イラン爆撃というジョン・ボルトンの夢が実現? 元イラン大使が米国による軍事拡大を警告

米国防総省は、トランプ大統領がイランに対する軍事行動を取ることを決めれば中東に最大12万人を派兵する計画を立てたと報じられています。ニューヨークタイムズ紙は、ジョン・ボルトン国家安全保障担当大統領補佐官が以前の計画の見直しを求めたことを受けて、国防総省が5月9日にこの提案を提出したと報じています。ボルトンは長年にわたりイランへの攻撃を提唱してきました。国防総省によると、地上侵攻が命じられた場合、12万人以上の米兵が必要になるということです。これは米国とイランの間の緊張が高まり続ける中で報じられました。米国は最近「イラン政府軍による信用に値する脅威」があると主張し、米原子力空母エーブラハム・リンカーンを含む空母打撃群と爆撃部隊をイラン地域に配備しました。イランは核合意の他の締結国が米国の制裁からイランの石油と銀行を守る措置を講じないのなら60日以内に2015年の画期的な核合意の義務履行を一部停止し、高レベルのウラン濃縮を再開すると発表しました。米国はイランが核合意を順守してきたにもかかわらず、世界経済からイランを締め出そうとしています。プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン公共政策・国際関係大学院の中東安全・核政策専門家であるセイエド・ホセイン・ムサビアン元大使に話を聞きます。彼は、2003年から2005年まで欧州連合(EU)との核交渉でイランの報道官を務めました。

最近のニュース

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること

2020/5/25(月)

  • ノーム・チョムスキーに聞く 破滅的なトランプの新型コロナ対応、WHO、中国、ガザ、グローバル資本主義

2020/5/22(金)

  • アフムード・アーベリ殺害事件で第3の白人男性容疑者が逮捕される 司法省はヘイトクライムとしての起訴を検討中
  • 警察署長の引退表明を受けFBIがブレノア・テイラー射殺事件の捜査に乗り出す
  • 下痢、脱水症、飢餓、消耗:インドではコロナ封鎖で農村部の貧困層が最も被害を受ける
  • マイク・デイビス:パンデミック最中に50州の封鎖解除で労働者は収入と健康のあいだの「ソフィーの選択」に直面

2020/5/20(水)

  • ニューヨーク市地下鉄の夜間閉鎖で、ホームレスが人であふれた避難所に収容されるなか、擁護活動家たちは定住できる家の提供を要求
  • 「生き続けよう、家にいよう、組織しよう」:バーバー牧師が、6月20日にワシントンで行う貧者のデジタルデモ行進への参加をよびかけ
  • ニュージャージーの公立学校の取り壊しに移民が抗議 7億5千万ドルかけてロバート・ウッド・ジョンソンがんセンターを建設計画

2020/5/19(火)

  • 各州が経済再開に急進 COVID-19の検査不足は米国にとっての「アキレス腱」とハーバード大の医師
  • 「メディアの白人化」:パンデミックによる予算カットが報道機関を破壊するなか「真っ先になくなる」のは多様性