グアテマラやホンジュラスの社会危機の種をまいた米国、彼の地からの児童移民を拒絶

中米各国から、母国での暴力を逃れるため、数万人の子どもたちが米国国境を越えています。番組ではこの危機的な状況の歴史的起源を見ていきたいと思います。米国は、ホンジュラスやグアテマラ、そしてエルサルバドルで、民主的政府を社会不安に陥れるという行為によって長いことその手を血に染めてきました。まさにこれらの国は、近年の大規模な移民の波の発生源となっています。7月第3週、オバマ大統領が過去数か月間に中米より米国に逃げてきた5万7000人を超える児童の排除を迅速に行うと誓ってから初めて、強制送還になる子供たちを乗せた飛行機がホンジュラスに飛び立ちました。38名のそのグループには、17名の女性の家族を伴った18ヶ月~15歳の子ども21名が含まれています。ホワイトハウス報道官ジョシュ・アーネストは、ホンジュラス人女性コルドヴァや、そのほかの人々の経験は、中米の人々にたいして「米国が手を広げては歓迎しないことを示すはずだ。」と述べました。

しかし米国の資金援助と外交政策は長い間、中米の人々の生活を形成してきました。6月28日に発生から5周年となった、民主的に選出されたホンジュラスのマニュエル・セラヤ大統領を追放した軍事クーデターに、米国は異を唱えませんでした。カリフォルニア大学サンタクルーズ校のデーナ・フランク教授の分析では、麻薬取引やギャングよりも、このクーデターでホンジュラス国内の治安悪化への扉が開かれ、現在も行われる国家的な弾圧の波を招いたと言います。加えて、メキシコとの国境より5マイルほどのテキサス州ウェスラコより、人権活動家で弁護士のジェニファー・ハーバリーにも話を聞きます。ハーバリーの夫で、ゲリラ指揮官、マヤ人指導者でゲリラのエフライン・バマカ・ヴェラスケスは、80年代にグアテマラ軍に捕まったのち行方不明になっています。ハーバリーは著書Searching for Everardo: A Story of Love, War, and the CIA in Guatemala(『ベラルドを探して:愛、戦争、そしてグアテマラのCIAの物語』)を執筆、数十年に渡り、夫の事件についての機密情報公開を求めてきました。

最近のニュース

2020/9/18(金)

  • トランプ対マスク:疾病対策センターや医師や科学者を攻撃し「パンデミック対策の柱」を弱める
  • 山火事が西部で猛威を振るう中トランプ大統領は石油大手を救済し海洋大気庁の要職に気候否定論者を指名
  • トランプ大統領は故ハワード・ジンの著作を「プロパガンダ」呼ばわり 歴史家本人の言葉を聞く

2020/9/17(木)

  • 米国が作った危機:飢餓に瀕するイエメン 戦争をあおりながらも援助を削減する米国 
  • ギリシャのモリア難民キャンプが火事で焼失 難民キャンプの代替えよりも移住を求める声が高まる
  • ウィキリークスのジュリアン・アサンジ送還問題は 国の報道の自由への攻撃だ ダニエル・エルスバーグが警告

2020/9/16(水)

  • 彼女の名前を語り続けよう:1200 万ドルで和解した、ブリオナ・テイラーの遺族が望むのは、警官の逮捕
  • マイケル・デンゼル・スミス:ブリオナ・テイラー事件、警察予算の削減、構造的な人種差別、自身の「トランプ時代の鬱」を語る
  • ヌーラ・エラカット、トランプが自賛するバーレーン・UAE・イスラエルの国交正常化協定でパレスチナ和平は進むどころか、抑圧が強まる

2020/9/15(火)

  • 「大規模な有権者の権利剥奪」大統領選を前に共和党が全米で投票権への攻撃を強化
  • 植民地化がカリフォルニア州を火口箱にした:先住民の土地管理が気候火災と闘うことを助ける理由
  • パンデミックで不当儲け:アマゾン社の便乗値上げが露呈する一方でジェフ・べゾスの資産は2000億ドルに膨張

2020/9/14(月)

  • パンデミックと山火事と熱波:西海岸炎上で在留資格のない移民農場労働者が直面する「三重の脅威」
  • 「これは気候変動火災」 オレゴン州の元消防士でエコロジストが指摘する壊滅的な炎の警告
  • 「トランプ大統領は犯罪が歩いているようなもの」 ウイリアム・バーバー師が投票権保護と貧者の動員について語る