シカゴ教員組合の代表であるジェシー・シャーキーに話を聞きます。

最近のニュース

2021/2/26(金)

  • 「システム全体が告発されるべきだ」 ベンジャミン・クランプ弁護士 米国の警察組織の抜本的改革を語る
  • マルコムXの暗殺:元潜入捜査官がFBIと警察による陰謀に加担したことを認める
  • 「真実を明らかにしてほしい」 マルコムXの娘イリヤサ・シャバズが暗殺事件の再調査を支持

2021/2/25(木)

  • 100か国以上がワクチン特許への規制緩和をWTOに求めるが 米国はなぜそれを阻むのか?
  • 「まだ諦める気はない」:民主党は上院でも 強い支持がある最低賃金時給15ドルを景気刺激法案に盛り込むことを推し進める
  • 「数十年かけて作られた暴動」:保守主流派と右派の資金が いかにして連邦議事堂襲撃を支えたか

2021/2/24(水)

  • 化石燃料推進派の上院議員が、先住民族初の内務長官となるデブ・ハーランドを質問攻め
  • バイデン大統領がトランプの「メキシコでの待機」政策を撤回、それでも多くの亡命希望者が劣悪な環境の難民キャンプで待機

2021/2/23(火)

  • 米国のCOVID死者数が50万を超えるなか 貧困国に何も残さず富裕国がワクチンを買い占め
  • オクテイヴィア・バトラーを回顧:発掘された2005年のインタビューで黒人SF作家が警告的な物語を共有
  • エイドリアン・マリー・ブラウン:読者世代に大きく影響したオクテイヴィア・バトラーの未来展望

2021/2/22(月)

  • ナオミ・クラインが語る化石燃料ショック・ドクトリン 死を招く規制緩和 テキサス州がグリーン・ニューディールを必要とする理由
  • 規制緩和とはこういうことだ テキサス州で電気代が1万ドルに上昇した人も 多くの人々は今も闇の中
  • 暖房も水もない トイレは溢れている 食事は最悪 テキサス州の刑務所は嵐で「ますます悪化」