映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2017/4/27(木)

  • 「エリート支配層の国土横領に等しい」:富裕層だけが得するトランプの税制改革案に嘲笑
  • バーモント州初の女性知事マデリン・キューニン 反トランプ 女性候補の選挙への応援などを語る
  • 保護を求め9か月間デンバーの教会に滞在したメキシコ人男性を 移民関税捜査局が拘束

2017/4/26(水)

  • チョムスキーが語る共和党:地球の生命をこんなに破壊した組織がこれまでにあっただろうか?
  • チョムスキー:オバマ同様 トランプも核戦争の危機を高めている
  • チョムスキーが語る北朝鮮とイラン:歴史の記録を見れば米国が外交よりも暴力を選んできたのは明らか
  • チョムスキーが語るシリア:難から逃れる避難民を助け外交的な解決を求めるべきだ
  • チョムスキー:CIAがウィキリークスのジュリアン・アサンジを標的にするのは「恥ずべき行為 」

2017/4/25(火)

  • アーカンソーの2人の死刑執行の目撃者:囚人の最後は不手際な苦痛を伴うものだったかもしれない
  • コーネル・ウエストとサンダースの元スタッフ 新党「民衆党」へのバーニー引き抜き運動開始
  • BDS運動の指導者オマール・バルグーティ 受賞したガンディー平和賞をハンガーストライキ中のパレスチナ人囚人たちに捧げる

2017/4/24(月)

  • 世界各地で何十万人もが街頭へ 地球規模マーチ・フォー・サイエンス
  • フリントの水道汚染問題を暴いたイラク系米国人医師 トランプと入国禁止令をマーチ・フォー・サイエンスで厳しく批判
  • 「法廷で会いましょう」 気候変動でトランプ大統領を告訴した子供たち マーチ・フォー・サイエンスで訴え

2017/4/21(金)

  • 米政府アサンジの逮捕状を準備  ウィキリークス訴追はすべての報道の自由への脅威とグレン・グリーンウォルド
  • 衝撃的な事実が判明 トランプの取引仲間とISISにつながる自警集団がインドネシアでクーデターを企図