リマ開催のCOP20  温室効果ガス削減で合意 壊滅的な気候変動に歯止めをかけられるか?

ペルーのリマで開かれた気候変動枠組条約(COP20)は今週末、30時間以上の延長協議の結果、気候変動に関する合意文書を採択しました。気候変動対策への国際合意に向けた基礎となる新たな合意文書に、約200か国の交渉担当者が合意しました。支持者らは、全ての参加国が温室効果ガス排出量削減で合意に至ったのは今回が初めてだと話しています。最終草案には、全ての国が地球温暖化対策に「共通だがそれぞれ異なった責任」を持つと記載されています。リマでの協議結果に最も不満のある国々は、気候変動による被害からの復興にすでに苦闘している貧困国です。本日は3大陸からゲストをお呼びします。ペルーからは英ガーディアン紙の米国環境特派員のスザンヌ・ゴールデンバーグ、ロンドンからはフレンズ・オブ・ジ・アース(FoE)国際気候部長アサド・レーマン、そしてニューデリーからビジネス・スタンダードの共同編集者ナイチン・セティが討議に参加します。

最近のニュース

2020/5/29(金)

  • 「あれは殺人だ」ミネアポリスは警官によるジョージ・フロイド殺害の起訴を要求し警察への資金打ち切りを求める
  • ラテンアメリカにパンデミックの中心地が移動するにつれてCOVID-19を口実にした警察による弾圧も移動
  • ソーシャルメディアを弱める大統領令にツイッター社はトランプ大統領のツイートに暴力賛美だと警告

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼

2020/5/27(水)

  • ジョージ・フロイドからクリス・クーパーまで:イブラム・X・ケンディが語る、米国の黒人が直面する「人種差別テロ」
  • 感染の人種別データの追跡:イブラム・X・.ケンディ、データの向上により明らかにされる新型コロナウイルス感染の実像
  • 「おぞましき怠慢」:移民税関捜査局の拘留中にCOVID-19感染者が死亡 収容移民の大量解放を求める声が高まる

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること

2020/5/25(月)

  • ノーム・チョムスキーに聞く 破滅的なトランプの新型コロナ対応、WHO、中国、ガザ、グローバル資本主義