映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2015/3/4(水)

  • ミシェル・アレグザンダー: ファーガソンが教示するのは「人種的統制」を試みる刑事司法制度の解消
  • ミシェル・アレグザンダー:昨今の集団的投獄危機のルーツは奴隷制度やジム・クロウ法に遡る

2015/3/3(火)

  • ノーム・チョムスキー:ISISに対処するには米国がイラク戦争の混乱と武装勢力登場を促した責任を認めることが必要
  • チョムスキーが語るキューバ:数十年にわたる米国の干渉と「テロ活動」のはてに、国交正常化は我々ができる最低限のこと
  • ノーム・チョムスキー:ベネズエラが経済回復に奮闘する中、米国はベネズエラ政権を弱体化しようとする試みを止めるべき
  • チョムスキーが語る スノーデンと、NSAの監視がテロを防止しない一方で米国の無人機戦争がテロを生み出す理由
  • チョムスキー:財政緊縮という「階級闘争」のなかでギリシャのシリザとスペインのポデモスが直面する「野蛮な反応」
  • ノーム・チョムスキーが語る「黒人の命は大切」:米国はなぜ奴隷制と人種差別の歴史を認めようとしないか?
  • ノーム・チョムスキーが語る人生と愛:86歳にして現役 有名な体制批判家は新婚

2015/3/2(月)

  • ノーム・チョムスキー:イランとの核交渉に反対するイスラエルの目標は生き残りではなく地域支配だ
  • ノーム・チョムスキー:イランをめぐる小競り合いがあってもイスラエルによる占領を支持し続ける米国
  • ノーム・チョムスキー:ウクライナの中立維持がロシアとの和平の道を開く
  • イラク戦争によるイスラム国の誕生 イスラム国との戦いを米政策が損なう理由 ノーム・チョムスキー

2015/2/27(金)

  • オープン・インターネット維持のFCC票決を「歴史的」と称える「ネットの中立性」の父ティム・ウー
  • イスラム国による博物館&図書館の破壊は文化と民族の浄化と古美術研究家
  • ワシントン州で武器をもたないメキシコ人農業労働者の警官による射殺に激しい抗議
  • 共和党の大統領候補を狙うスコット・ウォーカー知事 ウィスコンシン州の抗議者をISIS戦闘員と同一視

2015/2/26(木)

  • シカゴに「ブラックサイト」? 警察、勾留と尋問用秘密施設の運営で告発される
  • 拷問の輸出:グアンタナモでの暴力行為の背後に 元シカゴ市警察刑事
  • 誰が「イスラム国」に資金提供しているのか? ISISの成功の鍵といわれる湾岸石油産出国の個人寄付者たち