忘れられた米国人:米メディアはなぜ「イルマ」による米領バージン諸島の被害を報じないのか

ハリケーン「イルマ」は、1週間前に米領バージン諸島に上陸した時点では、カテゴリー5の猛烈なハリケーンであり、停電や洪水、情報伝達手段の切断など大きな被害を引き起こしました。ケニス・マップ知事の発表によれば、セント・ジョン島とセント・トーマス島のほぼ全島がいまだに停電している状態だということです。セント・トーマス島の学校や主要病院も破壊されました。。「イルマ」の破壊力はすさまじく、宇宙からもそのすごさが見てとれるほどです。今週始め、米軍輸送艦艇がセント・トーマス島に到着し備品や援助物資が運び込まれました。近隣の島であるプエルトリコではボランティアが団結して集めた援助物資を何十隻もの船で輸送し島の住民はその緊急物資を受け取りました。しかし、ハリケーン「イルマ」は、フロリダ州キーズ諸島に上陸する数日前に米国領ヴァージン諸島を直撃したため、連日報道されている米国メディアのハリケーン報道では、ヴァージン諸島はほぼ忘れ去られてしまっています。米国領ヴァージン諸島は米国領となってから100周年を祝っている最中だということを考慮するとこの見落としは衝撃的といえます。本日はセント・トーマス島の土着民で賞受歴ある詩人、ティファニー・アニークに話を聞きます。彼女はウェズリアン大学の英文学科の准教授で、詩集Wife(『妻』)や小説Land of Love and Drowning(『愛と溺水の地』)の著者です。

最近のニュース

2020/1/24(金)

  • トランプは他にも戦争犯罪、暗殺、汚職の建議で弾劾することもできたと法学者
  • 国際司法裁判所がビルマ当局に対し、イスラム教徒のロヒンギャをジェノサイドから護るよう命令
  • 住宅危機を強調するため空いている物件を占拠したオークランドのママたちは予想外の勝利を祝う

2020/1/23(木)

  • 民主党の首席検察官役が上院で冒頭陳述を行う最中 トランプは証拠隠蔽を自慢する
  • 『新しい巨像』:ティム・ロビンズの新作劇 移民と外国人嫌悪の問題を取り上げる
  • ティム・ロビンズ:バーニー・サンダースがトランプに勝つためのベストな候補者だ
  • 新作映画『ダーク・ウォーターズ』:デュポン社と20年間戦い続けた弁護士の物語

2020/1/22(水)

  • 「アンドリュー・ジョンソンはまるでトランプのようだった」: トランプの弾劾裁判と1868年のジョンソン弾劾との共通点
  • 「上院が隠蔽に投票」:共和党の上院議員らトランプに加担し弾劾裁判を偏向
  • 拷問者が犠牲者たちに対面:CIA心理学者がグアンタナモ軍事法廷の審問で残忍な手法を擁護
  • 報道を犯罪に:グレン・グリーンウォルド ブラジルで汚職スキャンダルを暴露後、サイバー犯罪で告発される

2020/1/21(火)

  • 見世物裁判? トランプの弾劾裁判が始まり 隠蔽工作で非難されるミッチ・マコネル
  • 投票権擁護者 「トランプの弾劾は私たちの選挙と民主主義を守るために必要」
  • アメリカ国立公文書 2017年のウィメンズマーチの写真を改ざんしトランプ批判メッセージをぼやかす
  • グレタ・ トゥーンベリがダボスで世界の指導者たちに演説 「私たちの家は今も燃えている」

2020/1/20(月)

  • 特別番組:マーチン・ルーサー・キング・ジュニア 彼自身の言葉