気候変動で世界の寄生虫の3分の1に絶滅のおそれ 影響は甚大と米科学者

かつてない規模の洪水とハリケーンへの対応に追われる米国で、気候変動が生態系に欠かせない寄生生物の大量絶滅をひきおこし、現在進行中とみられる地球史上6回目の大量絶滅を早めるおそれがあるとする新たな研究が発表されました。科学誌『サイエンス・アドバンシズ』に掲載された研究は、2070年までに地球上の寄生生物の約3分の1が人為的活動によって絶滅する可能性があると警告しています。シラミやノミ、蠕虫(ぜんちゅう)類の絶滅は環境に深刻な影響を与え、新たな寄生生物が人間など動物の体内に侵入、甚大な健康被害を起こす可能性もあります。報告書"Parasite biodiversity faces extinction and redistribution in a changing climate"(「気候変動により絶滅と再分布を迫られる寄生生物の多様性」)の主要著者であるコリン・カールソンに話を聞きます。カールソンは、カリフォルニア大学バークレー校の「環境科学・政策・管理」分野の博士号候補者です。ウェブサイト「ビジネス・インサイダー」は2011年、「人類史上最も聡明な16人の子ども」と題した特集で、モーツァルトとピカソとともにカールソンを取り上げました。カールソンは当時、15歳でした。現在は21歳です。

最近のニュース

2017/9/22(金)

  • イエメンで民間人16人殺害の爆弾は米国製 アムネスティ・インターナショナルが発表
  • 「彼の笑いは戦いの雄叫び」 コメディアンで偉大な人権活動家ディック・グレゴリー追悼に数千人
  • 北朝鮮との緊張が続く中 米国の反対を尻目に51カ国が核兵器禁止令に署名

2017/9/21(木)

  • プエルトリコに迫る大規模な環境災害 ハリケーン「マリア」と大規模停電が追い討ち
  • 「核戦争は現実的脅威」とジェフリー・サックスが警告  トランプが北朝鮮を「完全に破壊する」と脅す中
  • 経済学者ジェフリー・サックス:イランとの戦争を望まない米国市民は いま声をあげるべきだ
  • 国連総会は気候変動対策を最優先も トランプ政権はパリ協定からの離脱を再宣言
  • 「長き一夜」 作家アンドレア・ピッツァーが強制収容所の歴史と今日の不寛容の高まりを語る

2017/9/20(水)

  • メキシコ地震で数百人が死亡 1985年の大地震の記念日に
  • ハリケーン・マリアがプエルトリコ直撃 ここ百年で最大級になるおそれ
  • オバマケア改廃への賛成票確保をめざし 共和党上院議員が最後のあがき
  • 軍部の民族浄化作戦が続行されれば すべてのロヒンギャがミャンマーから追放されかねない 支援者が警告
  • トランプ大統領 キューバを「世界のほとんどにとって敵」と糾弾 制裁の継続を言明

2017/9/19(火)

  • ルイス・グティエレス下院議員:DACAの撤廃のようなトランプの「人種差別」政策に彼が抗議する理由
  • ドゥルセ・ガルシア:DACA撤廃でトランプを提訴したドリーマーで移民弁護士
  • 現在Airbnbで利用可能なトランプの幼年期の家に難民たちが移民への弾圧抗議のために滞在

2017/9/18(月)

  • ナオミ・クライン:トランプの同意を得るために欧州はパリ協定を骨抜きにするかもしれない
  • ナオミ・クライン:ハリケーン被災地で「ショック・ドクトリン」が稼動し始めている
  • ノーでは足りない:バーニーの国民皆保険草案と民主党の未来をナオミ・クラインが語る