映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2017/7/26(水)

  • 共和党の危険な動き 公聴会も開かず数千万人から医療保険を奪う強硬路線を推進
  • ジェフ・セッションズ司法長官をけなすトランプ大統領にホワイトハウスのトランプ陣営が反抗?
  • ジョシュア・グリーンが語る 新著『悪魔の取引:スティーブ・バノン ドナルド・トランプそして大統領職への突撃』
  • ムッソリーニやヒットラーとつながりがある人種差別主義の理論家がスティーブ・バノンに与えた影響
  • ジョシュア・グリーン:バノンはビデオ・ゲーマーズとの経験を基にオルタナ右翼の勃興を図った

2017/7/25(火)

  • サンアントニオで10人の移民が死亡 事件が明らかにした米墨国境の人道的危機
  • ソニア・ナザリオ 「サンアントニオの悲劇はトランプによる移民弾圧の「予想通りの結果」」
  • 米国史を変えた暴動:1967年のニューアークとデトロイトの蜂起を振り返る

2017/7/24(月)

  • ミネアポリス警察署長が辞任 非武装の女性を警察が殺害 次の辞任は市長?
  • 犯罪学者フィル・スティンソン:警察は年間約1000人を射殺している
  • 「忘れられた危機」イエメンの救援活動家が世界最悪の人道危機を告発
  • 「一貫性を欠く政策」:米国がイランに追加制裁 トランプがイランの核合意順守を認めた直後に
  • 米国が後押しした1953年のイランクーデターは石油利権のためだったことが機密解除で明らかに

2017/7/21(金)

  • イスラエル批判が刑事罰の対象に:BDS支持者に罰金と投獄 議会が法案可決検討
  • ジャレッド・クシュナーがカタールとの取引に失敗 中東外交危機へのトランプの姿勢に影響か?
  • マコーネル上院院内総務 共和党議員から十分な支持が無いままオバマケア廃止の採決を目指す
  • トランプの「メード・イン・アメリカ週間」推進の陰で「イバンカ・トランプ」ブランドの衣料生産に精根尽き果てるインドネシアの労働者たち

2017/7/20(木)

  • デイビィッド・ケイ・ジョンストン:医療保険制度について「恐ろしく無知な」トランプは 人命よりも利欲を優先
  • デイビィッド・ケイ・ジョンストン:共和党の予算案は金持ちに富を再分配し米国を「警察国家」にする
  • 投票権保護活動家:トランプの不正選挙調査委員会は 投票者抑圧への下準備だ
  • 「トランプとロシア・マネーの関係」:トランプとロシアの新興財閥は数十年来の古い関係
  • マフィアと深い関係:調査報道記者クレイグ・アンガー トランプのロシア・マフィアへの「借り」について語る