右翼団体ALECがロビー活動を自粛 世論に押された企業の相次ぐ資金打ち切りで

右翼の秘密団体、米国立法交流評議会(American Legislative Exchange Council : ALEC) の活動に厳しい視線が注がれるようになってきたことに応え、多くの企業が同団体との関係の打ち切りを明らかにしています。このためALECはいわゆる「スタンド・ユア・グラウンド(正当防衛)」法や有権者ID確認法(Voter ID)への支援活動を停止することを発表しました。本日のゲスト、リサ・グレイブズは、これはALECが「資金提供者をつなぎ止めようとしているということ、報道が止むのを待っているということだ」と言います。彼女は「ALECが任務計画 (jobs agenda) と呼んでいる、同団体の大きな政治課題はそれ自体とんでもなく極端なものだ」と指摘します。たとえばALECが支援する法案の1つは、FDA(食品医薬品局)が認可した薬によって自分の家族が亡くなった場合、たとえその薬剤が後に回収されるという事態になっても、裁判に持ち込む権利が無くなるという法律だそうです。グレイブズはメディアと民主主義センター(Center for Media and Democracy)の事務局長で、同センターは全米の様々な州でALECが通そうとしている800以上ものモデル法案を提示するウェブサイト「ALEC Exposed(ALECの正体を明かす)」を開設しています。また、「ColorOfChange.org」の代表者ラシャド・ロビンソンにも登場してもらいます。「ColorOfChange.org」は、白人以外の人々や若者、お年寄りの権利を損なうALEC 提案の法案、特に有権者ID確認法を支援した企業を批判しています。これらの企業は「表向きは黒人の消費者にお金を使ってもらうために一生懸命なくせに、裏で彼らの投票する権利を奪おうとしている」とロビンソンは言います。

最近のニュース

2020/8/3(月)

  • トランプがバイデンの勝利を拒否したら? 大統領選挙の混乱が米国を分裂させるシミュレーション
  • 投票権活動家のラ・トーシャ・ブラウン 「トランプは再選のためなら民主主義を骨抜きにする気満々」
  • 「モロッコ当局は証拠を持っていない」:モロッコ人ジャーナリストのオマール・ラディは政府を批判した後、政府に監視され拘束された

2020/7/31(金)

  • 公民権の英雄ジョン・ルイスの葬儀 民主主義のために「命を危険にさらした愛国者」
  • ジェームズ・ローソン牧師:ジョン・ルイスの生涯は米国の暴力とプランテーション資本主義に反対する行動への呼びかけだった
  • バラク・オバマ前大統領:ジョン・ルイスを讃えて米国の投票権法と投票へのアクセスを振り返る

2020/7/30(木)

  • ノーム・チョムスキー:数十年に渡る「新自由主義という疫病」のせいで 米国はOVID-19の感染拡大への準備ができていなかった
  • チョムスキーがキューバにパンデミックへの「国際主義的」な対応と ワクチンが世界各地で手に入ることの必要性を語る
  • チョムスキー:パレスチナのパンデミックへの対応を妨げ 占領下にあるヨルダン川西岸地区を併合すると脅すイスラエルについて語る

2020/7/29(水)

  • ビル・バー司法長官、下院で質問の集中砲火:抗議デモの弾圧、投票抑圧、パンデミック対策の失敗
  • エベネザー・バプテスト教会のウォーノック牧師、ジョン・ルイスの功績となお続く投票権の闘いを語る
  • 公民権運動の闘士バーナード・ラフィエが語る、親友ジョン・ルイス、自由のための乗車運動、貫いた非暴力

2020/7/28(火)

  • 11月までにワクチン? ワクチン治験に参加した科学ジャーナリストが疑う楽観的な米国の予測
  • トランプ政権の60億ドルのワクチン計画は誰が利益を得てどこに透明性があるのか?
  • 記録書類なし:米国国外追放の前に移民の子供たちを秘密裡にハンプトンインホテルに収容