映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2015/7/3(金)

  • 「奴隷にとっての独立記念日」 フレデリック・ダグラスの歴史的演説をジェイムズ・アール・ジョーンズが朗読
  • 「この旗は今日降ろされる」:サウスカロライナ州議事堂の南部連合旗を取り外したブリー・ニューサム
  • 『勝利を我らに』:フォークの象徴的存在で活動家のピート・シーガーを彼自身の言葉と歌で振り返る

2015/7/2(木)

  • 「新たな1章」:米とキューバが大使館の再開と国交回復を発表 半世紀を経て
  • フランスが児童性的虐待で兵士を停職処分 欧米平和維持軍の刑事免責に国連はメスを入れるか
  • 米南部で黒人教会が連続で火災に チャールストン銃乱射事件後も白人史上主義者による攻撃は続くのか

2015/7/1(水)

  • プエルトリコは米国のギリシャか?多額の債務を抱え破産救済を求める米国自治領
  • ニディア・ベラスケス下院議員:オスカー・ロペス・リベラ釈放に向けてプエルトリコ系米国人が党派を超え結集
  • 米最高裁 結婚の平等とオバマケア支持の判決後 中絶・汚染・死刑執行問題に関してはミックス
  • ニュージャージー州知事クリス・クリスティ 地元州での経済混乱を抱えつつも共和党大統領候補に出馬

2015/6/30(火)

  • デフォルトに向かうギリシャ さらなる緊縮についての核心的国民投票実施へ
  • 歴史的なイランの核交渉 協議最終段階、予断許さず
  • イスラム保守派大量投獄の背後にいた検事総長殺害で高まるエジプトの権力闘争
  • 飢餓が警告される中、終わりのない紛争に閉じ込められたイエメン市民
  • 100歳を迎える革命家:伝説的な活動家でまとめ役、グレース・リー・ボッグズが100歳に

2015/6/29(月)

  • 愛が勝つ 長年の闘争を経て結婚の平等は「国の法」となる
  • 同性婚の勝利後もLGBTQ活動家は偏見からの保護と見落とされたトランスジェンダー問題に取り組む
  • 「旗は今日降ろされる」:サウスカロライナ州議事堂の南部連合旗を取り外したブリー・ニューサム