映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2016/2/8(月)

  • トランプ 拷問容認へと共和党の突進をリード 「水責めよりずっとひどいのを復活させる」
  • もうひとりのブッシュで再び先制戦争? ジェブ・ブッシュ 北朝鮮に対する軍事攻撃を支持
  • 不動産王トランプ 開発を目的とする私用収用を支持
  • トランプ:「警察は間違いなく不当な扱いをうけている」 ケーシックは地域と警官の協力を支持
  • 伝説的ポップスター、ビヨンセがスーパーボウルを席巻 ブラックパンサー、「#黒人の命も大事」をハーフタイムショーで示唆

2016/2/5(金)

  • クリントン ウォール街からの献金をサンダースに指摘され「狡猾な中傷」と反撃 
  • サンダース&クリントン 2002年のイラク開戦投票をめぐり激論 クリントンはヘンリー・キッシンジャーを称賛
  • ヒラリー・クリントン ゴールドマンサックスでの有償講演の原稿公開を約束することを拒否
  • 「大きな勝利」 ジュリアン・アサンジ 国連作業部会による釈放要求に歓喜

2016/2/4(木)

  • アサンジの拘束は「恣意的」と国連が判断 アサンジ解放につながるか?
  • ロリ・ウォラック: TPPが署名されたことは戦いの始まりに過ぎない TPPを止めることは可能
  • 「ミシガンには毒殺犯がいる」:下院議員 フリント水道水危機を 信者を集団自殺に導いたカルト宗教教祖にたとえる
  • 独占:フリント郡刑務所の受刑者は どのくらいの期間 鉛入りの水を飲んだのか?
  • ジカ・ウイルス:気候変動と生態系要因が アメリカ大陸での急速なウイルスの広がりの原因か?

2016/2/3(水)

  • 公共の民営化: 水道の水源をフリント川に切り替えた非常事態管理者 デトロイト公共学校システムの管理者を辞任
  • ユダヤ系平和グループが明かす パロディ版ニューヨーク・タイムズ紙が批判した同紙のスラエルに対する姿勢
  • マイケル・エリック・ダイソンの新著: 『黒人大統領:バラク・オバマとアメリカにおける人種の政治』

2016/2/2(火)

  • アイオワ州党員集会:バーニー・サンダースがヒラリー・クリントンと接戦、テッド・クルーズはドナルド・トランプに逆転勝ち
  • アイオワ州での大接戦後、クリントンはサンダースの猛追を止めるために、より左派に動くのか?
  • アイオワ州で始まったホワイトハウスへの道、しかしそれはすでに裕福な資金提供者たちに売られているのか?
  • ゴールドマン・サックスに関する質問を一笑に付したクリントン、しかし特別利益団体からの数百万ドルの現金は無視されるべきなのか?