映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2016/12/1(木)

  • コーネル・ウエスト ドナルド・トランプを語る: これが「ネオ・ファシスト」というものだ
  • コーネル・ウエスト: バーニー・サンダース議員とは異なり 私は民主党の改革については懐疑的
  • コーネル・ウエスト キース・ラモーン・スコット射殺事件を語る: 黒人男性を殺害した警官がまたも起訴されず
  • コーネル・ウエスト: 米先住民の歴史的蜂起に連帯感を表明するためスタンディング・ロックに向かう
  • 公(立学校)最大の敵: 億万長者のベッツィー・デボスを トランプが教育長官に指名

2016/11/30(水)

  • ジル・スタイン:電子投票は不正操作 ハッキング 人為ミスを起こす 再集計が必要
  • ローレンス・レッシグ:選挙人団がトランプではなくクリントンを選ぶことは憲法で認められている
  • 元法務書記官:星条旗を燃やす人を投獄しろというトランプの脅しには アントニン・スカリアでさえあの世で仰天
  • サイバーセキュリティの専門家 ブルース・シュナイアー:米国の選挙は必ずハッキングされる

2016/11/29(火)

  • デモクラシー・ナウ!特番:バーニー・サンダースが語るトランプの勝利と民主党再構築の必要性
  • バーニー・サンダース:民主党予備選中に企業メディアが自分の演説を放送しなかったことに「あぜんとした」
  • バーニー・サンダースが語るダコタ・アクセス・パイプラインと米政府による条約権利違反
  • トランプについて語るサンダース:この恐ろしい課題に打ち勝つために人々をどう動員するかを我々は日々考える必要がある
  • バーニー・サンダースが語るウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州での票集計のしなおしを求める緑の党の取り組み
  • バーニー・サンダースが語るキューバの革命家フィデル・カストロの人生と功績
  • 2020年にもバーニーの情熱を感じることになるか?: サンダースが語る大統領選に再び立候補する可能性

2016/11/28(月)

  • フィデル・カストロ90歳で死去600回の暗殺未遂と11代の米大統領との対峙
  • キューバの知られざる歴史 アフリカの独立運動を支援したフィデル・カストロ
  • 米国の帝国主義への抵抗の道があることをラテンアメリカに示したフィデル・カストロ
  • ハバナとワシントンの関係正常化への道のりをトランプは後戻りさせるか

2016/11/25(金)

  • ブラックリストに載せられた作詞家 エドガー・イップ・ハーバーグ追悼:「オズの魔法使い」に虹をかけた男