映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2016/6/28(火)

  • 米最高裁の中絶裁判 原告が歴史的な勝利を称賛、しかしクリニックのための闘いは終わっていないと言及
  • ジェシー・ウィリアムズのBETアワードでの力強いスピーチ:「白い社会が我々を利用し虐待するを見るのはもうたくさん」
  • 全米で異常気象が発生 気候変動に関する民主党の新たな政策は弱すぎるか?
  • カリフォルニア:猛烈な熱波と5年間の干ばつの中、山火事が「爆発的な増加率」で発生
  • 「千年に一度」の洪水がウエストバージニア州を破壊、23人が死亡

2016/6/27(月)

  • ブレグジットは何を意味するか ポール・メイソンが語る英国の経済的・政治的危機の拡大
  • ブレグジットを喜ぶトランプ 「ポンドが下がればスコットランドの自分のゴルフコースに来る人が増える」
  • シェーン・バウアー、民間刑務所に潜入取材 警備員として過ごした4カ月を語る

2016/6/24(金)

  • 討論:英国民投票の衝撃 英急進派はEUの新自由主義からの「レフト・イグジット」を先導できるか
  • オバマ大統領の移民政策 連邦最高裁で暗礁に乗り上げる 「毎日怯えながら生きる」移民
  • 在留資格のない母と市民権を持つ娘 最高裁の判断にかかわらず強制送還をやめるようオバマ大統領に求める
  • 教育の機会均等への大勝利 最高裁が人種を考慮する入学選考を支持
  • フレディ・グレイの死に関与した警官がまたも無罪 悪意のある殺人と乱暴な運転の罪には問われず

2016/6/23(木)

  • 「採決させろ!」:ジョン・ルイス下院議員が銃規制法案の採決を求めて歴史的な座り込みを先導
  • 銃購入の可否をテロ監視リストに結びつける民主党の法案は 銃規制への第一歩か それとも危険な先例か
  • オーランドの銃乱射事件を受け フロリダ州のアラン・グレイソン下院議員が「攻撃用武器規制法」の復活に意欲
  • 殺害されたバージニア工科大学教授の娘: 米国の銃による暴力の蔓延に取り組まなければならない
  • コロンビアとコロンビア革命軍(FARC)歴史的な平和協定で停戦に同意 実施への長い道のりが始まる

2016/6/22(水)

  • トーマス・フランク クリントンと民主党の体制を語る:民衆の党に何が起きたのか?
  • ジョー・コックス殺害犯が参加した 2000 年のネオナチ集会を組織した FBI 密告者に聞く
  • 数十年にわたる抗議活動の末 カリフォルニア州最後の原発が閉鎖に 再生可能エネルギーに転換