民主主義への世界的な脅威 フェイスブックや監視資本主義が如何にして独裁を生み出すか

「ブラック・エレベーション(Black Elevation)」、「マインドフル・ビーイング(Mindful Being)」、「レジスタース(Registers)」、「アストラン ウォリアース(Aztlan Warriors)」。これらは、米国の中間選挙に密かに影響を与えようとする企みとして、31日にフェイスブック社が「フェイスブック」や「インスタグラム」から削除したアカウントの一部です。同社は32の偽アカウントとページが、「協調する不正な行為」と関わりがあったと発表しました。この発表の数日前、フェイスブック社の株価は史上最悪の暴落となり、同社の市場価格は僅か1日で約1,190億ドル下落しました。これらは、フェイスブックが米国のみならず世界各地の民主主義に歴史上前例のない影響を与えているという最新の一例にすぎません。フェイスブックは、ビルマ(ミャンマー)のイスラム教民族ロヒンギャに対する暴力を誘発したヘイト・スピーチを拡散する上で大きな役割を果たし、またフィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテが反体制派を弾圧する際にも悪用されています。フェイスブックには現在、世界で22億人のユーザーがおり、今も増え続けています。本日は、Antisocial Media: How Facebook Disconnects Us and Undermines Democracy.(『反ソーシャル・メディア:フェイスブックが如何にして人々を断絶し民主主義を弱体化させるか』)の著者、シバ・バイディアナサンに話しを聞きます。彼はバージニア大学のメディア研究の教授であり、同大学のメディアと市民権センター(Center for Media and Citizenship)の所長を務めています。

最近のニュース

2020/6/3(水)

  • 追悼「ビッグ・フロイド」:ジョージ・フロイドをヒューストン市の友人たちは「平和の人」と呼ぶ
  • 自宅で射殺:2011年にニューヨーク市の警察官が元海兵隊員の高齢の黒人を銃撃した事件の裁判が再開

2020/6/2(火)

  • 「米国民に対する宣戦布告」:トランプが抗議活動鎮圧のために軍を派遣と威嚇
  • 「黒人の命も大切」の共同創設者が語る 抗議デモは『責任を問われない警察暴力』の結果
  • ジョージ・フロイドの死を殺人と示す検視結果が照らし出す汚職と警察の刑事免責

2020/6/1(月)

  • 階級反乱 キーアンガ・ヤマッタ・テイラー 「人種差別と人種に基づくテロが全米の怒りを加速」
  • コーネル・ウエスト 「米国に報いの時が来た」 全米蜂起は「帝国自壊」の予兆
  • 「私の国が消えてゆく」:バカリ・セラーズが語る 400年に及ぶ人種差別体制から立ち上がった大規模デモ
  • 「米国は黒人を収奪してきた。私たちはそれをあなた方から学んだ」 女性マーチを率いたタミカ・マロリー
  • 警察への拠出を減らせ キーアンガ・ヤマッタ・テイラー「学校や病院より警察を優遇する予算は間違い」

2020/5/29(金)

  • 「あれは殺人だ」ミネアポリスは警官によるジョージ・フロイド殺害の起訴を要求し警察への資金打ち切りを求める
  • ラテンアメリカにパンデミックの中心地が移動するにつれてCOVID-19を口実にした警察による弾圧も移動
  • ソーシャルメディアを弱める大統領令にツイッター社はトランプ大統領のツイートに暴力賛美だと警告

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼