映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2017/1/19(木)

  • オバマ大統領の任期最終日に振り返る 功罪相半ばする彼のレガシー&ワシントンにおけるネオ・ファシズムの高まり
  • ラシード・カリーディ:オバマはイスラエル入植拡大を非難したが それは8年間の彼自身の政策と矛盾する
  • 気候変動否定派のスコット・プルーイット 上院承認公聴会で抗議に直面 2016年の気温は史上最高
  • トランプ 農務長官に農業ビジネスと化学工業界のお気に入り ソニー・パーデューを指名
  • シドニー・ウルフ医師:保健社会福祉省長官に指名されたトム・プライスの「残酷な」オバマ・ケア廃止案

2017/1/18(水)

  • チェルシー・マニングの弁護士:オバマ大統領による減刑で 内部告発者マニングの命が「救われる」
  • ジェレミー・スケイヒルが語る オバマ政権によるチェルシー・マニングの減刑とエドワード・スノーデンへのあいも変わらぬ悪者扱い
  • オバマ大統領による減刑で プエルトリコの独立運動活動家オスカー・ロペス=リべラが釈放へ
  • 活動家 オバマ大統領にレナード・ペルティエの恩赦を懇請 釈放がなければ刑務所での死と警告
  • ジェレミー・スケイヒル:教育長官に指名されたベッツィー・デボスは LGBTに反対する財団との関係について上院公聴会で噓をついた?
  • スケイヒル:ブラックウォーター社創設者で ベッツィー・デボスの弟エリック・プリンス トランプに密かにアドバイス

2017/1/17(火)

  • トランプ  キング牧師記念日の週末に公民権運動の象徴ジョン・ルイスを攻撃 ルイスが語る1965年の血の日曜日
  • 狂った道化の大統領:マット・タイビが記録した「大富豪の快楽主義者」ドナルド・トランプの大統領選
  • 特別報告 物議を醸しているオバマの移民家族のこう留政策、トランプ政権下で拡大の可能性

2017/1/16(月)

  • 新たに発見された1964年のキング牧師演説 公民権、人種分離、南アフリカのアパルトヘイトについて語る

2017/1/13(金)

  • 国防長官指名承認公聴会でジェイムズ・マティスは米軍の攻撃力を高めるよう提案
  • 国防長官に指名されたジェイムズ・マティス トランプ次期大統領が批判するイランとの核合意の施行を約束
  • トランプが指名した国防長官 2013年の退役後に防衛産業で巨万の富を築く
  • 黒人民主党議員 公聴会の最後に証言なんて「バスの後部座席」に座らさせた感じ