ボルチモアの作家D・ワトキンス「私たちのことは私たちが話す:忘れられたブラック・アメリカからの言葉」

We Speak for Ourselves: A Word from Forgotten Black America(『私たちのことは私たちが話す:忘れられたブラック・アメリカからの言葉』)というのが、D・ワトキンスによる新刊のタイトルです。この本の中で彼は彼自身の人生を含む、一般社会とメディアから概して脇に追いやられた貧しいアメリカ黒人たちの体験を詳述しています。彼は次のように書いています。「私は底辺出身です。私が底辺というのは、家族初の学校卒業者、低所得者層向け住宅で生まれた子供たち、Wi-Fiがない人々、労働者、警察の銃弾に撃たれる可能性が高いような人々のことです。人々は私たちのためにデモをします。私たちの近所に足を踏み入ることもないメディア出演者が私たちの死を議論しているときでさえ、私たちの声に耳が傾けられることはありません。素晴らしい学者で活動家のスワッド・アブドゥル・ハービール博士の言葉を引用すると、“声なき者の声になる必要はない。ただマイクを渡してくれ”ということです」。D・ワトキンスはボルチモア大学の教授で「ボルチモア作家プロジェクト」(BMOREWriters Project)の設立者です。彼は、The Cook Up: A Crack Rock Memoir(『捏造:コカイン・ロック回想録』)とThe Beast Side: Living and Dying While Black in America(『野獣のように:アメリカで黒人として生きることと死ぬこと』)の著者でもあります。

最近のニュース

2019/11/14(木)

  • 第一回大統領弾劾公開公聴会 ウクライナのバイデン親子捜査への圧力にトランプが加担
  • 「こんなことは許されない」:ニクソン弾劾に賛成票を投じた元下院議員 トランプはならず者大統領だと語る
  • チリ人活動家:社会的危機をもたらしたエリートに新憲法は任せられない
  • コード・ピンク創設者メディア・ベンジャミン 米国の海外干渉に抗議した後 逮捕すると脅される

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論

2019/11/12(火)

  • 「土壇場の民主主義」ブラジルでのルラの釈放はボルソナーロ大統領への抵抗運動の勝利
  • 現金保釈の廃止と司法制度改革を公約したチェサ・ブーダンがサンフランシスコ地方検事選で勝利
  • 「シアトルは売りものではない」有権者によるアマゾン社への不満表明 社会主義者クシャマ・サワント再選

2019/11/11(月)

  • 「これは軍事クーデターだ」 ボリビアのエボ・モラレス大統領が軍の要求に応じて辞任
  • エリザベス・ウォレンが語る 環境正義 パイプラインの閉鎖 資本主義と大富豪

2019/11/8(金)

  • 史上初の環境正義をめぐる大統領候補者討論会にウォーレン、ブッカー、ステイヤーなどが参加
  • 「民主党全国大会まで待つ余裕はない」黒人議員が環境正義フォーラムを開催した理由
  • オレンジバーグ虐殺事件の追悼:1968年に警察が3人の武器を持たない黒人学生を射殺