映画 『アクト・オブ・キリング』でインドネシアの「死の部隊」幹部が大虐殺の場面を再演

新作ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』(The Act of Killing)のジョシュア・オッペンハイマー監督へのロング・インタビューです。この作品は、1965年に民主的な選挙で選ばれた政府を転覆させた軍部と準軍事組織が百万人に上る自国民の大量虐殺を行ったインドネシアが舞台です。この軍事政権は米国が後援し、指導者のスハルト将軍はその後数十年にわたってインドネシアを支配することになりました。過去の大量虐殺を清算するための真実和解委員会が設けられたこともなく、殺人を実行した者が裁かれた例もありません。この映画が描き出すのは、そうした殺人者たちが今もなお多くの人々に英雄として称えられるインドネシアという国です。オッペンハイマーは8年以上かけてインドネシアの死の部隊の幹部たちを取材し、彼らと協力して虐殺の現場をリアルに再現する映画『アクト・オブ・キリング』をつくりあげました。幹部たちは各自の好みのアメリカ映画のスタイルを選んで殺人の場面を演じてみせます。典型的なハリウッド様式のギャング映画からミュージカル・ナンバーまで、さまざまなスタイルが使われています。取材された幹部の中でもとりわけ重要な人物はアンワル・コンゴといい、千人にも及ぶほどの多数の殺害を自らの手で実行し、現在は活動的な右翼民間軍事組織の創設者として崇められています。インドネシアにおけるこの映画の影響に関してもオッペンハイマー監督に質問しました。インドネシアでは大虐殺の生存者やジャーナリストたちが新たな調査を始めており、この人たちに向けてこの映画が上映されました。映画には共同監督がいて、一人はクリスティン・シン、もう一人はインドネシア人ですが報復を怖れて名を明かしていません。同じ理由でインドネシア人制作スタッフの多くも匿名です。制作責任者はワーナー・ハーツォグとエロール・モーリスです。『アクト・オブ・キリング』 はニューヨーク市で本日から公開、ロサンゼルスとワシントンDCでは7月26日から、その後に全米で公開となります。

最近のニュース

2018/1/19(金)

  • 不法移民対策が争点で米政府機関閉鎖の可能性高まる トランプの難民拒否は世界で連鎖反応を引き起こす?
  • キーアンガ=ヤマッタ・テイラー:米民主党はサンダース支持者を排除したことの報いを受ける 
  • キーアンガ=ヤマッタ・テイラーが語る 『自由になる方法:黒人フェミニズムとコムビー川共同体』

2018/1/18(木)

  • デイビット・ケイ・ジョンストン:トランプは人種差別や常軌を逸した行動から目を逸らせるために 戦争を引き起こそうとしている
  • 『あなたが思うよりもずっと悪い』:デイビット・ケイ・ジョンストン トランプ政権1年目を語る
  • トランプの伝記作家:トランプは少なくとも過去100年で「最も人種差別主義な」米国大統領だ
  • トランプの規制緩和政策は 労働者に悪影響を及ぼし 米環境保護庁の科学者の口を封じ 環境汚染を広める 
  • トランプの伝記作家 トランプの認知力低下と弾劾の可能性を語る

2018/1/17(水)

  • 「移民刑務所からの手紙」:移民の権利擁護運動指導者ラビ・ラグビアのことば
  • ニューヨーク市議会議員ジュマ二・ウィリアムズ:移民を守るため市民的不服従活動が必要
  • ニューヨーク市の移民の権利擁護活動家ジーン・モントルビユがハイチへの追放後にコメント:「とても惨めな思いです」
  • 移民・関税執行局(ICE)が移民活動家をターゲットに? 拘束や国外追放処分を受けた指導者の家族が語る
  • 移民・関税執行局(ICE)は、我々にメッセージを送っている」:マル・モラ・ビヤルパンドが語る国外退去のターゲットとされること

2018/1/16(火)

  • 『彼らがあなたをテロリストと呼ぶとき』:黒人の命も大切の共同設立者パトリス・カーン=カラーズの人生

2018/1/15(月)

  • キング牧師生誕の日 最近になって発見された1964年の演説でキング牧師が公民権、人種分離、南アフリカのアパルトヘイトについて語る