「沈黙にノーを」:殺害されたメキシコ人ジャーナリスト ハビエル・バルデスのスピーチ

「この地獄を報道することが死を意味するのなら、われわれ全員を殺せ。沈黙にノーを。」賞に輝くメキシコ人ジャーナリスト、ハビエル・バルデスは、同僚のミロスラバ・ブリーチ記者が3暗殺された3月下旬にこう語りました。5月15日、バルデスもまた暗殺されました。メキシコのシナロア州で彼が共同創設したリコドーセ(Ríodoce)紙の事務所がある路上で、車から引きずり降ろされ12回も撃たれたのです。同国の有名紙ラ・ホルナーダ(La Jornada)にも寄稿するベルデス記者が殺害されたことで、メキシコ全国に大きな怒りが広まっています。16日、シナロア州クリアカンにおけるベデス記者の葬式には数百人が集まり、更に数百人がメキシコシティの内務省前で抗議しました。メキシコのデジタルメディア数社は24時間のストライキを決行、今年これまでにメキシコで暗殺されたジャーナリストす。の名前を掲載した黒いバナーのみが掲載されした。今年に入ってからの犠牲者は、セシリオ・ピネーダ、マキシミーノ・ロドリゲス、リカルド・モンルイ、フィリベルト・アルバレス、ミロスラバ・ブリーチ、そしてハビエル・ヴァルデスで2011年にニューヨークで行われた「ジャーナリスト保護委員会」(Committee to Protect Journalists)国際メディア自由賞(International Press Freedom Award)授与式でのバルデス記者のスピーチを放映します。

最近のニュース

2019/7/22(月)

  • 「関係国すべてが緊張緩和をはからなければならない」 イラン・米英間の緊張に戦争を恐れる声
  • 「今でなければいつ立ち上がる?」 ハワイ先住民 マウナケア山頂の望遠鏡建設計画に抗う
  • 米環境保護庁 殺虫剤クロルピリホスを禁止せず 子どもの脳損傷との関連性が指摘されたにもかかわらず

2019/7/19(金)

  • 反人種主義歴史家:オマル議員への攻撃は「アメリカは白人の国」という信念に根ざしている
  • 内部告発で2003年のイラク侵略をあわや止めかけた英国人女性 最新映画が描く

2019/7/18(木)

  • プエルトリコ 下劣なメールと汚職問題で ロセージョ知事の辞任を求め10万人近くがデモ
  • 「これは戦争と言うだけではない 私たちの人生なのだ」戦乱のシリアを描き称賛される貴重なドキュメンタリー『サマのために』

2019/7/17(水)

  • 「彼らはやるべき仕事をやらなかった」:エリック・ガーナーの家族は彼を死なせた警察を司法省が訴追しないことに激怒
  • アマゾンが同業他社より安値で販売を続ける中 労働者は同社に対し公正な賃金と労働条件を要求
  • 世界で一番幸せな場所? ディズニーの遺産相続人がディズニーランドの労働者酷使について批判

2019/7/16(火)

  • 「私たちのチームは大きい」下院議員のオカシオ=コルテス、オマル、タリーブ、プレスリーがトランプの人種差別攻撃を非難
  • 2020年の大統領選出馬フリアン・カストロが移民・税関捜査局(ICE)の解体を公約 トランプの新たな難民申請規則は違憲と言及
  • 大統領選出馬のフリアン・カストロがアマゾン社とマクドナルド社の労働者ストライキを支援