「トップシークレットアメリカ」米国諜報システムの肥大化・管理困難・外注化の実態 Wポスト紙報道

18日にワシントン・ポスト紙に掲載された衝撃の調査シリーズは、次の文章で始まります。「2001年9月11日のテロ攻撃に対応するために政府が作り上げたトップシークレットの世界は、あまりに肥大化しており、管理が非常に困難で、さらに秘密主義も強いため、予算や雇用者数、内部に存在する計画の数、あるいはまったく同じ活動を行っている機関が正確にどれくらいの数あるのかなどが誰にもわからなくなっています」。調査ではほかにも、トップシークレット情報にアクセス権限のある人の数が推計85万4000人に上ることがわかりました。また、1200以上の政府機関と2000近くの民間企業が、1万に及ぶ場所で対テロ対策、国土安全保障、そして諜報(ちょうほう)活動に関連する活動を行っています。この連載シリーズの共同執筆者であるビル・アーキンに話を聞きました。

最近のニュース

2020/2/20(木)

  • ブルームバーグ元市長 大統領選討論会に初登壇 過去の女性蔑視と人種差別歴を問われる
  • 「大多数の人にとって最も重要な問題」:ヘルスケアへの意見の相違が2020年大統領選の核となる
  • ピート・ブティジェッジがLGBTQを代表しているかの議論が起こる中 保守的ラジオ・パーソナリティが彼を中傷
  • バーニー・サンダース:民主党の指名候補者は 党の権力者ではなく「人々の意思」で決めるべき

2020/2/19(水)

  • ネバダ調理士労働組合員:国民皆保険制度なら 組合の医療保険と交換します
  • ブルームバーグが民主党予備選で支持上昇、しかし有権者の投票率の鍵を握る組合への敵意の歴史あり
  • イェール大学の研究によると国民皆保険制度で米国は年間4500億ドルの費用削減 7万人の死者減少
  • ラティーネクス・グループ「ミヘンテ」が大統領選初の特定候補支持表明、バーニー・サンダースを推薦

2020/2/18(火)

  • 2015年アンブラ・グティエレスは性的暴行を認めたワインスタインを録音していた なぜ彼は起訴されなかったのか?
  • ジャーナリスト「ハーベイ・ワインスタインの弁護団は#MeToo(私も)運動に対する戦争をしかけている」
  • 『犠牲を払うだけの価値はあったのか?』 新作映画で明らかになる米国のイラク侵攻を後押ししたバイデンの主導的役割

2020/2/17(月)

  • 大富豪ブルームバーグが金で支持と影響力を獲得した方法
  • リベラル団体「米国進歩センター」 ブルームバーグに資金供与されニューヨーク市警のムスリム監視に関する報告を検閲
  • 米国のイエメン戦争支援は「容赦がない」 サウジアラビアの空爆でイエメン民間人31人死亡

2020/2/14(金)

  • マイケル・ブルームバーグ候補がテレビ広告に財産をつぎ込んで浮上する陰で企業メディアは大儲け
  • デトロイト市による6億ドルの超過課税が住宅差し押さえ激増の原因 住民が反撃に出る
  • ラシーダ・タリブ議員:トランプの「人種差別的な」計画がパレスチナ人の土地を盗むことを合法化する
  • ワン・ビリオン・ライジング:イブ・エンスラー&タイナ・アシリ 性暴力撲滅のためVデーと運動を盛り上げる