パウエル米国務長官の国連演説から10年 当時の長官補佐官と作家ノーマン・ソロモンが討論

ちょうど10年前のこの週、ブッシュ政権がイラク侵攻を推し進めるための決定的な瞬間が訪れました。2003年2月5日、当時の米国務長官コリン・パウエル将軍が国連安全保障理事会で演説したのです。彼のメッセージは明白でした。イラクは非常に危険な大量破壊兵器を保有しており、サダム・フセインは禁止兵器を隠匿して国連調査団を組織的に欺こうとしている、というものです。10年が経ったいま、当時のパウエル長官の補佐官ローレンス・ウィルカーソン大佐とメディア批評家ノーマン・ソロモンの討論をお送りします。大佐は長官の国連演説の草稿を作成した人物で、後にその内容は誤りだったと認めました。ソロモンはWar Made Easy(『簡単にできる戦争』)の著者です。ウィルカーソンはパウエル演説に関して「あの演説が……イラクとの戦争に突入する最終的な決め手だったという批判は、誇張されたものだと信じています」と言います。「ジョージ・W・ブッシュとディック・チェイニー副大統領たちは、パウエル長官の国連演説よりずっと前にイラク戦争を行うことを決めていました……演説は開戦に弾みを付けたということです……率直に言えば、私たちはみんな間違っていました。情報部門は、根本のところで間違っていただけでなく、あまりにも政治に引きずられ過ぎていたか? まさにその通りだと思います」。これに応えてソロモンは言います。「みんなが間違っていたわけではありません。事実、数多くの専門家や活動家や研究者たちは2002年当初からイラクに大量破壊兵器があるという政権の主張は穴だらけだと言っていました……それなのに、今になって『政権側の我々だけじゃなく、他の人たちも信じていた』と言うのか。人々がそれを信じたのは政府が大々的に宣伝したからです。そしてマスメディアも大いにそれに協力しました」

最近のニュース

2020/5/22(金)

  • アフムード・アーベリ殺害事件で第3の白人男性容疑者が逮捕される 司法省はヘイトクライムとしての起訴を検討中
  • 警察署長の引退表明を受けFBIがブレノア・テイラー射殺事件の捜査に乗り出す
  • 下痢、脱水症、飢餓、消耗:インドではコロナ封鎖で農村部の貧困層が最も被害を受ける
  • マイク・デイビス:パンデミック最中に50州の封鎖解除で労働者は収入と健康のあいだの「ソフィーの選択」に直面

2020/5/20(水)

  • ニューヨーク市地下鉄の夜間閉鎖で、ホームレスが人であふれた避難所に収容されるなか、擁護活動家たちは定住できる家の提供を要求
  • 「生き続けよう、家にいよう、組織しよう」:バーバー牧師が、6月20日にワシントンで行う貧者のデジタルデモ行進への参加をよびかけ
  • ニュージャージーの公立学校の取り壊しに移民が抗議 7億5千万ドルかけてロバート・ウッド・ジョンソンがんセンターを建設計画

2020/5/19(火)

  • 各州が経済再開に急進 COVID-19の検査不足は米国にとっての「アキレス腱」とハーバード大の医師
  • 「メディアの白人化」:パンデミックによる予算カットが報道機関を破壊するなか「真っ先になくなる」のは多様性

2020/5/18(月)

  • COVID-19は世界をどう変えるか? 歴史学者フランク・スノーデンが黒死病から現在までの伝染病について語る

2020/5/15(金)

  • 「アメリカ大陸の武漢」 米国はCOVID-19陽性の移民をハイチとグアテマラに強制送還
  • 民主主義の正念場 選挙人は誓約を破ってもよいのかが最高裁で問われる
  • 「民主主義はパンデミックを乗り切れるか?」 トランプ大統領が郵送投票を攻撃し投票権が危機に瀕する