グアンタナモ収容所の悲惨な状態:130人以上の囚人がハンストを決行 数十人が強制的に栄養を与えられる

グアンタナモ米軍基地の収容所でハンガーストライキを行っている囚人数が100人に達したことを初めて米軍が認めました。ハンストを行っている人の約5分の1は、現在、強制的に栄養を与えられています。囚人の弁護士たちによると、130人以上の男性がこの2月から始まったハンストに参加しているそうです。ハンスト参加者の一人は、イエメン人のサミル・ナジアル・ハサン・モクベルです。ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された手紙の中で「毎日、自分の食事を拒否し、命の危険を犯すというの方法を、私たちは選びました。私たちが味わっている痛みをきっかけに、手遅れになる前に世界の目がもう一度グアンタナモに目を向けることを望んでいます」と語っています。本日は、グアンタナモの囚人11人を代表する弁護士、カルロス・ワーナーに話を聞きます。26日、彼は囚人の一人と話をしました。「彼らが拘禁されているのは、残念ながら、大統領にグアンタナモ収容所を閉鎖する政治的意思がないからです。大統領は、それが米国の利益にかなうと思えば、囚人を移送する権限を持っています。けれども、166人のグアンタナモ囚人は米国に対してさしたる影響力ももたないため、大統領にはことを起こす政治的意思がありません。それなのに、一般の米国人は、この囚人の半分、86人にはすでに釈放の許可が出ていることを知りません」とワーナーは語ります。

最近のニュース

2017/8/21(月)

  • ディック・グレゴリー死去 新時代を開いたコメディアンで公民権活動家

2017/8/18(金)

  • アンネ・フランク・センター:嫌悪を増幅させるトランプのツイッターアカウントは一時停止されるべき
  • 人種差別 シャーロッツビルのデモに参加したファシストの甥と元ネオナチメンバー
  • トランプ政権の司法省が大統領就任抗議サイト『DisruptJ20』への訪問者130万人の個人情報を要求

2017/8/17(木)

  • 独占インタビュー:ストーンウォール・ジャクソンの曾々孫 南部連合記念碑撤去を求める
  • 「ヘイト」後の人生:元ネオナチで今は白人至上主義と闘う非営利組織 トランプ政権により補助金打ち切り
  • 卑劣でヘイトに満ちたレイシスト」:シャーロッツビルの事件後白人至上主義者の息子に ファーゴ在住の父が絶縁宣言

2017/8/16(水)

  • ダラムの南軍兵士像を引き倒し白人至上主義に挑んだ大学生
  • ブリー・ニューサム: シャーロッツビルは、米国での白人至上主義者によるテロ行為の長い歴史の最終章
  • オンティファ:街頭での白人至上主義に対峙する反ファシスト運動