潜入活動家が語る動物虐待の隠し撮りと 「農業口封じ法」がそれを中断させる理由

動物の権利について調査している人物から、彼が動物虐待を隠し撮りするのに費やした10年間と、その取り組みが今、全米に広がっている一連の法律によって危険にさらされている理由について詳しく話を聞きます。身元を明かさないという条件で話してくれたこの人物、「ピート(仮名)」は、農場や食肉処理場の求人に応募し、そこでの動物虐待を隠し撮りしてきました。彼はビデオ映像を法執行機関や「動物に慈悲を」(Mercy for Animals)などの活動家団体に手渡し、全米規模の抗議に拍車をかけたり、虐待者が摘発されることに一役買ってきました。彼の調査と映像は少なくとも15件の刑事訴訟につながり、いくつかのドキュメンタリーでも使われてきました。しかし今、ピートの取り組みは危機にひんしています。10余りの州の議会が、潜入取材によって家畜の虐待を暴露する人々を標的にした法案を導入したからです。「農業口封じ法」("ag-gag" laws)とあだ名をつけられたこれらの法律は、畜産農家で隠し撮りすることや、動物擁護団体との関係を隠したまま畜産農家の求人に応募することを違法とするものです。また、こうした法律は、活動家らに隠し撮りビデオを24時間以内に提出することを義務付けていますが、これにより活動家は資料を数多く集めたり、調査結果を自力で公表することができなくなってしまいます。

最近のニュース

2020/8/11(火)

  • ベイルートの爆発をめぐる市民の怒りの中でレバノン内閣が辞職 抗議デモは構造的改革を要求
  • 米国はなぜパンデミックに負けたのか:エド・ヤングが語るCOVID-19が地球上で最強の国に屈辱を与えた過程
  • 「刑務所は人間の居住にはふさわしくない」:新型コロナウイルスの死者数25人に 声を上げるサン・クエンティンの囚人たち

2020/8/10(月)

  • レバノン内閣総辞職 大爆発、経済危機、腐敗に怒る抗議デモうけ
  • トランプ大統領は郵便投票への攻撃の一つとして大統領選前に郵便事業を妨害するつもりか
  • 数百万人が強制退去や失業に直面 トランプの新大統領令は何の助けにもならない

2020/8/7(金)

  • 「世界一危険な男」 メアリー・トランプ 叔父のトランプを政権から追うべき理由を語る

2020/8/6(木)

  • 「人類の終焉の始まり」:広島の原爆投下から75年 被爆生存者による核兵器への警告
  • 米国政府とハリウッドが秘密裏に協力し 日本への爆撃をいかに正当化したかを明らかにする

2020/8/5(水)

  • 「絶望と破壊」ベイルートの医師 港湾地区での大爆発後の 惨状を語る
  • ジャーナリストのラミ・コウリ 「ベイルートの爆発は長年のレバノン政府の無能と腐敗への追い打ち」
  • 巨大ハイテク企業の終焉? 「犯罪者並みの」態度と権力独占にフェイスブック、アマゾン解体の声が高まる