1300万人がスタンフォード大学レイプ被害者の陳述書を閲覧 「今は重大な転機」と反レイプ活動家

2015年夏にスタンフォード大学キャンパス内で同大学の学生にレイプされた女性に対し、大学当局が公に謝罪するよう求める署名運動に6万人以上の署名が集まりました。この事件が今月、全国ニュースになったのは、レイプ犯の水泳選手ブロック・アレン・ターナーは意識のない女性に大型ごみ収納器の陰で性的暴行を加えている現場を取り押さえられていたにもかかわらず、判事が言い渡した量刑がたった6カ月の禁固だったからです。この判事アーロン・パースキーは今週、他に立候補者がいなかったため無投票で6年間の任期を更新しました。これに対し、スタンフォード大法学部の教授が、パースキー判事へのリコール運動を開始しました。それとは別に、パースキー判事の罷免を求める署名運動も立ち上がっており、80万人の署名が集まっています。パースキー判事が判決を言い渡す前に法廷で読み上げられた被害者の陳述書は、レイプ加害者にあてた手紙の形式を取っていました。この強烈な手紙はオンラインで公開され、1,300万回以上の閲覧を記録しました。「あなたが私から奪ったものは、私の価値、プライバシー、気力、時間、親しい付き合い、信頼、自分の声で語る力です。今日ようやく、声を取り戻しました」と、彼女はレイプ犯に直接語りかけています。「あなたのせいで私は、無人の惑星にひとりで島流しにされたのです」。一方、スタンフォード大学に対しても、キャンパス内で起きた性的虐待への対処の拙さに批判が集まっています。オンライン・ニュース・サイト『デイリー・ビースト』(Daily Beast)の調べによれば、同大学のキャンパスでは12、13、14年に年間26件のレイプ事件の被害届が出されています。つまり3年連続で、隔週1件の頻度でレイプ事件が起こっていたことになります。そしてレイプ事件の多発はスタンフォード大学に限られた問題ではありません。本日は2人のゲストに話を聞きます。エイミー・ザイリンは、大学キャンパス内での性的暴力についてのドキュメンタリーThe Hunting Ground(『狩猟場』)を監督、そして同作品の中でも証言しているカミラ・ウィリンガムです。ウィリンガムは11年、意識を失っている間にハーバード大法学部の同級生から性的暴行を受けたと語ります。

☆このセグメントは学生字幕翻訳コンテスト2017の課題動画です。

最近のニュース

2019/12/12(木)

  • グレタ・トゥーンベリがCOP25を批判 気候変動危機への対応は「巧みな会計操作やクリエイティブなPR」でしかない
  • 「市民の力による解決を望む」:企業への抗議活動で活動家がCOP25会議から追い出される
  • ウガンダで初めて「未来のための金曜日」のストライキを行ったバネッサ・ナカテ マドリッドでCOP25抗議活動に参加
  • マーシャル諸島の気候変動活動家キャシー・ジェトニル=キジナー 水面上昇する中 サバイバルの詩を披露

2019/12/11(水)

  • 大富豪で大統領選予備選に出馬中のマイク・ブルームバーグ COP25でプレス演説するも、質問には答えず
  • 「これまで見た中で最も恐ろしい火災だ」:気候変動に煽られ大規模化した山火事の煙にのみ込まれるオーストラリア
  • 民主党が大統領を正式に弾劾訴追の決議案をとりまとめる中、ロー・カンナ議員はトランプへの「万人による厳しい糾弾」を促す
  • 「恥を知れ!」中低開発地域「グローバルサウス」の先住民族の指導者と代表たちが、マドリードでのCOP25でドラマチックなウォークアウト

2019/12/10(火)

  • COP25 公式に出席とは言い難い米国 依然として「どんな進展も妨害」している
  • アサド・レーマンが語る英国の「気候選挙」と衝撃的なアフガニスタン文書の暴露
  • 先住民の長老2人が死んだ直後 アマゾンの森林守護者COP25の会場外に結集
  • 「母なる地球の声を聞いて」:マドリッドのCOP25で先住民の若者指導者たちが化石燃料抽出に抗議
  • COP25  先住民の若者と長老が姑息なタールサンド計画を支持するカナダに抗議

2019/12/9(月)

  • 国連気候変動会議(COP25)で行進 先住民や若者活動家が世界の指導者を批判 気候変動への無策で
  • 国連気候変動会議(COP25) マドリッドの陸橋からロープでぶら下がり気候対策を要求した8歳と11歳の姉弟
  • 先住民指導者ソニア・グアハラ:アマゾンは燃えている アマゾンを守る人々が暗殺されている
  • スペインの俳優ハビエル・バルデム:気候変動危機に対抗するには迅速で野心的な削減が必要
  • グレタ・トゥーンベリ・イン・マドリッド 希望は街頭にある 国連気候サミットにはない
  • グレタ・トゥーンベリと先住民活動家たちに聞く 先住民に耳を傾ける重要性
  • デモ隊の「有毒ツアー」を警察が阻止 COP25スポンサーに名乗り出たスペイン企業は国内「最汚染」企業
  • COP25 「シェル・エクソンモービル・BPにフィリピンの気候危機の法的道義的責任を問える」

2019/12/6(金)

  • COP25:「多国籍企業の悪行に苦しむ」人々に表敬する代替気候サミット
  • スペイン最大の汚染企業たちが国連気候変動サミットを後援しているのはなぜ?
  • 「私たちの未来だ」 ウガンダとチリで「未来のための金曜日」運動を支える青少年活動家