反移民抗議は「米国精神の面汚し」 子供たちを難民として処遇せよ

暴力が絶えない中央アメリカ諸国から何千人もの人々が米国に避難所を求めてやって来ます。これを受けて7月第2週、テキサス州のリーグ市は、在留資格をもたない子供たちが領域内に足を踏み入れることを禁止する決議を成立させました。この動きは、7月4日の独立記念日の直前にカリフォルニア州マリエータ市で起きた反感の噴出と共通するものがあります。過密になったテキサスの移民収容施設から移動させるため、数十人の子供を乗せてマリエータ市にある連邦の移民収容施設に向かっていた3台のバスを、同市の警察が妨害しました。バスの周りを抗議の群衆が取り囲み、反移民のスローガンを叫びました。「子供たちをどう扱うかが、その社会の指標になります。あの日の出来事は、米国の精神の最低水準を記録しました」と、団体「ボーダー・エンジェルズ」代表のエンリケ・モロネスは語ります。これと時を同じくして、ホンジュラスの子供たちがストリートギャングの標的になるケースが増加しているという報道が相次いでいます。国境警備隊の統計は、中米諸都市での殺人発生率の上昇と、米国への大勢の子供たちの流入には相関関係があることを示しています。「我々がすべきことは、この子供たちに対して、世界の他の国々が難民に与えているのと同じ待遇を与えることです。国際的な保護を必要とする人々として処遇し、米国の領土に入ることを認め、市民権取得に向けて道を開くことです」と、ワシントンDCの国連難民高等弁務官事務所所長シェリー・ピッターマンは語ります。ピッターマンは、米国とカリブ諸国政府事務所の代表です。

最近のニュース

2020/9/18(金)

  • トランプ対マスク:疾病対策センターや医師や科学者を攻撃し「パンデミック対策の柱」を弱める
  • 山火事が西部で猛威を振るう中トランプ大統領は石油大手を救済し海洋大気庁の要職に気候否定論者を指名
  • トランプ大統領は故ハワード・ジンの著作を「プロパガンダ」呼ばわり 歴史家本人の言葉を聞く

2020/9/17(木)

  • 米国が作った危機:飢餓に瀕するイエメン 戦争をあおりながらも援助を削減する米国 
  • ギリシャのモリア難民キャンプが火事で焼失 難民キャンプの代替えよりも移住を求める声が高まる
  • ウィキリークスのジュリアン・アサンジ送還問題は 国の報道の自由への攻撃だ ダニエル・エルスバーグが警告

2020/9/16(水)

  • 彼女の名前を語り続けよう:1200 万ドルで和解した、ブリオナ・テイラーの遺族が望むのは、警官の逮捕
  • マイケル・デンゼル・スミス:ブリオナ・テイラー事件、警察予算の削減、構造的な人種差別、自身の「トランプ時代の鬱」を語る
  • ヌーラ・エラカット、トランプが自賛するバーレーン・UAE・イスラエルの国交正常化協定でパレスチナ和平は進むどころか、抑圧が強まる

2020/9/15(火)

  • 「大規模な有権者の権利剥奪」大統領選を前に共和党が全米で投票権への攻撃を強化
  • 植民地化がカリフォルニア州を火口箱にした:先住民の土地管理が気候火災と闘うことを助ける理由
  • パンデミックで不当儲け:アマゾン社の便乗値上げが露呈する一方でジェフ・べゾスの資産は2000億ドルに膨張

2020/9/14(月)

  • パンデミックと山火事と熱波:西海岸炎上で在留資格のない移民農場労働者が直面する「三重の脅威」
  • 「これは気候変動火災」 オレゴン州の元消防士でエコロジストが指摘する壊滅的な炎の警告
  • 「トランプ大統領は犯罪が歩いているようなもの」 ウイリアム・バーバー師が投票権保護と貧者の動員について語る