1分間に4人近くが住居立ち退き 米国にまん延する強制退去とその影響を追跡調査する新プロジェクト

エビクション・ラボ(立ち退き研究所)と呼ばれる新たなプロジェクトは、2000年以降の8000万件以上の住居立ち退きの記録を調査しました。そして、2016年だけでも居分間に4件に近いペースで立ち退き申請がありました。毎日6300人以上の米国人が立ち退きを強いられています。調査によると、立ち退きにより、健康不良、鬱、失業、子供へのショックなど、多くの他の問題が起こる可能性があります。強制退去の記録が残れば、今後ちゃんとした住居を見つけることがはるかに難しくなります。エビクション・ラボはデータベースをインタラクティブなウェブサイトで公開し、住民が自分のコミュニティで行われている強制愛居を追跡し理解しやすいようにしています。プリンストン大学でこのプロジェクトを運営するマシュー・デスモンド社会学教授に話を聞きます。このプロジェクトは、ピューリツァー賞を受賞した彼の著書Evicted: Poverty and Profit in the American City(『立ち退き:米国の都市の貧困と利益』)から派生しました。

最近のニュース

2019/5/17(金)

  • 州新法により中絶施術で99年の禁固刑となる可能性のあるアラバマの医師
  • 中絶容認最高裁判決が覆された場合の米国の姿とは?反中絶法続出ですでに実体験者も
  • 移民保護活動家マル・モーラ・ビリャルパンドとラヴィ・ラグビア 国外追放の脅威にも屈せず声を上げ続ける

2019/5/16(木)

  • 「シリア秘密刑務所の内側」:反対派を鎮圧したアサドの拷問機関への悲惨な証言
  • 米環境保護庁が除草剤ラウンドアップは安全と主張するも 陪審はモンサントに20億ドルの賠償金を命じる
  • プラスチック汚染削減に世界各国が大きな一歩を踏み出すも 米国は参加を拒否

2019/5/15(水)

  • アラバマ州、妊娠中絶の権利を認めた連邦最高裁判決を覆す「ステルス キャンペーン」の一環として、ほぼすべての中絶の禁じる法案を可決
  • 脅迫と送電停止にもかかわらず、首都ワシントンD.C.のベネズエラ大使館内にとどまる反クーデター活動家たち
  • メディア・ベンジャミン:イランとの戦争に反対するために反戦運動の構築が必要
  • 独裁政権打倒後、スーダンの抗議運動は軍政から民政への移管を要求

2019/5/14(火)

  • イラン爆撃というジョン・ボルトンの夢が実現? 元イラン大使が米国による軍事拡大を警告
  • 『謝罪』イブ・エンスラーの新刊は虐待的な父親が書いてくれていたらと願った手紙

2019/5/13(月)

  • アルンダティ・ロイ インド総選挙とモディ首相の「極右・ヒンズーナショナリズム」路線を語る
  • アルンダティ・ロイ ウィキリークスへの称賛とアサンジの米国への引き渡し反対を語る
  • アルンダティ・ロイ 資本主義は気候変動と不平等の解決を阻む「一種の宗教」だ
  • アルンダティ・ロイ 米国のイラン攻撃は「最大の過ち」
  • アルンダティ・ロイが語るフィクションの力 文学は「複雑な事を語る最も簡単な方法」