「沈黙にノーを」:殺害されたメキシコ人ジャーナリスト ハビエル・バルデスのスピーチ

「この地獄を報道することが死を意味するのなら、われわれ全員を殺せ。沈黙にノーを。」賞に輝くメキシコ人ジャーナリスト、ハビエル・バルデスは、同僚のミロスラバ・ブリーチ記者が3暗殺された3月下旬にこう語りました。5月15日、バルデスもまた暗殺されました。メキシコのシナロア州で彼が共同創設したリコドーセ(Ríodoce)紙の事務所がある路上で、車から引きずり降ろされ12回も撃たれたのです。同国の有名紙ラ・ホルナーダ(La Jornada)にも寄稿するベルデス記者が殺害されたことで、メキシコ全国に大きな怒りが広まっています。16日、シナロア州クリアカンにおけるベデス記者の葬式には数百人が集まり、更に数百人がメキシコシティの内務省前で抗議しました。メキシコのデジタルメディア数社は24時間のストライキを決行、今年これまでにメキシコで暗殺されたジャーナリストす。の名前を掲載した黒いバナーのみが掲載されした。今年に入ってからの犠牲者は、セシリオ・ピネーダ、マキシミーノ・ロドリゲス、リカルド・モンルイ、フィリベルト・アルバレス、ミロスラバ・ブリーチ、そしてハビエル・ヴァルデスで2011年にニューヨークで行われた「ジャーナリスト保護委員会」(Committee to Protect Journalists)国際メディア自由賞(International Press Freedom Award)授与式でのバルデス記者のスピーチを放映します。

最近のニュース

2018/10/22(月)

  • 米国が中距離核戦力(INF)全廃条約を破棄する意向 核軍拡競争が再燃する恐れ 「逆効果で危険」
  • トランプ政権はトランスジェンダーの存在を抹消しようとしている 共和党による長年の自由への攻撃を経て
  • 「南アフリカのグランド・アパルトヘイトを彷彿とさせる」 イスラエルの人権グループが国連でイスラエルを批判

2018/10/19(金)

  • サウジの反体制派マダウィ・アルラシード教授 カショギ失踪や米・サウジ関係などを語る
  • マダウィ・アルラシード教授「カショギ殺害に関しサウジ側の自己調査は許されない」
  • ネタニヤフ首相がイスラエルの人権団体ベツェレムを非難 自国の占領政策を国連で批判したことを受け

2018/10/18(木)

  • ウォーレン上院議員のアメリカ先住民の血筋は 彼女のキャリア・アップを支援したわけではないが 他の有色人種女性の妨げにならなかったのか?
  • 先住アメリカ人 ウォーレン上院議員のDNAテストに反発 先住アメリカ人を「政治的餌」に使うのはやめろ
  • 2018年の中間選挙には 記録的数の先住アメリカ人女性が出馬

2018/10/17(水)

  • ジャマル・エルシャヤールが語る カショギの死への対応でサウジアラビアと中東の将来が決まる
  • 反体制派弾圧史 カショギ以前にも運転の権利を主張したフェミニストを標的にした過去
  • 米国が支援するイエメンでの戦争が激化する中 アラブ首長国連邦がイエメンの指導層殺害のため米国の傭兵を雇用

2018/10/16(火)

  • 対立候補による有権者抑制のなかでジョージア州初の黒人知事を目指すステーシー・エイブラムス
  • デズモンド・ミード:彼自身を含む140万人のフロリダ州元重罪犯が投票権を勝ち取ることを期待
  • アリ・バーマン:ノースダコタ州の共和党は数千人の先住民有権者たちの投票権を剥奪しようとしている
  • 『1人ゼロ票』の著者キャロル・アンダーソン:トランプは有権者抑制のおかげで2016年の大統領選に勝利した