1968年 コロンビア大学紛争で果たした黒人学生の役割 軍国主義と人種差別に抗った学生たち

ちょうど50年前の1968年4月23日、ニューヨークのコロンビア大学キャンパスで学生数百人が反乱を開始しました。学生たちはロウ記念図書館棟にある学長室など5棟の建物を占拠し、何日も立てこもりました。学生たちは大学が軍事研究に参加していること、ハーレム地区の公園に大学の体育館を建てようとしていることに抗議しました。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアが暗殺されて3週間前も経っていませんでした。4月30日には700人以上が逮捕され、この1968年コロンビア大学紛争はニューヨーク市史に残る大量逮捕を引き起こしました。学生ストが全米に広まるきっかけにもなりました。本日はその歴史的瞬間を振り返ります。ゲストは「アフリカ系アメリカ人学生協会」(Student Afro-American Society)の元リーダーレイモンド・ブラウン、当時バーナード・カレッジの学生で「民主主義社会を求める学生連合」(Students for Democratic Society、SDS)のメンバーとして抗議に参加したナンシー・ビーバーマン、SDSでコロンビア大学支部長を務めたマーク・ラッド、新刊A Time to Stir: Columbia ’68.『騒乱の時 コロンビア68』)を編集したポール・クローニンです。1968年のサード・ワールド・ニューズリールのドキュメンタリー作品「コロンビア反乱」の抜粋も取り上げます。

最近のニュース

2018/6/15(金)

  • 弁護士:セッションズ司法長官の家庭内暴力被害者移民への攻撃は米国を「暗黒時代」へ引き戻す
  • 手厳しい国連報告書:トランプ政権の政策は貧困と格差を悪化させる企て
  • ウィリアム・バーバー牧師:米国の医療保険や貧困政策は不道徳で民主主義を脅かす
  • ウィリアム・バーバー牧師:セッションズ長官が宗教を使って家族分離を正当化するのは「異端」

2018/6/14(木)

  • テキサス・メキシコ国境におけるトラウマ:家族がバラバラにされ 子どもたちが拘束される事態に 住民が立ち上がる
  • 米政府に違法に拒否された亡命希望者に 米・メキシコ両国の住人が救いの手を差し伸べる
  • 拘留センターが満員で トランプは軍基地にテントを設営し移民の子ども達の拘束を検討

2018/6/13(水)

  • 人道上の大惨事:米国が支援するサウジ有志連合軍がイエメンの港を攻撃 100万人が危機に
  • 「ジム・クロウ人種差別法時代の遺物」:オハイオ州の有権者削除を支持する最高裁の決定をアリ・バーマンが批判
  • 特別レポート:人種差別と貧困に対抗する新「貧者の運動」の街頭から
  • 宗教指導者ら最高裁判所の外で抗議の祈りをささげた後 足かせをはめられ留置所に一晩留め置き

2018/6/12(火)

  • 金正恩との歴史的な首脳会談でトランプが朝鮮半島の「挑発的な」戦争ゲームの終結を約束
  • 朝鮮半島の新たな日 クリスティーン・アンが非核化の約束と新和平交渉を称賛
  • ブルース・カミングス教授:第二次世界大戦のドイツと日本よりさらに破壊的損傷を与えた米国の北朝鮮空爆
  • ロー・カンナ民主党下院議員 米朝首脳会談がオバマ政権下で起きていたら民主党議員たちは喝采しただろう

2018/6/11(月)

  • 1日に123人が死亡 米国で上昇する自殺率 公衆衛生の危機に迫る
  • 「真実はどんな音か」 新著出版のマイケル・エリック・ダイソンに聞く ロバート・F・ケネディ ジェームズ・ボールドウィン 米国の人種問題
  • マイケル・エリック・ダイソンに聞く NFLの抗議 マルコム・ジェンキンス 人種問題について米国の黒人に耳を傾けるということ