« 前  

2021年1月5日(火)

  次 »
  • 【21/01/05/1】トランプ大統領はジョージア州の2つの重要な上院決戦投票の選挙集会で、そのほとんどの時間を自分のことに費やし、2020年11月の大統領選の結果に抗議しました。録音された電話の会話の中でトランプは、ジョージア州が承認した選挙結果を覆すために必要な票を「見つけてこい」と州長官に圧力をかけましたが、集会でのとりとめのない演説の中でもその会話で使ったのと同じ陰謀論を引用しました。民主党議員は、不正選挙を行うようジョージア州の役人に違法に圧力をかけようとしたことでトランプは起訴される可能性があると言います。一方、一部の共和党員は、トランプの電話の内容を擁護しています。「2020年の大統領選に何らかの間違いがあったという、このような根拠のない虚偽の主張を続けることで注目を浴びようとしているとしか言えない議員が、下院、上院の両方にいるということは非常に残念なことです」と、「法の下の公民権を求める弁護士委員会」(Lawyers' Committee for Civil Rights Under Law)の代表兼事務局長のクリステン・クラークは言います。彼女は議員たちが「米国の選挙における不正についてのこうした神話を長期化させることは、まったくもってアメリカ的ではない」と言います。

  • 【21/01/05/2】1月6日、大統領選をめぐる極右の抗議行動に参加するため、数千人がワシントンDCに向かうと見られていますが、憎悪団体「プラウド・ボーイズ」(Proud Boys)のリーダー、エンリケ・タリオは、2020年12月に行われた同様の行動中に黒人の教会としての歴史を持つ教会で「黒人の命も大切」(Black Lives Matter)の旗を引き下ろして燃やしたとして器物損壊罪で逮捕されました。多くの教会は特別警護を要請し、メトロポリタンAME教会はプラウド・ボーイズを訴えています。「悲しいことに、私たちの国には、黒人の教会としての歴史を持つ教会を標的にするという、とても暗くて浅ましい歴史があります」と、「法の下の公民権を求める弁護士委員会」(Lawyers' Committee for Civil Rights Under Law)の代表兼事務局長で、今回の訴訟で同教会の代理人を務めるクリステン・クラークは言います。「過激派たちに、彼らは法を超越せず、彼らの危険で有害で暗い行為について責任があるというメッセージを伝える1つの方法として、私たちは公民権法を使うつもりです」。

  • 【21/01/05/3】ジョージア州では有権者が米国の上院支配を決める2つの重要な決戦投票に投票をしていますが、投票権活動家たちは多くの有権者が投票所で追い返されることを恐れています。ジョージア州は、米国での共和党による投票抑圧の「中心地」と呼ばれてきました。ジョージア州のアメリカ自由人権協会(ACLU)は2020年9月、有権者名簿から19万8000人の有権者が不当に消去されていたことを明らかにしました。調査報道ジャーナリストのグレッグ・パラストが制作し、女優のデブラ・メッシングがナレーションを務めたジョージア州の投票についての映像レポートを放送します。また、投票権活動家で「黒人有権者も大切基金」(Black Voters Matter Fund)の共同設立者ラトーシャ・ブラウンに話を聞きましょう。「名簿から消された人の多くがたまたまアフリカ系米国人投票者であることは非常に興味深いことです」と、ブラウンは言います。「これは投票抑圧なのです。」

  • 【21/01/05/4】イスラエルはCOVID-18のワクチン接種を世界のどの国よりも早いペースで実施し、これまでに14%以上のイスラエル人がワクチンを受けました。こうした早い政策展開の一方で、複数の人権団体が、パンデミック中に約1500人が死亡した占領下のヨルダン川西岸とガザ地区のパレスチナ人にワクチンを受けさせないというイスラエルの決定に警戒感を表明しています。イスラエルは、ヨルダン川西岸とガザ地区の医療はパレスチナ当局が担当するというオスロ和平合意を引き合いに出して、この行為の正当性を主張しています。パレスチナの役人たちはパレスチナ独自のワクチン・キャンペーンを始めるにあたり、資金不足、ワクチンの入手経路がなく配布のための基盤がないことを含む多くの障害に直面しています。「イスラエルは実際には国際法に違反しています。占領軍としての責任を否定しているからです」と、パレスチナ立法評議会のメンバーで「パレスチナ医療救援協会」(Palestinian Medical Relief Society)の代表である医師ムスタファ・バルグーティは言います。「イスラエル人たちがワクチンを得ている一方で、パレスチナ人たちは何も受け取っていないのです」。

Syndicate content