銀行の差し押さえ阻止のためカリフォルニア州の都市が土地収用権の使用を示唆

カリフォルニア州のある町が、一連の不動産物件差し押さえによる危機に対する取り組みで、大きく報道されています。リッチモンド市では、住宅ローン債務者のほぼ半数が支払い不能に陥っています。リッチモンドは8月第1週に大きな一歩を踏み出し、困窮している住宅所有者のローンの買取を大手銀行やその他の金融業者に持ちかけた全米最初の都市となりました。市議会で4月に承認された計画では、市は、ローンを調整し、差し押さえを回避して家族が持ち家に居続けることができるように、土地収用権を使ってローンを購入することができます。「銀行は私たちのコミュニティに略奪的な住宅ローンを売りつけておきながら、こうした危機に対する何の解決も持ち合わせていません」と、リッチモンドの市長ゲイル・マクラフリンは言います。「私たちは、こうした問題のあるローンを銀行の手から取り上げることで介入しています。銀行には、これらの債権に対する公正な市価は払っていますよ。そうしておいて、その家の持ち主と一緒になって、現在の家の価値に沿ったローンの借り換えや調整に取り組んでいるのです。私たちは銀行に対し、こうしたローンを自発的に私たちに売ることを求めています。彼らが協力しないのであれば、土地収用権を使うことも考えるつもりです」。

最近のニュース

2020/6/1(月)

  • 階級反乱 キーアンガ・ヤマッタ・テイラー 「人種差別と人種に基づくテロが全米の怒りを加速」
  • コーネル・ウエスト 「米国に報いの時が来た」 全米蜂起は「帝国自壊」の予兆
  • 「私の国が消えてゆく」:バカリ・セラーズが語る 400年に及ぶ人種差別体制から立ち上がった大規模デモ
  • 「米国は黒人を収奪してきた。私たちはそれをあなた方から学んだ」 女性マーチを率いたタミカ・マロリー
  • 警察への拠出を減らせ キーアンガ・ヤマッタ・テイラー「学校や病院より警察を優遇する予算は間違い」

2020/5/29(金)

  • 「あれは殺人だ」ミネアポリスは警官によるジョージ・フロイド殺害の起訴を要求し警察への資金打ち切りを求める
  • ラテンアメリカにパンデミックの中心地が移動するにつれてCOVID-19を口実にした警察による弾圧も移動
  • ソーシャルメディアを弱める大統領令にツイッター社はトランプ大統領のツイートに暴力賛美だと警告

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼

2020/5/27(水)

  • ジョージ・フロイドからクリス・クーパーまで:イブラム・X・ケンディが語る、米国の黒人が直面する「人種差別テロ」
  • 感染の人種別データの追跡:イブラム・X・.ケンディ、データの向上により明らかにされる新型コロナウイルス感染の実像
  • 「おぞましき怠慢」:移民税関捜査局の拘留中にCOVID-19感染者が死亡 収容移民の大量解放を求める声が高まる

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること