忘れられた米国人:米メディアはなぜ「イルマ」による米領バージン諸島の被害を報じないのか

ハリケーン「イルマ」は、1週間前に米領バージン諸島に上陸した時点では、カテゴリー5の猛烈なハリケーンであり、停電や洪水、情報伝達手段の切断など大きな被害を引き起こしました。ケニス・マップ知事の発表によれば、セント・ジョン島とセント・トーマス島のほぼ全島がいまだに停電している状態だということです。セント・トーマス島の学校や主要病院も破壊されました。。「イルマ」の破壊力はすさまじく、宇宙からもそのすごさが見てとれるほどです。今週始め、米軍輸送艦艇がセント・トーマス島に到着し備品や援助物資が運び込まれました。近隣の島であるプエルトリコではボランティアが団結して集めた援助物資を何十隻もの船で輸送し島の住民はその緊急物資を受け取りました。しかし、ハリケーン「イルマ」は、フロリダ州キーズ諸島に上陸する数日前に米国領ヴァージン諸島を直撃したため、連日報道されている米国メディアのハリケーン報道では、ヴァージン諸島はほぼ忘れ去られてしまっています。米国領ヴァージン諸島は米国領となってから100周年を祝っている最中だということを考慮するとこの見落としは衝撃的といえます。本日はセント・トーマス島の土着民で賞受歴ある詩人、ティファニー・アニークに話を聞きます。彼女はウェズリアン大学の英文学科の准教授で、詩集Wife(『妻』)や小説Land of Love and Drowning(『愛と溺水の地』)の著者です。

最近のニュース

2020/7/1(水)

  • ジャマール・ボウマン、予備選挙での番狂わせ、家賃不払い運動、警察の暴力行為、西岸併合に反対する理由を語る
  • エド・ヤン、米国のパンデミック対策は「ひどい」、「メディケア・フォー・オール」があったら、どれほど多くの命が救われていたか」

2020/6/30(火)

  • 大喜びの瞬間」トランプ時代初の大きな中絶ケースで最高裁が厳格なルイジアナ州法に無効の判決
  • 全米黒人地位向上協会の代表デリック・ジョンソンが語るミシシッピ州旗、トランプの憎悪に満ちたレトリック、フェイスブックボイコット
  • ニュージャージー州 ジェントリフィケーションと公立校の取り壊し、ラティニクス生徒の強制転校と闘う親たち
  • #市庁舎を占拠せよ: NY市警の予算から10億ドルを移すという市長の「無理解な」公約はデモの要求を満たさない

2020/6/29(月)

  • 壮大な否認:新型コロナウイルス感染が米国各地で急増 世界全体で1千万人越え ペンス副大統領は「見事な進展」と称賛
  • 「残酷な仕打ち」:コロラド州の警察による2019年のイライジャ・マクレイン殺害 捜査開始がなぜこれほど遅れたのか
  • ルイジアナの活動家が15年の刑に直面 プラスチックごみの箱で石油ロビイストを「怖がらせた」容疑で

2020/6/26(金)

  • 亡命はもうできない?最高裁はトランプ政権に味方し迅速な国外退去処分を支持
  • 1つの悪いアルゴリズム?顔認識システムはAI技術に組み込まれた体系的な人種差別を明らかにしたと
  • 人種正義の勝利 ジョンソン&ジョンソンはアスベスト混入ベビーパウダー裁判で女性たちに20億ドルを支払う

2020/6/25(木)

  • 「科学を無視」した米国とブラジルの指導者たちが いかにアメリカ大陸最悪のコロナウイルス危機を招いたか
  • 修繕&復活:ウィリアム・バーバー師 人種差別 貧困 気候変動 戦争とナショナリズムを語る