映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2017/9/22(金)

  • イエメンで民間人16人殺害の爆弾は米国製 アムネスティ・インターナショナルが発表
  • 「彼の笑いは戦いの雄叫び」 コメディアンで偉大な人権活動家ディック・グレゴリー追悼に数千人
  • 北朝鮮との緊張が続く中 米国の反対を尻目に51カ国が核兵器禁止令に署名

2017/9/21(木)

  • プエルトリコに迫る大規模な環境災害 ハリケーン「マリア」と大規模停電が追い討ち
  • 「核戦争は現実的脅威」とジェフリー・サックスが警告  トランプが北朝鮮を「完全に破壊する」と脅す中
  • 経済学者ジェフリー・サックス:イランとの戦争を望まない米国市民は いま声をあげるべきだ
  • 国連総会は気候変動対策を最優先も トランプ政権はパリ協定からの離脱を再宣言
  • 「長き一夜」 作家アンドレア・ピッツァーが強制収容所の歴史と今日の不寛容の高まりを語る

2017/9/20(水)

  • メキシコ地震で数百人が死亡 1985年の大地震の記念日に
  • ハリケーン・マリアがプエルトリコ直撃 ここ百年で最大級になるおそれ
  • オバマケア改廃への賛成票確保をめざし 共和党上院議員が最後のあがき
  • 軍部の民族浄化作戦が続行されれば すべてのロヒンギャがミャンマーから追放されかねない 支援者が警告
  • トランプ大統領 キューバを「世界のほとんどにとって敵」と糾弾 制裁の継続を言明

2017/9/19(火)

  • ルイス・グティエレス下院議員:DACAの撤廃のようなトランプの「人種差別」政策に彼が抗議する理由
  • ドゥルセ・ガルシア:DACA撤廃でトランプを提訴したドリーマーで移民弁護士
  • 現在Airbnbで利用可能なトランプの幼年期の家に難民たちが移民への弾圧抗議のために滞在

2017/9/18(月)

  • ナオミ・クライン:トランプの同意を得るために欧州はパリ協定を骨抜きにするかもしれない
  • ナオミ・クライン:ハリケーン被災地で「ショック・ドクトリン」が稼動し始めている
  • ノーでは足りない:バーニーの国民皆保険草案と民主党の未来をナオミ・クラインが語る