タールサンドパイプラインのバルブを閉鎖した3人の気候問題活動家に無罪判決

2016年の大統領選挙の一カ月前、パイプラインに反対する活動家たちが協力して、カナダから米国への原油の流れを止めるという前例のない行動を行ないました。2016年10月11日、ノースダコタ、ワシントン、モンタナおよびミネソタ各州の活動家たちが4つのパイプラインの手動式安全弁を閉じ、カナダから米国に輸入される原油の流れの70%近くを停止させました。彼らは、「バルブ・ターナー[バルブを閉じる人]」(valve turners)という名で知られるようになりました。その後、長期にわたる法廷闘争の末、収監される活動家もでました。しかし9日、2016年のその日、ミネソタのパイプライン施設に侵入した3人のバルブ・ターナーに無罪判決が下されました。そのバルブターナー当人である、アネッテ・クラップスタインとエミリー・ジョンストンから無罪判決について聞きます。ジョンストンは詩人であり350シアトル.オルグ(350Seattle.org)の共同創設者、クラップスタインは引退前はピュアラップ族の弁護士で、レイジング・グラニーズ(怒れるおばあちゃんたち)のメンバーです。彼女たちの弁護士、ケルシー・スキャグスからも話を聞きます。

最近のニュース

2019/11/14(木)

  • 第一回大統領弾劾公開公聴会 ウクライナのバイデン親子捜査への圧力にトランプが加担
  • 「こんなことは許されない」:ニクソン弾劾に賛成票を投じた元下院議員 トランプはならず者大統領だと語る
  • チリ人活動家:社会的危機をもたらしたエリートに新憲法は任せられない
  • コード・ピンク創設者メディア・ベンジャミン 米国の海外干渉に抗議した後 逮捕すると脅される

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論

2019/11/12(火)

  • 「土壇場の民主主義」ブラジルでのルラの釈放はボルソナーロ大統領への抵抗運動の勝利
  • 現金保釈の廃止と司法制度改革を公約したチェサ・ブーダンがサンフランシスコ地方検事選で勝利
  • 「シアトルは売りものではない」有権者によるアマゾン社への不満表明 社会主義者クシャマ・サワント再選

2019/11/11(月)

  • 「これは軍事クーデターだ」 ボリビアのエボ・モラレス大統領が軍の要求に応じて辞任
  • エリザベス・ウォレンが語る 環境正義 パイプラインの閉鎖 資本主義と大富豪

2019/11/8(金)

  • 史上初の環境正義をめぐる大統領候補者討論会にウォーレン、ブッカー、ステイヤーなどが参加
  • 「民主党全国大会まで待つ余裕はない」黒人議員が環境正義フォーラムを開催した理由
  • オレンジバーグ虐殺事件の追悼:1968年に警察が3人の武器を持たない黒人学生を射殺