奴隷制度から大量収監へ エイバ・デュバーネイ監督の『13th』が迫る米司法制度の人種差別

エイバ・デュバーネイの新作ドキュメンタリー映画は、米国の司法制度がいかに人種差別によって突き動かされてきたかを、奴隷制時代から現代の大量収監までをたどりながら描いた作品です。作品名の"13th"は、奴隷制度の廃止を規定しつつ、犯罪に対する罰としては例外規定を設けた合衆国憲法修正第13条から取られました。米国の人口が世界に占める割合は5%ですが、米国の受刑者の割合は25%にのぼります。2014年には200万人以上が収監されましたが、その40%がアフリカ系米国人男性でした。「判決手続きプロジェクト」(the Sentencing Project)によると、現在のペースで収監が続けば、今日生まれるアフリカ系米国人の3人に1人は生涯のうちに刑務所への収監を経験することになるといいます。新作を公開したエイバ・デュバーネイ監督に話を聞きます。デュバーネイの2014年のヒット作『グローリー/明日への行進』はアカデミー賞作品賞にノミネートされ、この賞にノミネートされた初のアフリカ系米国人女性監督となりました。

最近のニュース

2020/2/25(火)

  • 「これは始まり」ロザンナ・アークエットが語るワインスタインのレイプ有罪判決と彼が彼女を性的暴行し監視した過程
  • #MeToo運動創設者タラナ・バーク 「世界中のハーベイ・ワインスタインたちは「権力のシステム」なしには存在できない」
  • 民主党予備選でのバーニー・サンダースの成功の鍵? 黒人とラテン系コミュニティの組織化

2020/2/24(月)

  • バーニー・サンダースがネバダで「圧勝」 ラティーノ・コミュニティでの組織的な活動を経て
  • サンダースと社会主義:ノーベル経済学者ポール・クルーグマンと社会主義経済学者リチャード・ウルフが討論

2020/2/21(金)

  • マルコムⅩの娘イルヤサ・シャバズ`:父の遺したもの&新シリーズ『マルコムⅩ暗殺の真相』

2020/2/20(木)

  • ブルームバーグ元市長 大統領選討論会に初登壇 過去の女性蔑視と人種差別歴を問われる
  • 「大多数の人にとって最も重要な問題」:ヘルスケアへの意見の相違が2020年大統領選の核となる
  • ピート・ブティジェッジがLGBTQを代表しているかの議論が起こる中 保守的ラジオ・パーソナリティが彼を中傷
  • バーニー・サンダース:民主党の指名候補者は 党の権力者ではなく「人々の意思」で決めるべき

2020/2/19(水)

  • ネバダ調理士労働組合員:国民皆保険制度なら 組合の医療保険と交換します
  • ブルームバーグが民主党予備選で支持上昇、しかし有権者の投票率の鍵を握る組合への敵意の歴史あり
  • イェール大学の研究によると国民皆保険制度で米国は年間4500億ドルの費用削減 7万人の死者減少
  • ラティーネクス・グループ「ミヘンテ」が大統領選初の特定候補支持表明、バーニー・サンダースを推薦