元死刑囚モリース・ビッカム98歳で死去 KKKメンバーの警官殺害で37年の禁固刑

本日は、賞に輝く全米口述歴史プロジェクト「ストーリー・コー」(StoryCorps)の創設者デイブ・アイセイのインタビューをお届けします。アイセイは1989年のラジオ・ドキュメンタリーTossing Away the Keys(『鍵を投げ捨てて』)で、先日98歳で亡くなった元死刑囚モリース・ビッカムの人生を辿りました。アフリカ系米国人のビッカムは、1958年、ルイジアナ州マンデビルで警官2人を射殺したとして死刑を言い渡されました。彼は警官がクー・クラックス・クラン(KKK)メンバーであり、ビッカムを殺す目的で現れ、自宅のフロントポーチで彼を撃ったと主張しました。また同地域の他の住民多数も、射殺された警官はクー・クラックス・クランと協力していたと証言しましたが、当時これは南部の小さな街では珍しいことではありませんでした。モリース・ビッカムは37年間、アンゴラ州刑務所で1日23時間を独房で過ごしました。ビッカムは死刑執行延期を7度勝ち取ったものの、歴代のルイジアナ州知事は繰り返し恩赦を拒否。最終的には大きな圧力に逆らえず、ビッカムは1996年に釈放されたのでした。釈放された数日後、ニューヨークに来たビッカムは独立系ラジオ局WBAIの番組「ウェイクアップ・コール」(Wake-Up Call)でエイミー・グッドマン、バーナード・ホワイトらにインタビューされました。同番組はビッカムの事件を詳細に追い、全米に知らしめる手助けを したのでした。アイセイとともに当時のインタビューを聞きながら、ビッカムの人生とその遺産について話を聞きます。

最近のニュース

2019/11/15(金)

  • 「ここが私の祖国」 DACA存続のための最高裁の訴訟における原告代表と話す
  • コリー・ブッカー上院議員 米国における環境正義・原子力・「野蛮な人種格差」について語る
  • ロドニー・リードに正当な裁きを:無罪を示す新証拠の出現で数百万人がテキサス州に死刑執行中止を求める

2019/11/14(木)

  • 第一回大統領弾劾公開公聴会 ウクライナのバイデン親子捜査への圧力にトランプが加担
  • 「こんなことは許されない」:ニクソン弾劾に賛成票を投じた元下院議員 トランプはならず者大統領だと語る
  • チリ人活動家:社会的危機をもたらしたエリートに新憲法は任せられない
  • コード・ピンク創設者メディア・ベンジャミン 米国の海外干渉に抗議した後 逮捕すると脅される

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論

2019/11/12(火)

  • 「土壇場の民主主義」ブラジルでのルラの釈放はボルソナーロ大統領への抵抗運動の勝利
  • 現金保釈の廃止と司法制度改革を公約したチェサ・ブーダンがサンフランシスコ地方検事選で勝利
  • 「シアトルは売りものではない」有権者によるアマゾン社への不満表明 社会主義者クシャマ・サワント再選

2019/11/11(月)

  • 「これは軍事クーデターだ」 ボリビアのエボ・モラレス大統領が軍の要求に応じて辞任
  • エリザベス・ウォレンが語る 環境正義 パイプラインの閉鎖 資本主義と大富豪