映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2016/5/23(月)

  • 米国防総省がいかに内部告発者の人生を狂わせたか それがスノーデンの漏洩の布石となったことが明らかに

2016/5/20(金)

  • 370人を乗せた移民船「駒形丸」の上陸拒否事件から100年 カナダ政府が人種差別を謝罪
  • カナダの占拠:先住民運動と「黒人の命も大切」の運動が団結して暴力と軽視に抗議

2016/5/19(木)

  • ロバート・マクチェズニー:大手の企業メディアは クリントン陣営の視点で2016年大統領選を報じている
  • トランプ候補 ニューヨーク・タイムズ紙を訴えると宣言 報道の自由軽視の発言をまたも繰り返す
  • ロバート・マクチェズニー:フェイスブックの独占状態と監視活動は 報道の自由と自由な社会とは相容れない
  • オバマ大統領の地元シカゴで 米国生まれの子ども5人の父親が 国外退去処分を恐れ教会に庇護を求める
  • 反骨の記者:詩人で活動家の故ジョン・ロスを振り返る 独立系記者についての新刊

2016/5/18(水)

  • ドナルド・トランプはいかに貿易戦争の危険を冒し 人種差別の一線を越え 米国の保守主義に大混乱を巻き起こしたか
  • 712 人の民主党特別代議員が 2016 年大統領選の明暗をわけるのか?特別代議員の秘史を解明
  • 活動家達がシカゴ警察による「恐怖支配」の終焉を求める中 レキア・ボイド殺害警官が辞職

2016/5/17(火)

  • ノーム・チョムスキーが語るシリア紛争:武器供給を絶ち、空爆をやめて残虐行為を食い止めるべき
  • チョムスキー:サウジアラビアは「急進的イスラム過激派の中」で、スンニ派の間に広がっている
  • ノーム・チョムスキー:ブラジルのジルマ・ルセフ大統領は「盗賊団に弾劾された」
  • チョムスキー:現在の共和党は人類史上最も危険な団体となりうる
  • チョムスキーが語るオバマの広島訪問と大統領の残したもの:「褒めることは何もない」
  • チョムスキーが語る故マイケル・ラトナーと、地域的影響力の減少を避けるために米国がキューバとの関係を緩和した過程