1968年 コロンビア大学紛争で果たした黒人学生の役割 軍国主義と人種差別に抗った学生たち

ちょうど50年前の1968年4月23日、ニューヨークのコロンビア大学キャンパスで学生数百人が反乱を開始しました。学生たちはロウ記念図書館棟にある学長室など5棟の建物を占拠し、何日も立てこもりました。学生たちは大学が軍事研究に参加していること、ハーレム地区の公園に大学の体育館を建てようとしていることに抗議しました。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが暗殺されて3週間前も経っていませんでした。4月30日には700人以上が逮捕され、この1968年コロンビア大学紛争はニューヨーク市史に残る大量逮捕を引き起こしました。学生ストが全米に広まるきっかけにもなりました。本日はその歴史的瞬間を振り返ります。ゲストは「アフリカ系アメリカ人学生協会」(Student Afro-American Society)の元リーダーレイモンド・ブラウン、当時バーナード・カレッジの学生で「民主主義社会を求める学生連合」(Students for Democratic Society、SDS)のメンバーとして抗議に参加したナンシー・ビーバーマン、SDSでコロンビア大学支部長を務めたマーク・ラッド、新刊A Time to Stir: Columbia ’68.『騒乱の時 コロンビア68』)を編集したポール・クローニンです。1968年のサード・ワールド・ニューズリールのドキュメンタリー作品「コロンビア反乱」の抜粋も取り上げます。

最近のニュース

2018/10/18(木)

  • ウォーレン上院議員 アメリカ先住民の血筋は彼女のキャリア・アップを支援したわけではないが 他の有色人種女性の妨げにならなかったのか?
  • 先住アメリカ人 ウォーレン上院議員のDNAテストに反発 先住アメリカ人を「政治的餌」に使うのはやめろ
  • 2018年の中間選挙には 記録的数の先住アメリカ人女性が出馬

2018/10/17(水)

  • ジャマル・エルシャヤールが語る カショギの死への対応でサウジアラビアと中東の将来が決まる
  • 反体制派弾圧史 カショギ以前にも運転の権利を主張したフェミニストを標的にした過去
  • 米国が支援するイエメンでの戦争が激化する中 アラブ首長国連邦がイエメンの指導層殺害のため米国の傭兵を雇用

2018/10/16(火)

  • 対立候補による有権者抑制のなかでジョージア州初の黒人知事を目指すステーシー・エイブラムス
  • デズモンド・ミード:彼自身を含む140万人のフロリダ州元重罪犯が投票権を勝ち取ることを期待
  • アリ・バーマン:ノースダコタ州の共和党は数千人の先住民有権者たちの投票権を剥奪しようとしている
  • 『1人ゼロ票』の著者キャロル・アンダーソン:トランプは有権者抑制のおかげで2016年の大統領選に勝利した

2018/10/15(月)

  • 元サウジ政治囚 「カショギの失踪は体制批判者へのぞっとするようなメッセージ」
  • トランプ政権が国境での家族分離政策を再開か 人権団体ACLUは「人々の抗議が必須」
  • バチカン エルサルバドルのオスカル・ロメロ大司教を列聖 米国が支援する暗殺部隊に殺害

2018/10/12(金)

  • ロー・カンナ民主党議員 ジャーナリスト失踪からイエメン内戦にまで及ぶサウジの残虐行為を非難
  • ロー・カンナ民主党議員 「インターネット権利章典」を発表 フェイスブックやグーグルがプライバシー侵害の事実を認めたことを受け
  • ヘンリエッタ・ラックスの細胞を無断採取した数十年後 ジョンズ・ホプキンス大学は研究棟に彼女の名をつける