« 前  

2020年2月25日(火)

  次 »
  • マンハッタンで開かれた7週間の裁判の結果、陪審団はハーベイ・ワインスタインに対しレイプと性暴力で有罪と結論しました。陪審員団は2月24日、2013年に当時女優死志望だったジェシカ・マンをホテルの部屋でレイプした容疑、2006年に制作アシスタントのミリアム・ハーレーに彼の部屋で無理やりオーラルセックスをした容疑で、地に堕ちたハリウッドのプロデューサー、ハーベイ・ワインスタインを有罪としました。ワインスタインは第1級犯罪的性行為罪と第3級レイプ罪で有罪となりました。しかし彼は、より重罪の略奪的性暴力罪と第1級レイプ罪の二つの容疑では無罪となりました。彼は最高で29年の禁錮刑になる可能性があります。彼は3月11日に刑を言い渡される予定です。「これは始まりです」と、受賞歴のある女優で、映画製作者、活動家のロザンナ・アークエットは言います。彼女はハーベイ・ワインスタインによる性的悪行の詳細を世間に公表した最初の女性たちの1人です。#MeToo運動の創設者で、「Me Too」インターナショナルとして知られる同じ名前の新たに設立された組織の代表でもあるタラナ・バークに話を聞きます。

  • 地に堕ちたハリウッドの元プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインは第1級犯罪的性行為罪と第3級レイプ罪で有罪となりましたが、より重い2つの容疑では無罪となりました。「彼らの行為を内包しているシステムに目を向けなければ、私たちは単にまた別のハーベイ・ワインスタインを持つことになるでしょう。ですから私たちはそうしたシステムをひっくり返さなければならないのです」と、#MeToo運動の創設者タラナ・バークは言います。ワインスタインの性的悪行について詳細を最初に公表した女性たちの1人、受賞歴のある女優ロザンナ・アークエットにも話を聞きます。

  • バーニー・サンダース上院議員の選挙陣営は、2月22日のネバダ州の大統領選党員集会での決定的勝利で勢いの波に乗り続けています。サンダースの勝利は若い有権者、労働組合の成員、ラテン系有権者の支持によるもので、彼らの支持によってサンダースの最有力民主党大統領候補としての立場は強化されています。サンダースはネバダ州のラテン系の73%の得票を得ました。これはサンダースの支持者たちがスーパー・チューズデーとその後に向けて幸先がよいと思える見事な勝利でした。3月17日までに予備選が行われる12州のうち7州では、ラテン系住民のコミュニティ票田が投票権のある総人口の少なくとも10%を占めています。ネバダ州でのサンダースの驚くべき成功の立役者で選挙運動の上級顧問であるチャック・ロチャに話を聞きます。彼は政治戦略家で、自称「テクス・メクス(メキシコ系テキサス)のレッドネック(貧困白人)」で、ラティーノが所有・運営する全米最大の政治コンサルティング企業「ソリダリティ・スタラテジーズ」(Solidarity Strategies)の創業者です

Syndicate content