「伝説的」な元NY名物市長逝く 人種間緊張と社会政策など様々な毀誉褒貶

民主党の元ニューヨーク市長エド・コッチが1日未明、逝去しました。88歳でした。1978年から89年までニューヨーク市長を3期にわたって務めたコッチは、市を財政破綻の瀬戸際から救った功績を広く認められていますが、デモクラシー・ナウ!の共同ホストであるフアン・ゴンザレスは、その成功が労働組合の犠牲の上に達成されたものでもあったと指摘します。若かりし頃のベトナム戦争反対運動から、アフリカ系市民やラティーノ市民との敵対関係、低所得者総向けの大規模な住宅プログラムの開始、さらにはニューヨーク市のHIVエイズ禍初期の政治的対応で批判を浴びるなど、ゴンザレスはコッチを毀誉褒貶の激しい人物だったと言います。また気骨のある立ち振る舞いでも知られており、そのために全米的な人気を得たり何度も政治的な論議を巻き起こしたりしました。「喧嘩っ早いニューヨーカーのスピリッツをいつも体現していたという感じですかね」とゴンザレスは言います。「彼の有名な台詞に『オレってどんな感じだ?うまくやってるかい』というやつがありますが、みんな、思うにいま彼の時代を振り返ってみれば『ああ、市長、あんた、かなりよくやったよ』と言うんじゃないでしょうか」

最近のニュース

2020/5/22(金)

  • アフムード・アーベリ殺害事件で第3の白人男性容疑者が逮捕される 司法省はヘイトクライムとしての起訴を検討中
  • 警察署長の引退表明を受けFBIがブレノア・テイラー射殺事件の捜査に乗り出す
  • 下痢、脱水症、飢餓、消耗:インドではコロナ封鎖で農村部の貧困層が最も被害を受ける
  • マイク・デイビス:パンデミック最中に50州の封鎖解除で労働者は収入と健康のあいだの「ソフィーの選択」に直面

2020/5/20(水)

  • ニューヨーク市地下鉄の夜間閉鎖で、ホームレスが人であふれた避難所に収容されるなか、擁護活動家たちは定住できる家の提供を要求
  • 「生き続けよう、家にいよう、組織しよう」:バーバー牧師が、6月20日にワシントンで行う貧者のデジタルデモ行進への参加をよびかけ
  • ニュージャージーの公立学校の取り壊しに移民が抗議 7億5千万ドルかけてロバート・ウッド・ジョンソンがんセンターを建設計画

2020/5/19(火)

  • 各州が経済再開に急進 COVID-19の検査不足は米国にとっての「アキレス腱」とハーバード大の医師
  • 「メディアの白人化」:パンデミックによる予算カットが報道機関を破壊するなか「真っ先になくなる」のは多様性

2020/5/18(月)

  • COVID-19は世界をどう変えるか? 歴史学者フランク・スノーデンが黒死病から現在までの伝染病について語る

2020/5/15(金)

  • 「アメリカ大陸の武漢」 米国はCOVID-19陽性の移民をハイチとグアテマラに強制送還
  • 民主主義の正念場 選挙人は誓約を破ってもよいのかが最高裁で問われる
  • 「民主主義はパンデミックを乗り切れるか?」 トランプ大統領が郵送投票を攻撃し投票権が危機に瀕する