映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2015/5/28(木)

  • 「公判前の処罰」:ジュリアン・アサンジ、逮捕懸念し今も在英エクアドル大使館住まい
  • ウィキリークスが1978年の米外交電報50万点を公開 イランやサンディニスタ、アフガニスタン、イスラエルまで
  • 殺しのリスト:情報当局者のLinkedInアカウントをデータベース化した「ICWatch」 暗殺計画に関与した当局者の洗い出しに
  • スノーデン捜索でボリビア大統領機が足止めに、2013年の騒動の内幕をジュリアン・アサンジが語る

2015/5/27(水)

  • ジュリアン・アサンジ:米議会で延長が危うくなったNSAのスパイ活動 それでもNSAは秘密裏に続行する権限をもつ
  • ジュリアン・アサンジTPPを語る: この秘密交渉は貿易を促進することではなく 企業による支配が目的
  • ジュリアン・アサンジ: 英原子力潜水艦の内部告発者ウィリアム・マクニーリー 重大な安全保障上の欠陥を暴露
  • ジュリアン・アサンジ リビアからの難民船に対する欧州の機密の軍事計画を語る
  • ジュリアン・アサンジ スウェーデン最高裁は逮捕状撤回を拒否 米国で捜査で新たな事実が明るみに

2015/5/26(火)

  • 137発で無罪:武器を持たないアフリカ系米国人カップルを射殺したクリーブランドの警官に無罪判決
  • アイルランドの社会革命:伝統的なカトリック国が結婚の平等投票で歴史的勝利
  • 米国支援の暗殺から35年後、エルサルバドルのロメロ大司教の列福を30万人が祝福

2015/5/25(月)

  • トム・ヘイドンが語るベトナム戦争 ペンタゴンに戦場の記憶を思い出させよう
  • 「ベトナム人は誰一人として傷つけたくなかった」 元衛生兵が回想する軍内部での反戦レジスタンス
  • 元下院議員パット・シュローダー 「平和運動はベトナム戦争の終結に『巨大な貢献』を果たした」
  • ロン・デラムズ元下院議員 「平和運動はあらゆる不正への挑戦」

2015/5/22(金)

  • 大陪審がフレディ・グレイ死亡に関与したボルティモア警官の起訴を決定
  • ニール・ヤングの新アルバム『モンサント・イヤーズ』から遺伝子組み換え作物に反対する新曲「ロック・スターバックス」を
  • カリフォルニアで非常事態宣言 大量の原油が流出したサンタ・バーバラで除去作業開始
  • 著名なアメリカ先住民シンガーソングライターのバフィー・セントメリーが50年にわたる音楽活動とアクティビズムを語る