チョムスキーが語るオバマの広島訪問と大統領の残したもの:「褒めることは何もない」

オバマ大統領は5月、第二次大戦の終盤で米国が原子爆弾を投下した日本の広島を現役の米国大統領として初めて訪問する予定です。ノーム・チョムスキーは原爆投下の日を「覚えている限りで最も恐ろしい日」と言います。チョムスキーが、核時代の始まりにおける米国の役割、それを続けるオバマの役割、その他彼が残したものについて検証します。「私は普通はサラ・ペイリンには同意しませんが、彼女がオバマをあざ笑って「希望っぽいとか変化っぽいこと」と言ったとき彼女は的を得ていました。少しは良いこともありましたが。しかし彼が利用できた機会、特に議会が味方だった最初の2年間の機会は使われませんでした。米国の大統領政治基準からすれば、いずれにしろ何も特別なことはなく、まったく賞賛すべきこともないのです」。

最近のニュース

2019/9/20(金)

  • 「若者はもうがまんの限界」グローバル気候ストライキの青年活動家が今日行進をする理由
  • アフガン青年 初の国連ユース気候サミットに参加が決まるも米国はビザ発給を拒否
  • ケルシー・ジュリアナ対米国 気候変動危機で連邦政府を訴える若い女性に聞く

2019/9/19(木)

  • アムネスティ・インターナショナル事務総長:気候変動危機は人類への「死刑宣告」 指導者たちには行動する政治的決意が必要
  • 元独裁者をレイプで告発 ガンビアのMeToo運動のきっかけを作ったビューティー・クイーンにインタビュー

2019/9/18(水)

  • イスラエル総選挙、決着は未だ不明「究極の敗者」はパレスチナ人
  • 全米自動車労組(UAW)のストライキが3日目に突入、労働者5万人がゼネラル・モーターズ(GM)に何十億ドルにおよぶ利益の分配を要求
  • 『打ち倒されて、奮い立ち』:スティーブン・グリーンハウスが語るアメリカ労働者の過去、現在、未来

2019/9/17(火)

  • ナオミ・クライン 気候危機には根本的な変化が必要 紙製のストローは一時しのぎで解決策ではない
  • 『オン・ファイヤー』 ナオミ・クライン 新刊でグリーン・ニューディールが地球を救うと論証
  • ナオミ・クライン グレタ・トゥーンベリは気候正義のための闘いの「予言的な声」
  • エコファシズム:ナオミ・クラインが警告 極右の白人至上主義包摂は気候危機と関連あり

2019/9/16(月)

  • サウジの石油施設攻撃 米国とイランを含む「広範囲の地域戦争」になる恐れ
  • 「われわれメディアは仕事を怠ってきた」 250以上のメディアが気候危機の報道強化を約束
  • 「生物学的絶滅だ」 アラスカの北極圏野生生物保護区で石油・ガス採掘を解禁する危険