映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2014/11/21(金)

  • オバマの措置で移民の権利に歴史的な勝利 だが先は長いと活動家は警告
  • 米国が煽る麻薬戦争にメキシコで抗議が起こる中 教会に避難する無資格移民を支援するサンクチュアリ運動
  • 「フードチェーン」 巨大企業から公正賃金を勝ち取ったイモカリー労働者を描く新作映画
  • ヴィゴ・モーテンセン ハワード・ジンの『民衆の歴史の声』10周年を支援

2014/11/20(木)

  • 最も暖かい10月から一番寒い11月へ 極端な天気の背後に気候変動?
  • 『マーク・デフリーストの人生とその思い』:フロリダ刑務所の受刑者のショッキングな試練を描く新作映画
  • 『慈悲の気持ちで十分』:ファーガソン、 刑務所改善と 貧困の対極に正義がある理由を ブライアン・スティーブンソンが語る

2014/11/19(水)

  • イスラエル市民に対する過去3年で最大の襲撃事件でエルサレムに動揺
  • 「パレスチナ人は恐怖の中で生きている」 エルサレムの襲撃事件に先立つ数カ月間の緊張と入植地拡大
  • スー族が「戦争行為」と呼ぶキーストーンXL トランスカナダ社は広報会社を雇い反対派のあら探し

2014/11/18(火)

  • ファーガソンは戦場に逆戻り? マイク・ブラウン事件の大陪審を前にミズーリ州が非常事態宣言
  • FBI対マーティン・ルーサー・キング:J・エドガー・フーバーが公民権指導者に宛てた「自殺を迫る手紙」の中身
  • 議論なし:米国によるイラクとシリア攻撃の前に大企業系テレビニュースで欠けていた反戦の声

2014/11/17(月)

  • オバマ大統領の移民政策は不充分過ぎ? 提案策は在留資格のない移民全体の半分以下が対象に
  • オバマ大統領が移民政策を準備 国外退去と戦い続けることを誓う移民者権利の活動家ら
  • ナオミ・クライン:キーストーンXLパイプラインを拒否しよう 破壊的な温暖化を防ぐには根本的な変化が必要
  • 北端で起こる恐怖:気候変動で北極でのホッキョクグマによる襲撃が増えている?