映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2014/8/29(金)

  • 全国的なトレンドを先取り?NY市の全日制保育所の開始に5万人が殺到
  • 深まるウクライナ危機 ロシア軍の越境でNATOは東欧での展開拡大に動く
  • 米国のシリア・イラク空爆でイスラム国は弱まるか? 志願兵を増やすだけかも
  • ホワイトハウス前で145人逮捕 グチエレス議員 オバマに大量国外追放の停止を要請
  • グチエレス議員:シカゴの殺人事件急増は根深い貧困と失業の問題に関係している
  • ファーガソンの弾圧 非白人地域を主な標的とした警察の軍事化に見直しを促す

2014/8/28(木)

  • 地球温暖化に挑めるのは「大規模な運動のみ」  一方で 法的拘束なしの協定で妥協するオバマ政権
  • 税金逃れワッパー? バーガーキング、ティム・ホートンズとの合併で 本社をカナダへ移転
  • 史上最大の税金詐欺:利益を海外に置き 10億ドル単位の税金逃れをする米企業の手法
  • ビデオに収められた警察による職権乱用 映像記録の保存と拡散方法の新たな手引き

2014/8/26(火)

  • 「正義があるはず」:セントルイスでのマイケル・ブラウンの葬儀会場外で会葬者らにインタビュー
  • 米国は何かがおかしい:マイケル・ブラウンの葬儀がもたらした永続的な活動を求める声
  • ヴィジャイ・プラシャド「2011年のNATOによるリビア空爆で台頭した武装勢力が石油産出国をめぐり戦闘中」

2014/8/25(月)

  • 予期せぬ負の結果:「イスラム国」は米国のイラク進攻と国家破壊から生じた ヴィジャイ・プラシャドが語る
  • 「息ができない!」:警官に首をしめられて死んだエリック・ガーナー NYで抗議デモ 全米で警官の暴力への抗議行動
  • ヒップホップのタリブ・クウェリとローザ・クレメンテ 警官暴力への闘争の「グラウンド・ゼロ」ファーガソンから語る