映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2018/4/20(金)

  • ディルマ・ルセフ「ルラ投獄はブラジルの民主主義を蝕むクーデターの一部」
  • ディルマ・ルセフ「ブラジル極右の台頭は独裁政権後勝ち取った民衆主義を脅かす」
  • アースデイ2018 プラスチックによる海洋汚染、土壌汚染、体内汚染を撲滅

2018/4/19(木)

  • ラシード・ハリディ:イスラエルの警備組織は パレスチナの非暴力運動を恐れている
  • モアザン・ベッグがシリアを語る:「前例のない」大虐殺回避のためにイドリブ周辺に飛行禁止区域設定が必要だ
  • ラシード・ハリディ:シリアの代理戦争終結が 犠牲者を出す紛争解決への鍵だ
  • 元グアンタナモ囚人モアザン・ベッグ 拷問および米管理下の刑務所がいかにISIS誕生の一端を担ったか
  • 衝撃的調査で 米国の黒人母子は生死に関わる危機に瀕していることが明らかに

2018/4/18(水)

  • 限定なき世界戦争の恐れ:宣戦布告権限をトランプ大統領に白紙委任する上院の動きにアメリカ自由人権協会が警告
  • トランプ大統領はアメリカ随一の武器セールスマン 兵器産業の販促に努め輸出規制を弱体化
  • デトロイトの妊娠中の黒人女性活動家が家族の正当防衛の末 刑務所へ

2018/4/17(火)

  • 家宅捜査でFBI押収文書の大統領による閲覧を裁判所が却下 トランプの法的心配ごと増える
  • 25年間で最悪の米国刑務所暴動が明らかにする全米の刑務所の非人道的な状況
  • ヒップホップアーティストのケンドリック・ラマーが歴史的快挙のピュリッツァー賞受賞

2018/4/16(月)

  • シリア系米国人活動家 「米国の部分的空爆は、アサドに『大量殺戮を続けてよい』というメッセージを送ることになる」
  • 内部告発者チェルシー・マニング 「『任務完了』という言葉は聞いたことがある」
  • ガザでパレスチナ人が続ける抗議活動「帰還のための大行進」が3週目に
  • 警官に殺されたサヒード・バッセルの両親 息子の死に至る全ビデオの公開を警察に要求