連邦政府 医療および娯楽用マリファナ合法化の州法に異議は唱えず

過去75年間にわたって米国は連邦法でマリファナの使用を禁止してきましたが、司法省は今後、各州が娯楽用のマリファナの使用、製造、配布、販売を合法化することを妨げないと発表しました。この変化は昨年2012年にコロラド州とワシントン州でマリファナ合法化が住民投票で可決されたのを受けてのものです。これは司法副長官ジェイムズ・コールによる覚書の中で触れられたもので、この決定の理由に「訴追するための資金不足」をあげています。副長官は連邦法ではなおもマリファナは違法だとしており、司法省がこれからも各州が未成年へのマリファナの販売や州を越えた売買、ドライバー中にマリファナ使用して起こした事故を取り締まるように求めていることを強調しています。「マリファナについては文化的要素が強く、判断の基準にかなりの変化が起きています。それに政治家たちがやっと追いついてきたところなのです」と話すのはベテラン調査報道ジャーナリストでSmoke Signals: A Social History of Marijuana — Medical, Recreational and Scientific(『スモーク・シグナルズ:マリファナの社会史──医療用、娯楽用、そして科学用』)などの著書を持つマーティン・リーです。

最近のニュース

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼

2020/5/27(水)

  • ジョージ・フロイドからクリス・クーパーまで:イブラム・X・ケンディが語る、米国の黒人が直面する「人種差別テロ」
  • 感染の人種別データの追跡:イブラム・X・.ケンディ、データの向上により明らかにされる新型コロナウイルス感染の実像
  • 「おぞましき怠慢」:移民税関捜査局の拘留中にCOVID-19感染者が死亡 収容移民の大量解放を求める声が高まる

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること

2020/5/25(月)

  • ノーム・チョムスキーに聞く 破滅的なトランプの新型コロナ対応、WHO、中国、ガザ、グローバル資本主義

2020/5/22(金)

  • アーマド・アーベリ殺害事件で第3の白人男性容疑者が逮捕される 司法省はヘイトクライムとして起訴を検討中
  • 警察署長の引退表明を受けFBIがブレノア・テイラー射殺事件の捜査に乗り出す
  • 下痢、脱水症、飢餓、消耗:インドではコロナ封鎖で農村部の貧困層が最も被害を受ける
  • マイク・デイビス:パンデミック最中に50州の封鎖解除で労働者は収入と健康のあいだの「ソフィーの選択」に直面