映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2015/3/27(金)

  • イエメンに新たな戦争はいらない:サウジによる攻撃2日目に突入 サヌアから報告
  • イエメン危機:国内紛争が地域紛争として泥沼化するおそれ
  • アフリカの経済学者のサミール・アミンが語る 世界社会フォーラム グローバル化&野蛮な資本主義

2015/3/26(木)

  • 終わりなき戦争:米はティクリート空爆開始しアフガニスタン撤退を遅延 一方「対テロ戦争」犠牲者数は130万人に
  • 反対する戦争を逃れ タリバンに拘束され非人道的扱いを受けたボウ・バーグダール 脱走の罪で告発される
  • 気候変動否定論の億万長者がなぜ有名科学博物館の役員なのか? 公開書簡、関係の断絶を呼びかけ

2015/3/25(水)

  • ソンミ村再考: 虐殺から47年 セイモア・ハーシュ 彼が暴露した米軍による大虐殺の現場を訪れる
  • 「移民を抑制するための拘留は違法」との裁決をよそに 民間経営による 移民家族用の拘置所が増加 

2015/3/24(火)

  • 解放して破壊する:イラクのシーア派武装集団、スンニ派の村を略奪し焼き尽くした疑い
  • イラク政府のISISとの容赦なき戦いの裏側:混乱する米侵攻後のイラクを支配する武装集団
  • 米政府憤慨、ネタニヤフとの対立を宣言 しかし占領に対する米国の重要な支援を終わらせるつもりはあるのか?

2015/3/23(月)

  • イエメンの危機:米国が無人機基地を閉鎖して部隊撤退 国連は内戦を警告
  • ダニー・シェクター追悼:アパルトヘイト下の南アフリカ、オキュパイ運動、キッシンジャーを取材したメディア先駆者