米国が兵器を緊急支援する中 ファルージャでの新たな攻撃で イラクの宗派間闘争激増の危機

イラク軍は、ラマディの一部も掌握したスンニ派ゲリラからファルージャ奪回に向けた攻撃の可能性に備え、街を包囲しました。戦いに巻き込まれるのを避けるため、ファルージャ市民数千名が既に避難しています。この事態と時を同じくして、「イラクとレバント地域 イスラム国家」(Islamic State of Iraq and the Levant)とよばれる武装組織をの「包括的な」駆逐のために、米国はヘルファイア・ミサイルと監視用無人機の投入量を増やしていたところでした。イラク系フランス人ジャーナリストで2003~08年にバグダッドを本拠にRoadtrip Iraq(『イラクでロードトリップ』)とFallujah: A Lost Generation?(『ファルージャ:失われた世代?』)を含む複数のドキュメンタリーを制作したフェラット・アラニと、米国務省に24年勤務しイラク駐在経験もあるベテランで、後に米のイラク政策を批判した著書We Meant Well: How I Helped Lose the Battle for the Hearts and Minds of the Iraqi People(『あれは善意だった:イラク人の心をつかみ損ねる戦いの一端を担った私』)を執筆したピーター・ヴァン・バーレンです。ヴァン・バーレンは、イラク国家再建の米の方針批判後、解雇の危機に晒されました。

最近のニュース

2020/8/7(金)

  • 「世界一危険な男」 メアリー・トランプ 叔父のトランプを政権から追うべき理由を語る

2020/8/6(木)

  • 「人類の終焉の始まり」:広島の原爆投下から75年 被爆生存者による核兵器への警告
  • 米国政府とハリウッドが秘密裏に協力し 日本への爆撃をいかに正当化したかを明らかにする

2020/8/5(水)

  • 「絶望と破壊」ベイルートの医師 港湾地区での大爆発後の 惨状を語る
  • ジャーナリストのラミ・コウリ 「ベイルートの爆発は長年のレバノン政府の無能と腐敗への追い打ち」
  • 巨大ハイテク企業の終焉? 「犯罪者並みの」態度と権力独占にフェイスブック、アマゾン解体の声が高まる

2020/8/4(火)

  • 公衆衛生対政治:民主党優勢の州に痛手を負わせるため米政府が全米共通のCOVID-19検査計画を打ち切り
  • 「彼らを全員釈放せよ」:移送と国外退去によってCOVID感染拡大 移民の収監停止を求める声高まる
  • 「基本的に死刑宣告」:移民・関税執行局留置所で感染急増 ハンスト囚人が釈放要求
  • 武装した国境警備隊の戦術部隊 米国境の医療キャンプを急襲し荒らしまわり30人の移民を逮捕

2020/8/3(月)

  • トランプがバイデンの勝利を拒否したら? 大統領選挙の混乱が米国を分裂させるシミュレーション
  • 投票権活動家のラ・トーシャ・ブラウン 「トランプは再選のためなら民主主義を骨抜きにする気満々」
  • 「モロッコ当局は証拠を持っていない」:モロッコ人ジャーナリストのオマール・ラディは政府を批判した後、政府に監視され拘束された