「沈黙にノーを」:殺害されたメキシコ人ジャーナリスト ハビエル・バルデスのスピーチ

「この地獄を報道することが死を意味するのなら、われわれ全員を殺せ。沈黙にノーを。」賞に輝くメキシコ人ジャーナリスト、ハビエル・バルデスは、同僚のミロスラバ・ブリーチ記者が3暗殺された3月下旬にこう語りました。5月15日、バルデスもまた暗殺されました。メキシコのシナロア州で彼が共同創設したリコドーセ(Ríodoce)紙の事務所がある路上で、車から引きずり降ろされ12回も撃たれたのです。同国の有名紙ラ・ホルナーダ(La Jornada)にも寄稿するベルデス記者が殺害されたことで、メキシコ全国に大きな怒りが広まっています。16日、シナロア州クリアカンにおけるベデス記者の葬式には数百人が集まり、更に数百人がメキシコシティの内務省前で抗議しました。メキシコのデジタルメディア数社は24時間のストライキを決行、今年これまでにメキシコで暗殺されたジャーナリストす。の名前を掲載した黒いバナーのみが掲載されした。今年に入ってからの犠牲者は、セシリオ・ピネーダ、マキシミーノ・ロドリゲス、リカルド・モンルイ、フィリベルト・アルバレス、ミロスラバ・ブリーチ、そしてハビエル・ヴァルデスで2011年にニューヨークで行われた「ジャーナリスト保護委員会」(Committee to Protect Journalists)国際メディア自由賞(International Press Freedom Award)授与式でのバルデス記者のスピーチを放映します。

最近のニュース

2017/12/8(金)

  • ここに民主主義はない:追放されたホンジュラス大統領セラヤ 2009年の米国支援クーデーターが現在の危機を招いた
  • 「ドナルド・トランプの危険な症状」精神科医バンディ・リー 大統領の精神状態への危惧を語る

2017/12/7(木)

  • PLO幹部ハナン・アシュラウィ:トランプのエルサレム首都宣言は国際法違反 和平の可能性を「抹殺する」
  • 「ホワイトハウスの入植者」エルサレムをイスラエルの首都と宣言するトランプにパレスチナ人が一斉抗議
  • 女性著名人が性暴力被害を実名告発するも 低賃金労働者は依然虐待にさらされている

2017/12/6(水)

  • ダニエル・エルズバーグ:自分は核戦争の立案者だったと表明 核の冬と地球規模の飢餓を警告

2017/12/5(火)

  • 最高裁トランプの専らイスラム教徒が対照となる入国禁令施行を認める  アメリカ自由人権協会は闘いの継続を約束
  • アメリカ先住民の複数部族 トランプによるベアーズ・イヤーズ国定公園への攻撃を共同で提訴
  • ホンジュラスの対騒乱警察隊「違法」選挙への抗議行動弾圧を拒否

2017/12/4(月)

  • 米上院で税制改革法案が可決 法案は社会を再編し金持ちの世襲制を作り出すとキース・エリソン議員
  • キース・エリソン議員:セクハラ疑惑のフランケンとコンヤーズは「自分の良心に従うべき」
  • キース・エリソン議員:ホンジュラスの選挙は明らかな不正 米国は軍事援助を停止すべき
  • ホンジュラス:選挙不正に抗議する人びとがデモ行進 軍隊による弾圧にもかかわらず