ワシントンポスト紙を買収した大富豪ベゾスのアマゾン・ドット・コムは書籍業界を壊滅させCIAとも協力

ワシントンポスト紙は8月5日、同紙がアマゾン・ドット・コムの創業者CEOのジェフ・ベゾスに2億5千万ドルで売却されたと発表しました。ベゾスは世界屈指の資産家で、いまや米国屈指の有力紙を掌中に収めることになります。この買収に批判的な意見の中には、ベゾスと米政府との親密な関係を指摘するものがあります。2010年にアマゾンは強い政治的圧力を受けてウィキリークスのウェブサイトのホスティングを中止しました。今年にはいってアマゾンはCIAと6億ドルのクラウド・コンピューティング契約を結びました。独立系の書籍販売業者や版元も、かねてよりアマゾンのビジネスのやり方に不満を募らせています。アマゾンの歴史と新聞業界の未来について討論会をやります。「独占的な新聞、とくに首都ワシントンに独占的地位を持つワシントンポスト紙は、経営的には難しい事業かもしれませんが、政治的な影響力は強大です」とフリープレスの共同創設者ロバート・マッチェズニーは言います。「いまやそれは億万長者の玩具になり、彼らの政治戦略の道具として積極的に利用されます」。メディア批評家のジェフ・コーエンは、ワシントンポスト紙は数十年前ウォーターゲート事件やペンタゴンペーパーに関する報道で名をあげたものの、そのようなジャーナリズムの伝統がベゾスによる買収で台無しになるという懸念は現実から遊離していると指摘します。なぜなら「近年のワシントンポスト紙は、まさに共和党と民主党の超党派合意を体現する新聞になってしまっている」からです。メルビル・ブックスの発行人デニス・ジョンソンは、「アマゾンは痛みを感じない異常な会社です。私の知る限り、アマゾンは利益を上げたことがない……ベゾスがワシントンポスト紙を買収したと聞いても、いったい彼は投資を回収できるのか、事業として黒字化するつもりなのかといぶかってしまう。たぶん彼にはそんなこと、どうでもいいんです」と言います。

最近のニュース

2019/11/19(火)

  • ボリビア国連大使「『人種差別的エリ―ト』がボリビアを新自由主義に戻すためクーデター策略」
  • ヌーラ・エラカット 米国によるイスラエル入植の承認は「人種隔離体制を堅固にする」
  • #予備選は白人だらけ:最も白人が多い2つの州が大統領候補に最初に投票する理由

2019/11/18(月)

  • イランの機密流出 米国が「潰した」イラクにイランが深く介入
  • ボリビア コチャバンバの虐殺 クーデターを非難する大規模デモの一方で先住民への暴力が加速
  • テキサス裁判所がロドニー・リードの死刑執行を停止 1996年殺人事件について無実を証明する機会を得る

2019/11/15(金)

  • 「ここが私の祖国」 DACA存続のための最高裁の訴訟における原告代表と話す
  • コリー・ブッカー上院議員 米国における環境正義・原子力・「野蛮な人種格差」について語る
  • ロドニー・リードに正当な裁きを:無罪を示す新証拠の出現で数百万人がテキサス州に死刑執行中止を求める

2019/11/14(木)

  • 第一回大統領弾劾公開公聴会 ウクライナのバイデン親子捜査への圧力にトランプが加担
  • 「こんなことは許されない」:ニクソン弾劾に賛成票を投じた元下院議員 トランプはならず者大統領だと語る
  • チリ人活動家:社会的危機をもたらしたエリートに新憲法は任せられない
  • コード・ピンク創設者メディア・ベンジャミン 米国の海外干渉に抗議した後 逮捕すると脅される

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論