ヘンリエッタ・ラックスの細胞を無断採取した数十年後 ジョンズ・ホプキンス大学は研究棟に彼女の名をつける

米ジョンズ・ホプキンス大学は、新しい研究棟をアフリカ系アメリカ人女性へンリエッタ・ラックスにちなんで命名すると発表しました。ラックスの細胞が永遠に生き続けることが約70年前に発見され、それにより現代医療は恒久的に変化しました。彼女の「不死の細胞」のおかげで、ポリオワクチンのような数々の病気の治療法が開発され、何十万人もの命が救われました。しかしこの細胞は、ラックスが1951年ジョンズ・ホプキンス大学に入院していたときに、本人の承諾なしに採取されたものです。数十年にわたり、近代医療を根本的に変えることになった細胞の持主の名前は公表されず、単に「HeLa細胞」として知られていました。これは、へンリエッタ・ラッスの名前から最初の2文字ずつを取ったものです。ベストセラー作品『不死細胞ヒーラ  ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生』の著者レベッカ・スクルートと、ヘンリエッタ・ラックスの孫ジェリ・ラックス・ワイに話を聞きます。

最近のニュース

2019/3/15(金)

  • イスラムヘイト犯罪が世界中で急増 ニュージーランドで白人至上主義者が礼拝中のムスリム49人を殺害
  • アナンド・ギリダラダス:大学贈収賄スキャンダルが浮き彫りにした富と権力がものを言うアメリカ
  • 一致する骨髄提供者を探すジャーナリストの奮闘が全国ドナー登録リストの大きな不均衡を発見

2019/3/14(木)

  • 制裁措置で政権交代を目指すのか?国際金融システムを使ってベネズエラ経済の首を絞める米国
  • トランプ弾劾:ペロシ下院議長は「その価値はない」と発言するも 民主党進歩派は弾劾を押し進める
  • 大量投獄する司法システムの再考を:大量投獄 暴力そして修復的司法の急進的な可能性

2019/3/13(水)

  • エチオピアの航空機墜落で姪孫が死亡したラルフ・ネイダー ボーイングジェット機のボイコットを呼びかけ
  • 詐欺 賄賂 嘘 : 司法省が大学入試不正で数十人の富裕な親やコーチなどを訴追
  • 大統領予備選出馬をほのめしたジョー・バイデン アンドリュー・コウバーンが問題山積みの議員歴を指摘

2019/3/12(火)

  • 我々はトランプの納税申告書を見ることになるだろう:徹底調査が大統領の秘密を暴くとデビッド・ケイ・ジョンソンが予想
  • トランプによるメディケアの削減と軍事費増加の新予算案は「貧困層と中産階級への攻撃」
  • ステフォン・クラークに正義を 丸腰の子持ち黒人を射殺した警官不起訴で抗議運動が勃発
  • ハンプシャー大学の闘い 1つの学校の財政破綻が明らかにする高等教育の危機

2019/3/11(月)

  • 米国がメキシコ国境で包括的な機密情報収集 標的はジャーナリスト・弁護士・活動家
  • ダニエル・エルズバーグ 「これほど愛国心の強い者は知らない」 チェルシー・マニングの再拘束に
  • グリーンウォルド:ウィキリークスに不利になる証言を拒否したチェルシー・マニングは報道の自由を助ける
  • グリーンウォルド:米政府は戦争支持を得るためにベネズエラ救援トラック炎上について偽りを拡散した