映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2014/8/19(火)

  • 牧師:ファーガソンの警察の弾圧で、私には聖職服よりもガスマスクが必要
  • 活動家:新世代にとって、ファガーソンは警察の抑圧に対する非暴力の市民的不服従の歴史的転機
  • セントルイスの活動家:1968年の都市暴動から数十年後も、鍵となる経済的、人種的問題は解決されないまま
  • 「警察の過剰な取締りと不十分な保護」:マイケル・ブラウンの射殺事件で、顧みられていない黒人コミュニティの現状あらわに

2014/8/18(月)

  • ミズーリ州ファーガソンに州兵派遣:警官はマイケル・ブラウンに6回発砲 遺族による検視で判明
  • セントルイスの牧師:ファーガソン警察署長トム・ジャクソンは辞任すべき
  • ファーガソンで組織的人種差別? 初の黒人校長が強制退職後に話す
  • 「人権危機」:前代未聞 アムネスティ・インターナショナルがファーガソンに監視員を派遣
  • ファーガソン抗議行動 南北戦争の引きかねの1つとなった元奴隷ドレッド・スコットの墓近くで発生

2014/8/15(金)

  • 全国的な抗議の声でファーガソン警察は射殺への抗議行動を鎮圧する軍隊装備を放棄
  • 警官か兵士か?国防総省や国土安全保障省が戦闘用装備でファーガソン警察を武装
  • 世界保健機関(WHO)はエボラ熱の死亡者数を過小評価と警告 深刻な危機に国際社会はどう対処すべきか?

2014/8/14(木)

  • 軍用武器で武装したミズーリ警察 黒人少年射殺抗議デモに 厳しい取り締まり
  • 天安門よりもひどい? エジプト軍による反クーデター抗議者800人殺害1周年
  • 新設の家族用勾留センターに保釈なしで拘束される亡命申請中の移民女性と子どもたち

2014/8/13(水)

  • ISIS台頭:米軍のイラク侵攻 海外支援されるシリア反乱兵 ジハード進行をあおる
  • グレン・グリーンウォルドが語るイラク: 米国の「人道主義」は石油の豊かな地域を掌握するためのもの
  • グレン・グリーンウォルド:イスラエルのガザ侵略を可能にする米情報機関が供給する「主要要素」
  • グレン・グリーンウォルド スノーデン暴露の影響についての報道でCIA関連企業に頼る 米公共放送を批判