ウォーレス・ショーンの芸術的連帯 米国に戻れないグリーンウォルドのために芝居を出前

高名な脚本家で俳優のウォーレス・”ウォリー”・ショーンはブラジルから帰国したばかり。同国で、自作の戯曲、The Designated Mourner (『指定された哀悼者』)の特別公演をグレン・グリーンウォルドのために行ないました。グリーンウォルドは、国家安全保障局の内部告発者エドワード・スノーデンのストーリーを最初にブレークしたジャーナリストです。この戯曲は、昨年、ニューヨークのパブリックシアターで上演されましたが、グリーンウォルドは米国に戻ると訴追される怖れがあるため、見ることができませんでした。今週も、ジェイムズ・クラッパー国家情報長官がジャーナリストたちもスノーデンの共犯者だったとみなされうると示唆したばかりです。ショーンの戯曲は、3人の登場人物を通して、かつて自由の地だった場所の政治勢力分布が狭小になりつつあることへのく閉所恐怖症を描いています。ショーンには『指定された哀悼者』の他にも、The Fever (『発熱』)、Aunt Dan and Lemon (『ダンおばさんとレモン』)、Grasses of a Thousand Colors (『千色の草』)など数多くの戯曲作品があります。ショーンはまた、俳優としての仕事でも知られ、出演作には、『プリンセス・ブライド・ストーリー』、『トイ・ストーリー』、そしてカルト的人気を誇る1981年の映画My Dinner with Andre 『アンドレとの食事』などがあります。『アンドレとの食事』では、共同で脚本も手がけました。

最近のニュース

2020/8/3(月)

  • トランプがバイデンの勝利を拒否したら? 大統領選挙の混乱が米国を分裂させるシミュレーション
  • 投票権活動家のラ・トーシャ・ブラウン 「トランプは再選のためなら民主主義を骨抜きにする気満々」
  • 「モロッコ当局は証拠を持っていない」:モロッコ人ジャーナリストのオマール・ラディは政府を批判した後、政府に監視され拘束された

2020/7/31(金)

  • 公民権の英雄ジョン・ルイスの葬儀 民主主義のために「命を危険にさらした愛国者」
  • ジェームズ・ローソン牧師:ジョン・ルイスの生涯は米国の暴力とプランテーション資本主義に反対する行動への呼びかけだった
  • バラク・オバマ前大統領:ジョン・ルイスを讃えて米国の投票権法と投票へのアクセスを振り返る

2020/7/30(木)

  • ノーム・チョムスキー:数十年に渡る「新自由主義という疫病」のせいで 米国はOVID-19の感染拡大への準備ができていなかった
  • チョムスキーがキューバにパンデミックへの「国際主義的」な対応と ワクチンが世界各地で手に入ることの必要性を語る
  • チョムスキー:パレスチナのパンデミックへの対応を妨げ 占領下にあるヨルダン川西岸地区を併合すると脅すイスラエルについて語る

2020/7/29(水)

  • ビル・バー司法長官、下院で質問の集中砲火:抗議デモの弾圧、投票抑圧、パンデミック対策の失敗
  • エベネザー・バプテスト教会のウォーノック牧師、ジョン・ルイスの功績となお続く投票権の闘いを語る
  • 公民権運動の闘士バーナード・ラフィエが語る、親友ジョン・ルイス、自由のための乗車運動、貫いた非暴力

2020/7/28(火)

  • 11月までにワクチン? ワクチン治験に参加した科学ジャーナリストが疑う楽観的な米国の予測
  • トランプ政権の60億ドルのワクチン計画は誰が利益を得てどこに透明性があるのか?
  • 記録書類なし:米国国外追放の前に移民の子供たちを秘密裡にハンプトンインホテルに収容