私たちを高めてほしい:米国の教育正義の闘いの最前線で活動する人々

最高裁判事に指名されたブレット・カバノーは、高校時代の自身の行為に対して責任を負うことを拒否していますが、番組では「学校・刑務所パイプライン」(the school-to-prison pipeline)[訳注:社会的に恵まれない層の青少年が、学校と行政の厳罰化政策により不当に高い比率で投獄される傾向を根拠に、学校から刑務所への直結ルートが作られているとする主張]につながる、黒人やラティノの生徒たちの犯罪者化に焦点をあてます。罰則と民営化に代わる選択肢を求め、学校を救うための闘いに携わっているコミュニティ活動家たちに、座談会で話を聞きます。彼らの主張はLift Us Up, Don’t Push Us Out! Voices from the Front Lines of the Educational Justice Movement(『私たちを高めてほしい、私たちを排除しないで!教育正義運動の最前線からの声』)という新著で取り上げられています。シカゴから「正義のための旅」(Journey for Justice)の全国理事であるジツ・ブラウン(Jitu Brown)に、ワシントンから「今こそ、人種正義を!」(Racial Justice NOW!)の共同設立者で、「学校での尊厳のためのキャンペーン」 (Dignity in Schools Campaign)のフィールドオーガナイザーあるザキヤ・サンカラ-ジャバル(Zakiya Sankara-Jabar)に話を聞きます。そしてニューヨーク市からは、高校教員で、修復的司法(restorative justice)[訳注:当該犯罪に関係する全ての当事者が一堂に会し、犯罪の影響とその将来へのかかわりをいかに取り扱うかを集団的に解決するプロセス]コーディネーターのE.M.アイゼン-マーコヴィッツ(E.M. Eisen-Markowitzと、Lift Us Up, Don’t Push Us Out! (『私たちを高めて、私たちを排除しないで!』)の共著者であるマーク・ウォレン(Mark Warren)に話を聞きます。

最近のニュース

2018/12/11(火)

  • 「私たちの指導者たちは子供のように振舞っている」 十代の気候活動家が国連気候サミットで世界の指導者と対峙
  • 気候のための学校ストライキ:世界的な運動を触発した15歳の活動家グレタ・トゥーンバーグにインタビュー
  • 気候科学者 「地球規模の大惨事を防ぐため世界の富裕諸国はライフスタイルを根本的に変える必要がある」

2018/12/10(月)

  • 特別検察官ムラーの捜査でトランプ企業の起訴はありうる マーシー・ウィーラー記者
  • ポーランドの石炭都市で国連気候会議(COP24) 抗議に参加した数千人が機動隊や脅しに直面
  • 石炭による気候変動促進と健康被害が懸念されるなか ポーランド政府がCOP24で石炭を促進
  • 「恥を知れ!」 トランプ政権の化石燃料推進イベントをデモ隊が妨害 国連気候会議(COP24)で

2018/12/7(金)

  • ウィノナ・ラデューク ミネソタ州のパイプライン拡大に抵抗するなか 先住民主導の「グリーン・ニュー・ディール政策」を呼びかけ
  • パイプライン建設に伴う先住民の地における多大な犠牲:ウィノナ・ラデュークの語る行方不明になり殺害された先住民女性
  • プログレッシブ・インターナショナル:ヤニス・バルファキスとバーニー・サンダースが極右に対する新たな世界規模の活動を始動

2018/12/6(木)

  • 潜入 監視 再教育のための収容施設: イスラム教徒ウィグル族への迫害で 中国に批判
  • 『他者の沈黙』: 新作映画が警告 スペインはファシストに支配された過去を繰り返そうとしている

2018/12/5(水)

  • 「議会クーデターだ」 共和党優位のウィスコンシン州議会が民主党知事就任目前に土壇場の権力奪取
  • 虚偽証言と大規模な米国のプロパガンダマシンがブッシュ・シニアのイラク戦争をいかにして支えたか