記者が迷宮入り連続殺人事件を解決 DN!出演で得た有力情報がきっかけ

今年9月下旬、77歳のフェリクス・ベイルは、最初の妻メリー・ホートン・ベイルを殺害した罪で終身刑の判決を受けました。彼女は1962年にフェリクスと一緒に魚釣りに出かけて死亡しました。メリーが死亡してから11年後、フェリックスの2番目の妻シャロン・ヘンズリーが忽然と姿を消しました。さらに11年後の1984年、フェリックスの3番目の妻アネッテ・クレイバー・ベイルが行方不明になりました。彼女はたった17歳でした。その後、シャロンとアネッテの消息は不明のままです。この3人の女性はみな、最後に目撃されたときにはフェリックス・ベイルと一緒にいましたが、フェリックスはどの事件についても罪にも問われていませんでした。ところが、ミシシッピ州の日刊紙『クラリオン=レッジャー』が複数回にわたるシリーズで死亡者や行方不明者について再調査した結果、事態が変わりました。このシリーズの主力リポーターは受賞経験もある調査報道記者ジェリー・ミッチェルで、デモクラシー・ナウ!にも何度か出演したことがあります。2010年にデモクラシー・ナウ!に出演した後まもなく、彼はこの番組を聞いたメアリ・ローズと名乗る人物から電話をもらいました。彼女は娘のアネッテ・クレイバーの死の真相を探るのに協力を求めていました。1984年に17歳で失踪した、フェリクス・ベイルの妻です。ミッチェルはじきに事件の調査を始め、6年後この事件は迷宮入りでなくなりました。ジェリー・ミッチェル記者とアネッテ・クレイバー・ベイルの母親のメアリ・ローズに詳しいことを聞きます。

最近のニュース

2020/2/24(月)

  • バーニー・サンダースがネバダで「圧勝」 ラティーノ・コミュニティでの組織的な活動を経て
  • サンダースと社会主義:ノーベル経済学者ポール・クルーグマンと社会主義経済学者リチャード・ウルフが討論

2020/2/21(金)

  • マルコムⅩの娘イルヤサ・シャバズ`:父の遺したもの&新シリーズ『マルコムⅩ暗殺の真相』

2020/2/20(木)

  • ブルームバーグ元市長 大統領選討論会に初登壇 過去の女性蔑視と人種差別歴を問われる
  • 「大多数の人にとって最も重要な問題」:ヘルスケアへの意見の相違が2020年大統領選の核となる
  • ピート・ブティジェッジがLGBTQを代表しているかの議論が起こる中 保守的ラジオ・パーソナリティが彼を中傷
  • バーニー・サンダース:民主党の指名候補者は 党の権力者ではなく「人々の意思」で決めるべき

2020/2/19(水)

  • ネバダ調理士労働組合員:国民皆保険制度なら 組合の医療保険と交換します
  • ブルームバーグが民主党予備選で支持上昇、しかし有権者の投票率の鍵を握る組合への敵意の歴史あり
  • イェール大学の研究によると国民皆保険制度で米国は年間4500億ドルの費用削減 7万人の死者減少
  • ラティーネクス・グループ「ミヘンテ」が大統領選初の特定候補支持表明、バーニー・サンダースを推薦

2020/2/18(火)

  • 2015年アンブラ・グティエレスは性的暴行を認めたワインスタインを録音していた なぜ彼は起訴されなかったのか?
  • ジャーナリスト「ハーベイ・ワインスタインの弁護団は#MeToo(私も)運動に対する戦争をしかけている」
  • 『犠牲を払うだけの価値はあったのか?』 新作映画で明らかになる米国のイラク侵攻を後押ししたバイデンの主導的役割