ミシェル・アレグザンダー: ファーガソンの抗議行動は刑事司法による人種的統制の撤廃を示唆している

米国司法省は、ミズーリ州ファーガソン市の警察と裁判所が、アフリカ系アメリカ人に対する定型化した差別を日常的に実践していると断定しました。アフリカ系アメリカ人は、ファーガソンの人口のおよそ66パーセントですが、逮捕者の93パーセント、武力が行使された事件の88パーセント、出頭命令の90パーセント、交通違反の85パーセントを占めています。司法省は、マイケル・ブラウンが警察官に殺害された事件のあと調査を開始し、ファーガソン警察内の電子メールの中から少なくとも3通の、言語または画像を含む人種差別的なメールを発見しました。「この報告からは希望はみえません。私に希望を与えてくれるのは、米国中の人々がやっと目覚めだしたことです」と、ミシェル・アレグザンダーは言います。彼女の著書The New Jim Crow: Mass Incarceration in the Age of Colorblindness(『新たな黒人差別:大量投獄に見る隠された人種差別』)はベストセラーになりました。「米国中のカラードのコミュニティーが、人種による社会統制に組み込まれています。でも、いま起きていることが示すのは、私たちにはこの状況を変える力があるということです。問題は、抗議行動による政治的駆け引きを、長期の戦略的な運動へと脱皮させられるかどうかです」

☆このニュースは「 学生字幕コンテスト2015」の課題に挙がっています。記事の表題をクリックすると英語版に飛べます。関連の参考動画(字幕付き)は、こちらです⇒
新たなジムクロウ  大量投獄に見る隠された人種差別

最近のニュース

2018/7/16(月)

  • 米露会談 トランプとプーチンを迎えたのは大規模な抗議デモ 人権や言論の自由 気候変動対策を求め
  • トランプ・プーチン会談は「米国にとって危険」か「核大国に欠かせない重要な外交」か 識者の討論

2018/7/13(金)

  • トランプ政権はメキシコ人記者を勾留して彼の「言論の自由」を侵害した恐れありと裁判所が判定
  • 国境で我が子と引き離された親は 亡命を認められるために再び別れざるを得ないのか?
  • 英国の反トランプデモを批判するテレビ司会者を「バカ」と呼んだ活動家に聞く
  • 訪英したトランプはメイ首相を屈辱 極右政治家ボリス・ジョンソンを称賛しムスリムのロンドン市長を非難

2018/7/12(木)

  • カトリーナ・バンデン・ヒューベル NATOの軍事費 冷戦による核の大惨事回避を語る
  • 大統領就任後初の英国訪問 数万人の抗議者がトランプを揶揄するベビー型気球を飛ばして迎える
  • 「古い体制は消えつつある」:英国と米国に巻き起こる進歩派の草の根運動

2018/7/11(水)

  • トランプ政権は引き離された親子再会の期限を守れず 米保健福祉省長官は子どもたちの収監を「寛大な行い」と自賛
  • マーク・ワイズブロット:ベネズエラへの軍事侵攻をほのめかすトランプの脅威は 米国の政権交代戦略の一環
  • IMF暴動の新時代:ハイチで 燃料高騰を撤回させる抗議行動
  • ネバダ州は フェンタニルと処刑失敗に関連した薬物で囚人の死刑執行を行う計画