デンバー・ポスト紙 親会社「ハゲタカ」ヘッジファンドに反旗 126年続く新聞の救済要求

デンバー・ポスト紙は、オーナー企業でニューヨーク拠点のヘッジファンド、オールデン・グロバル・キャピタル(Alden Global Capital)に対して反旗を翻しました。デンバー・ポスト紙の編集委員会は4月8日、”As vultures circle, The Denver Post must be saved”(「周回するハゲタカからデンバーポストは救済されるべきだ」)と題する社説を掲載しました。オールデン・グローバル・キャピタルは、全米最大の新聞チェーンの1つであるデジタル・ファースト・メディア(Digital First Media)の親会社です。デジタル・ファースト・メディアは2010年以来、全米の新聞社の予算と社員を大幅に削減してきました。その中には、オークランド・トリビューン紙やサンノゼ・マーキュリー・ニュース紙、セント・ポール・パイオニア・プレス紙が含まれます。オールデン・グローバル・キャピタルは、創業者で投資責任者のランドール・スミスと社長のヒース・フリーマンが会社の柱となっています。この2人は困窮した事業に投資して売り払うハゲタカ資本家として金融業界で知られています。デンバー・ポスト紙で大麻関連の編集者だったリカルド・バカに、さらに詳しく話を聞きます。彼が書いた諭説の1つのタイトルは、”When a hedge fund tries to kill the newspapers it owns, journalists must fight back”(「ヘッジファンドが所有新聞社を潰そうとするならジャーナリストたちは闘わなければならない」)です。バカはデンバー・ポスト紙で16年間働きました。彼は現在グラスランズ(Grasslands)の最高経営責任者(CEO)で創業者です。

最近のニュース

2018/5/23(水)

  • 米民主党全国委員会副議長キース・エリスン:民主党は予備選に口出しせず有権者の決定にゆだねるべき
  • 「財閥金権主義へ向けて迷走中」:エリソン下院議員 金融規制改革法の後退を憂慮
  • 米最高裁判所が5-4の裁決 労働者の団体行動権に打撃
  • 新たなコインテルプロ?FBIの捜査監視対象とされた後 数ヶ月も勾留された黒人活動家

2018/5/22(火)

  • ポンペオ、史上最強の制裁でイラン威嚇 米国の戦争への歩みを加速
  • 英国王室がロイヤルウェディングでブランド再生 しかし批評家は白人の新自由主義君主制はなくなるべきと言及
  • ロイヤルウェディングが黒人文化を祝福するも英国政府は黒人移民たちを何年にもわたって標的にしてきた
  • トランプ大統領は「法を超越する」存在ではない:ジョン・ボニファズが弾劾可能な不正を正常化することに警告

2018/5/21(月)

  • テキサス州サンタフェ高校で銃乱射事件 州議員は事件後も「銃にまったく無関心」
  • マララの次はサビカ テキサス州銃乱射に倒れたパキスタン人少女の死を機に銃暴力の見直しを
  • サンタフェ高校銃乱射事件 「ノーという答えに耐えられない少年や男性にフォーカスを当てるべき」 ジェンダーと政治のジャーナリスト

2018/5/18(金)

  • トランプ政権の環境保護庁が隠蔽したいテフロンの中の化学物質による河川や消防士の汚染
  • 内部告発者ダニエル・エルスバーグ:ベトナム反戦の市民的不服従がペンタゴンペーパーズ漏えいにつながった
  • ダニエル・エルスバーグ:イランや北朝鮮戦争との破滅的な戦争を回避するために内部告発が必要

2018/5/17(木)

  • ガザで負傷者の手当て中にイスラエル軍から銃撃されたカナダ人医師タレク・ルバーニにインタビュー
  • 50周年記念:ベトナム戦争に抗議して自家製ナパーム弾で徴兵書類を焼いた「ケイントズビル事件の9人」
  • 大統領補佐官ボルトンが政権交代を示唆したことで 予定されていた米北朝鮮和平交渉が危機にさらされる