「彼は米国のためになることをするつもりだった」: 禁固刑35年言い渡しを受けてマニングの弁護士初めての長時間インタビュー

8月21日ブラッドリー・マニング上等兵が禁固刑35年の判決を言い渡された直後、マニングが性転換を発表する前、独立系ジャーナリスト、アレクサ・オブライエンが、マニングの弁護を務めたデビッド・クームズに、同訴訟についての初のインタビューを行いました。オブライエンは、マニング裁判をすべて取材した数少ないジャーナリストの一人で、裁判記録を一番に一般に公開してきました。デモクラシー・ナウ!はこのインタビューを独占放送します。クームズ弁護士は米政府がいかに機密情報を利用したかについて、判決に対するマニングの反応について、そして裁判のどれだけの部分が一般の目から隠されているかについて語ります。「実際にこのような量刑が課されるとは信じられません」とクームズ弁護士はオブライエン記者に言います。「非公開の審理を含め、すべての審理に出席して、すべての証拠を聞いたとしても、禁固刑35年の処罰を妥当とできるような証拠はありませんよ。仮に実際の被害があり、マニングが本気で米国を傷つけるつもりで、あるいは機密情報を売って個人的に利益を得ようとしていたのだったら、どのような量刑になったのかと考えてしまいます。マニングには真の意図があったんです。彼はアメリカのためになることをするつもりだった。彼は人々に、イラクで起っていることを考えて欲しいと思っていた。マニングの行動の裏には邪悪な目的はなかったのです」

最近のニュース

2019/11/19(火)

  • ボリビア国連大使「『人種差別的エリ―ト』がボリビアを新自由主義に戻すためクーデター策略」
  • ヌーラ・エラカット 米国によるイスラエル入植の承認は「人種隔離体制を堅固にする」
  • #予備選は白人だらけ:最も白人が多い2つの州が大統領候補に最初に投票する理由

2019/11/18(月)

  • イランの機密流出 米国が「潰した」イラクにイランが深く介入
  • ボリビア コチャバンバの虐殺 クーデターを非難する大規模デモの一方で先住民への暴力が加速
  • テキサス裁判所がロドニー・リードの死刑執行を停止 1996年殺人事件について無実を証明する機会を得る

2019/11/15(金)

  • 「ここが私の祖国」 DACA存続のための最高裁の訴訟における原告代表と話す
  • コリー・ブッカー上院議員 米国における環境正義・原子力・「野蛮な人種格差」について語る
  • ロドニー・リードに正当な裁きを:無罪を示す新証拠の出現で数百万人がテキサス州に死刑執行中止を求める

2019/11/14(木)

  • 第一回大統領弾劾公開公聴会 ウクライナのバイデン親子捜査への圧力にトランプが加担
  • 「こんなことは許されない」:ニクソン弾劾に賛成票を投じた元下院議員 トランプはならず者大統領だと語る
  • チリ人活動家:社会的危機をもたらしたエリートに新憲法は任せられない
  • コード・ピンク創設者メディア・ベンジャミン 米国の海外干渉に抗議した後 逮捕すると脅される

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論