映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2016/5/4(水)

  • 「ニューヨークが生んだ最高に口達者なペテン師」:ドナルド・トランプの共和党大統領選指名が確実に 問われぬ組織犯罪とのつながり
  • 「もうひとつのニューヨークの声」:ニューヨーク・ジャーナリズムの殿堂でのフアン・ゴンザレスのスピーチ
  • 革命的なスト指導者でコラムニスト:フアン・ゴンザレス 29 年間仕事したニューヨーク・デイリーニュース紙を退職

2016/5/3(火)

  • ジェレミー・スケイヒルが振り返る長年の友人ダニエル・べリガン神父:「彼は道徳的な偉人だった」
  • 『暗殺複合体』:ジェレミー・スケイヒルとグレン・グリーンウォルドが新著で米国の極秘無人機戦争を徹底検証
  • 「これは機密漏えい漏えいとの戦いではなく、内部告発者に対する戦争だ」:スノーデンがスケイヒルの新刊で序文を執筆
  • ジェレミー・スケイヒル:クリントンは伝説的なタカ派、しかしサンダースが政権交代劇で果たした役割も見過ごせない

2016/5/2(月)

  • ダニエル・ベリガン神父追悼:反戦司祭&詩人の生涯と功績を振り返る
  • マーティン・シーン、ベリガン神父と逮捕された日は「生涯で最も幸せな日」
  • ベリガン神父の02年インタビュー:911一周年と北ベトナム訪問を語る
  • ベリガン神父の06年インタビュー:マクナマラ国防長官のベトナム戦争観をふりかえる
  • 「彼の言葉はいつも美しさに満ちていました」 姪フリーダ・ベリガンが語る反戦司祭ダニエル・ベリガン
  • 友人の語るベリガン神父:「彼はヒーローではなくコミュニティーを信じた」
  • 「大義はこの胸の鼓動」 ベリガン神父による詩「ある者」の朗読

2016/4/29(金)

  • カリフォルニア大学デービス校 36日間の学生占拠を経て学長が休職に
  • 化石燃料投資撤運動が全国に広がり 北アリゾナ大学では学生が座り込みデモ
  • 歴史家ピーター・ラインボー 「メーデーに関する未完で正真正銘の素晴らしい歴史」を語る
  • レーナ・ロスマン デモでトランプ支持者に暴行されたら警察は彼でなく私を逮捕した

2016/4/28(木)

  • ノーム・チョムスキー: サンダース支持の若者たちは「米国を変える力を秘めた集団」
  • 前ギリシャ財務相:IMFの大規模な救済措置は「緊縮政策版ポンジー・スキーム」だ
  • ヤニス・バルファキス: ギリシャへの救済措置はただの見せかけ 実体は独・仏銀行への支払い
  • 「我が党は債権者にノーと言うために選挙で選ばれたのだ」 前ギリシャ財務相辞任の理由を語る
  • 前ギリシャ財務相バルファキス: 欧州の「ホットスポット」 難民登録センターは「強制収容所」だ