「トップシークレットアメリカ」米国諜報システムの肥大化・管理困難・外注化の実態 Wポスト紙報道

18日にワシントン・ポスト紙に掲載された衝撃の調査シリーズは、次の文章で始まります。「2001年9月11日のテロ攻撃に対応するために政府が作り上げたトップシークレットの世界は、あまりに肥大化しており、管理が非常に困難で、さらに秘密主義も強いため、予算や雇用者数、内部に存在する計画の数、あるいはまったく同じ活動を行っている機関が正確にどれくらいの数あるのかなどが誰にもわからなくなっています」。調査ではほかにも、トップシークレット情報にアクセス権限のある人の数が推計85万4000人に上ることがわかりました。また、1200以上の政府機関と2000近くの民間企業が、1万に及ぶ場所で対テロ対策、国土安全保障、そして諜報(ちょうほう)活動に関連する活動を行っています。この連載シリーズの共同執筆者であるビル・アーキンに話を聞きました。

最近のニュース

2019/10/18(金)

  • 10代で終身刑を宣告されたシントイア・ブラウンが人身売買体験を乗り越え自由を勝ち取るまでの経緯

2019/10/17(木)

  • シカゴで3万人以上の教員と学校の職員がストライキ 公立学校への予算増を求める
  • 「メルトダウン」:米下院が354対60票で大統領の政策を非難 トランプはシリア撤退を擁護
  • ロー・カンナ議員:シリアからの撤退は慎重に 人命を軽んじる撤退は避けるべき

2019/10/16(水)

  • メフディ・ハサン:「今や最有力候補は2人だけ:バーニー・サンダースとエリザベス・ウォーレン」
  • ウォーレンとサンダース:圧倒的な不平等に対処するには「富裕税」が必要
  • 民主党候補者討論会:国民皆保険制度に対する「不誠実な」攻撃は、「一般家庭が支払わされている多大な保険料から注意をそらすもの」
  • 民主党候補者はトランプのシリア政策を非難 パレスチナ、イエメン、中国その他の問題には言及せず
  • これまでで最も長い討論にも関わらず、CNNとNYTから気候危機と移民に関する質問は皆無

2019/10/15(火)

  • ボッサム・ジーンの次はアタティアナ・ジェファソン:またしても自宅にいた黒人住人を警官が殺害 テキサスで怒りの声
  • 「家を壊す者たち」:2008年の住宅危機で ウォール街 銀行 トランプの取り巻きたちがいかにして自らを富ませたか

2019/10/14(月)

  • クルド人 シリアのアサド大統領に保護を求める トルコに攻撃され同盟相手の米国に見捨てられ
  • 「私たちは今もここにいる」:「先住民の日」の祝いは植民地化への抵抗継続を反映するものだ
  • エチオピア首相アビィ・アハメドにノーベル平和賞 アフリカの角に「顕著な変化をもたらした」功績