シリアの活動家 グータでの毒ガス攻撃を語る 「こんな死に方は見たことがない」

ダマスカス近郊での化学兵器によると見られる攻撃に関して国際的機関による調査を受け入れるよう、シリア政府への圧力が高まっています。シリアの反体制派によれば、政府部隊が反体制派が支配するグータ近隣に毒ガスを発射し数百人を殺害したということです。今週YouTubeにアップされたビデオには被害者であふれる病院の取り乱した様子や死んだ子供たち、そして数限りない遺体が映っていました。これが毒ガスによるものだと確認されれば、シリアで2年前に反体制派勢力が蜂起して以来の最も暴力的な事件であり、国際的にもここ数十年で最悪の毒ガス攻撃ということになります。この事件は国連調査団がこの前の毒ガス攻撃を捜査するために同国に到着してわずか数日後に起きました。シリアから人権違反証拠文書センター(Human Rights Violation Documentation Center)の弁護士で人権活動家のラザン・ザイトゥネーに話を聞きます。この攻撃の結果を目撃し、彼女は「自分たちの目を疑うほどです」と言います。「自分の今までの人生でこんな死に方は見たことがありません」。ロンドンのインディペンデント紙で中東特派員を長年勤め最近シリア取材から戻ったパトリック・コウバーンにも話を聞きます。彼の最新記事はThe evidence of chemical attack seems compelling — but remember — there’s a propaganda war on(『化学兵器攻撃の証拠は決定的のよう──ただし──これは宣伝戦争でもある』)です。

最近のニュース

2019/11/12(火)

  • 「土壇場の民主主義」ブラジルでのルラの釈放はボルソナーロ大統領への抵抗運動の勝利
  • 現金保釈の廃止と司法制度改革を公約したチェサ・ブーダンがサンフランシスコ地方検事選で勝利
  • 「シアトルは売りものではない」有権者によるアマゾン社への不満表明 社会主義者クシャマ・サワント再選

2019/11/11(月)

  • 「これは軍事クーデターだ」 ボリビアのエボ・モラレス大統領が軍の要求に応じて辞任
  • エリザベス・ウォレンが語る 環境正義 パイプラインの閉鎖 資本主義と大富豪

2019/11/8(金)

  • 史上初の環境正義をめぐる大統領候補者討論会にウォーレン、ブッカー、ステイヤーなどが参加
  • 「民主党全国大会まで待つ余裕はない」黒人議員が環境正義フォーラムを開催した理由
  • オレンジバーグ虐殺事件の追悼:1968年に警察が3人の武器を持たない黒人学生を射殺

2019/11/7(木)

  • 長期政権だったブーテフリカ大統領を辞任に追い込んで数か月 アルジェリアでは抗議デモが続く
  • 元ツイッター社員 サウジのスパイ活動関与で告発される サウジの反体制派弾圧強化の一環
  • 『花粉を運ぶものたち』:ミツバチ群の減少で食物連鎖の崩壊が起こる可能性を示唆する映画

2019/11/6(水)

  • テキサスは無実の男を処刑するのか?新たな証言が出るなか、ロドニー・リードの家族が再審を要求
  • 州選挙で米民主党が相次ぎ勝利 バージニア州議会は上下両院を獲得、トランプ支援のケンタッキー州知事は落選