映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2014/12/19(金)

  • 無料の幼稚園前保育から有給病気休暇、昇給まで デブラシオNY市長 進歩的な公約を 実現
  • ニューヨーク州フラッキングを禁止 住民の健康をめぐる市民の反対の声を反映
  • ブッシュ チェイニー ラムズフェルド CIA幹部は拷問の罪で裁かれるべきか?ドイツで戦争犯罪の告訴
  • アサタ・シャクール:米・キューバ関係正常化で指名手配中の亡命ブラックパンサーの身に何が?

2014/12/18(木)

  • 過去の足かせを経ち切る:米国とキューバ 新たな国交関係の夜明けを発表
  • 「キューバの5人」釈放は キューバを崩壊させようとした 数十年に渡る米国の試みの失敗を意味するのか?
  • 米・キューバ国交正常化に向け オバマ大統領は 対キューバ経済封鎖を 議会の承認なしに解除できるか?

2014/12/17(水)

  • パキスタンの不安定化:タリク・アリ タリバンの学校襲撃は米国のアフガン侵攻のつけ
  • マイケル・ブラウン殺害を不起訴にした大陪審の証人は人種主義者で精神を病み虚言癖のある元受刑者
  • 報道の自由の闘い:CIA内部告発事件をめぐりジェームス・ライゼン記者に出頭命令 

2014/12/16(火)

  • 2人の心理学者がCIAの拷問法を生み出し、世界最大の心理学者団体が虐待を可能にしたのか?
  • 「心理的拷問は米国の法律によって守られている」:虐待における共謀はブッシュ時代よりはるか前から始まっていた
  • マイク・グラベルが上院議員マーク・ユーダルに要請:私がペンタゴン・ペーパーのときにしたように拷問調査の全てを公開せよ

2014/12/15(月)

  • なぜ私たちの息子は射殺されたの? 警察に殺害された黒人犠牲者の両親がワシントンD.C.デモを率いる
  • 黒人若者が組織したNYの「ミリオンズ・マーチ」に数万人 一連のデモで最大規模
  • リマ開催のCOP20  温室効果ガス削減で合意 壊滅的な気候変動に歯止めをかけられるか?